記事ID14061のサムネイル画像

可愛くて色気のある女優の永作博美!奪略婚で勝ち取った旦那とは?

全然40代には見えない永作博美!可愛くて何故かほっとけない感じの
彼女!そんな永作博美が結婚して子供もいて幸せ絶頂。。。だが。。
実は奪略婚だった!!永作博美が不倫してまでも奪いたかった旦那とはどんな人なのか
?旦那との子供は?永作博美の旦那について調べてみました。

永作博美のプロフィール

永作博美  【ながさくひろみ】

【出身地】
【生年月日】
【血液型】

【事務所】 田辺エージェンシー所属

歌手・女優として大活躍中!!

永作博美の主な作品

テレビドラマ
『週末婚』
『Pure Soul〜君が僕を忘れても〜』
『婚外恋愛』
『世にも奇妙な物語シリーズ』

出典:http://ja.wikipedia.org

映画
『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』
『人のセックスを笑うな』
『その日のまえに』
『八日目の蝉』

出典:http://ja.wikipedia.org

3姉妹、次女。中学時代はバレーボール部に所属。茨城県立麻生高等学校卒業。

1988年、「オールナイトフジ 女子高生スペシャル」の美感少女コンテストでベストパフォーマー賞を受賞、デビューのきっかけを掴む。

出典:http://ja.wikipedia.org

1989年、『パラダイスGoGo!!』(フジテレビ)の乙女塾のオーディションに合格し、1期生としてデビュー。メンバー内で選抜された永作、松野有里巳、佐藤愛子の3人で、アイドルグループribbonを結成。1995年頃、ribbonの実質活動休止。

劇団☆新感線を経て20代半ばから、本格的に女優業を開始

出典:http://ja.wikipedia.org

永作博美の旦那はどんな人?

永作博美の旦那さんは内藤まろ【本名】内藤貴弘さん。
1970年 1月 16日生まれ。

・ニューヨークADC賞
・佐治敬三賞
・カンヌ広告賞
などの数々の受賞をされている有名な人です。

内藤さんは、業界では有名なCMクリエーターです。大手広告代理店・博報堂のディレクターから独立し『内藤まろ企画』という会社を立ち上げ、CM制作や作詞、映画監督、作家、イラストレーターなど様々な分野で活躍しているクリエーターです。

出典:http://yononakanews.com

永作博美が男性・女性から好かれる性格とは?

永作博美の日本酒好きは有名な話である。童顔の目を細めて「お酒好きですねえ」と言っている姿が脳裏に焼き付いている。しかしちょっと待てよ!?  永作博美の酒の失敗談って一度も聞いたことがないよな。和田アキ子のように被害者が“酒癖の悪さ”を暴露するのも聞いたことがない。
つまり、やんちゃなイメージだけれど、ちゃんと節度を保っている酒豪キャラは好かれるのだ

出典:http://magazine.gow.asia

私生活でも旦那さんと晩酌とかするのかな~( *´艸`)

ウェブサイト『MYLOHAS』のインタビューで“マイ箸”を持っていることを語った永作博美。女性らしい習慣だ。そのくせ「それだけポケットに入れて持ち歩いたりしている」などと、彼女らしいカラーが織り交ぜられていたところもあっぱれだと感じた。「大事なのは継続させることですよ」という、一見当たり前の言葉がなぜか沁みた。
このように、いたって常識的な感覚をチラ見せされることで、親しみが増す。女性人気の秘密はこのあたりだろう。

出典:http://magazine.gow.asia

女性誌などで永作博美特集が絶えないのは、彼女の“哲学”にある。彼女のロングインタビューを一度でも読んだ読者は、彼女がアイドルとしてデビューしてから、ただちやほやされて生きてきたわけではないと知っている。さまざまな壁を超えてきた、しなやかで芯の強い女性像が見えてくるのである。
「先のことを考えて不安になったりもしないから、いろんな物を用意しておく必要もないし」、「やっと能動的に動けるようになり出したのが、30代に入ってから。年をとるのがまた楽しくなってきたのも確かですね」といった彼女の言葉に女性ファンは共感している。

出典:http://magazine.gow.asia

永作博美といえば、誰もが口をそろえて“美人”というよりも“かわいい”と言う。しかしその小動物系フェイスと対照的な美脚もまた周知の事実である。一昔前のトレンディドラマでは、色仕掛けの“魔性の女”役としても君臨していたではないか。同性の見る目はとくに厳しい。単なる“小動物系”だけでも“魔性の女系”だけでもこれだけの支持は得られない。彼女は内面のバランス力だけでなく、身体のバランス力まで優れているのだ。

