綾瀬はるかの新ドラマ「義母と娘のブルース」からその他の作品まで!

綾瀬はるかは新ドラマ「義母と娘のブルース」で初めて義母役を演じることになりました。この新作ドラマからその他今まで綾瀬はるかが出演したドラマで印象に残る作品をまとめてみました。綾瀬はるかの最新作を含めたドラマを厳選しました!

綾瀬はるかの新しいtbsドラマ「義母と娘のブルース」で新境地!!

2018年7月10日から放送されたドラマ「義母と娘のブルース」で綾瀬はるかさんは初めて義母役を演じます。

原作は同名の4コマ漫画です。

主人公のキャリアウーマン・岩木亜希子(綾瀬はるか)はバリバリのキャリアウーマン。

そんな亜希子に子持ちの良一(竹野内豊)にプロポーズされます。

結婚の決意をし義母になる亜希子と良一の娘みゆき(横溝菜帆)との10年に及ぶ物語です。

 

親子の愛、友との絆、支えてくれる周囲の人間たちの優しさ、満ち足りている時には気がつかない。

しかし、欠けてしまうと、どうしようもない淋しさに包まれてしまう。

当たり前の日常に、実は満ち溢れている、こんな温かい気持ちを、義母と娘のありふれた毎日を通してお届けする。

出典:http://www.tbs.co.jp

綾瀬はるかが演じる亜希子はどんな人?

このドラマの主人公亜希子は金属会社の営業部長を務めるキャリアウーマン。

亜希子は何に対しても一生懸命取り組む女性ですが、全てが仕事と同じような対処しかできません

頭もよく中国語まで話せて、仕事の為なら接待で腹芸までします。

スーツを着て眼鏡を掛けた姿も知的で素敵な女性です。

第一話のストーリーは

第1話では一人娘を持つ良一からプロポーズを受けて、娘みゆきに結婚を認めてもらおうとしますが、会社人間の亜希子は挨拶に名刺と封筒を差し出す。

 

なかなか心を開いてくれないみゆき。

そこで亜希子はみゆきの周りをリサーチし「いじめられているのでは?」との情報を得る。

みゆきに勇気を出させ、解決することに成功する。

みゆきは亜希子が最初に持ってきた封筒を見ると、履歴書が入っていた。

意味がわからないみゆきに父良一は、亜希子がこの家に入りたいという意味だよと教える。

みゆきは亜希子を受け入れることを決心する。

 

しかし児童館で良一の迎えをん待つみゆきの元を亜希子が訪れる。

みゆきが自分を受け入れてくれたことのへの感謝の衣を表すために、亜希子は児童館の入り口で上着を手繰り上げ腹芸を披露する。

友達にまで笑われてしまった事で、またみゆきに嫌われてしまう。

「義母と娘のブルース」の出演者たちは!

宮本良一:竹野内豊

老舗の金属会社に務める8歳の娘を持つ父親。

郎らかな性格で、周りからも好かれる男性。

 

良一は数年前妻と死別してから、男手一つでみゆきを育ててきました。

そんな良一が娘みゆきの義母に選んだ女性が、ライバル会社のバリバリのキャリアウーマン亜希子(綾瀬はるか)でした。

麦田章:佐藤健

 

亜希子と良一家族に波乱と時には奇跡を呼び起こす存在です。

今はバイク便の仕事をしていますが、亜希子の部下田口に配達の依頼をされる。

毎回職業が変わり、まだまだ謎の多い人物です。

宮本みゆき:横溝菜帆

 

ドラマの重要な役みゆきは、総勢277名の中から6度のオーディションで選ばれた横溝菜帆ちゃんが良一の娘を演じます。

 

みゆきは心の強い負けず嫌いの女の子です。

亡くなったお母さんの事を思い、最初は亜希子(綾瀬はるか)を嫌いますが・・・。

ドラマのその他の出演者

田口朝正:浅利陽介(亜紀子の部下)
笠原廣之進:浅野和之(良一の上司)
宮本愛:奥山佳恵(良一の亡き妻)
友井智善:川村陽介(麦田章の友人)
下山和子:麻生祐未(下山不動産の噂好きおばちゃん)

ドラマ「義母と娘のブルース」の色々情報!

ドラマ「義母と娘のブルース」の撮影のロケ地や、主人公亜紀子のトレードマークの眼鏡のブランド情報まで調べてみました。

ロケ地は大岡山?

ドラマ「義母と娘のブルース」のこれから鍵になるだろう麦田章の実家のパン屋「ベーカリー麦田」というお店が出てきます。

このパン屋さんのロケ地は東京大田区の大岡山商店街がロケ地に使われているようですよ。

もしかしたらロケ中の綾瀬はるかさんに会えるかもしれません。

 

綾瀬はるかが演じる岩木亜希子のメガネのブランドは?

「義母と娘のブルース」で綾瀬はるかさんが演じる岩木亜希子のメガネはメガネ女子には見逃せないくらい素敵なフレームですね。

このメガネはic!berlin” (アイシーベルリン)というドイツのブランドのheidelbeere (ハイデルベーレ)と言う物のようです。
ネジを一切使わない独自の機構で軽さ、丈夫さです。
フレームだけで4万5千円するものですが、早くも注文殺到し2~3ヶ月待ちになっているみたいですよ。
このメガネをかけるとあなたも亜紀子のようなできる女性になれるかもしれませんね。

「義母と娘のブルース」この先はどうなるのでしょうか?

始まったばかりのドラマですので、これからの展開が楽しみですね。

三人が本当の家族になれるの日は来るのでしょうか?

 

ポワツとした天然の印象からはかけ離れた亜希子。

仕事人間の亜希子が家庭生活ではどのような義母になるのかも楽しみですね。

綾瀬はるかさんの腹芸も話題の一つにですね。

 

残念ながら初回を見逃した方へ、オンデマンド放送もあり

初回を見逃してしまった方でも、TBSのオンデマンド放送で見ることもできます。

まだ物語は始