出典:http://magazine.gow.asia

永作博美の旦那もこんなに魅力がたくさんあるところに
惹かれたんでしょうね。

永作博美と旦那の馴れ初め

このCMが旦那さんとの出会いのキッカケだったようですね。

2人が出会ったのは、2006年ごろに流れていた月桂冠のCM。夫婦を描いたこのCMは、とにかく映像が綺麗で、永作さんのちょっとミステリアスな魅力を存分に引き出していました。

出典:http://yononakanews.com

この出会いが交際に発展したということなんですが、実はこのとき内藤さんには奥さんがいたのです。つまり不倫と言うことになりますね。

2007年末には内藤さんの離婚が成立し、2009年に結婚。内藤さんバツ1だったんですね、と思ったらなんと離婚歴が2回あって、永作さんとは3回目の結婚だそうです。

出典:http://yononakanews.com

一方で永作さんは38歳での初婚で、内藤さんと出会う前は「結婚すらあやうい状況だった」と振り返っています。内藤さんの事情も分かりつつも、自分の気持ちに従う事を決めたんでしょうね。

出典:http://yononakanews.com

下の記事は当時、永作博美の旦那には奥さんがいてそのころ、永作博美
とも付き合っていたと報じられてその後に、旦那は奥さんと離婚して永作博美
と結婚したので「奪略婚!?」という噂が流れました。

その理由の1つに永作博美が結婚前にしたインタビューで下のことを
語っていたからです。

「人は突然人を好きになって、その“好き”はどうにもこうにも動かしようがないんだなって。だから、“好き”と言う気持ちに素直になることは、すごく大事だと思ったんです」

出典:http://yononakanews.com

当時交際していた時には、旦那さんには奥さんがいた。。。
けど・・好きという気持ちは止められなくて奥さんがいるの
わかっていたけれども、自分の気持ちに素直になり結局奥さんから
旦那を奪う事になった。。。
ということなんですかね。

永作博美と旦那との結婚

茨城県にある鹿島神宮で2009年に永作博美と旦那の
挙式がおこなわれた!

白無垢姿で現れた永作博美は幸せそうな笑みを浮かべていた。
永作博美の旦那は堂々として妻の永作博美をエスコートしていた。

それにしても白無垢姿の永作博美きれいですね!!

親族だけで挙式を内密に行ったと思われます。

きっと旦那さんも結婚3度目になるわけだし、「奪略婚」と
言われているだけに派手にやるのは前の奥さんのこともありますし
配慮してのことでしょう。。

永作博美と旦那の子供は?

永作博美と旦那は不妊治療していた

永作博美は冷え性がひどく妊娠はしたものの、2度も流産してしまったそうです。
「習慣性流産」という不育症の疑いがあると医師から伝えられたそうです。

受精から着床までは問題はないのですが・・・
経過の途中で何らかの問題が出来てしまい不育症となり流産に至ってしまうそうです。 

でも、負けずに永作博美と旦那さんは二人で仲良く不妊治療を頑張ってしていたようです。

永作博美は極度の冷え性であるため、お風呂ににがりを入れたり、食品も体が
温まる素材に変えたりして冷え性改善のために努力をたくさんしていたそうです。

永作博美と旦那は二人で仲良く安産祈願にも出かけたりしていたそうです。

頑張っていた永作博美が39歳の時に子供が無事に生まれました!
そして3年後には二人目の子供を出産されました。

「もう子供は産めないかもしれない」と思っていた時期もあったらしいですが
諦めずに不妊治療を夫婦でされて無事におこさんが生まれてよかったと思います。

家庭と仕事を両立させている女優の永作博美の秘訣とは?

話題は家庭と仕事の両立に移り、永作は女優になったきっかけを「舞台をやらせていただいて、芝居の気持ちよさに目覚めてしまいました。もう少しやらせていただきたいと思っているうちに、今に至ります」と、好きな仕事に打ち込んでいるうちに現在の地位を確立したエピソードを紹介した。

出典:http://mdpr.jp

そんな永作が家庭と仕事を両立させている秘訣は、自分の周りにいる家族やスタッフなどを信じ、ゆだねることにあるとのこと。「自分を信じ、自分の周りにいてくれる人を信じて、任せられるところはしっかりまかせるという連携が大切」と強調。「周りがあって自分があると感じて生きることができると、楽になりますし、ゆだねることができます」と自らの体験を踏まえて、観客に呼びかけた。

出典:http://mdpr.jp

2児の母親でもある永作は、プライベートでは芯のしっかりした女性であり、女優業を通して美しい女性の生き方を表現している点などが評価された

出典:http://mdpr.jp

凄く芯の強い女性なんだと感じました!
旦那さんとのことも好きになったから自分はこの愛を
貫きたい!その思いが強くて結果としては奥さんから奪う形になってしまったんでしょうね!
そして手に入れた今の幸せがあるんでしょうね!!

これからも女優として母親として大変だと思いますが
旦那さんと力を合わせて頑張っていってもらいたいです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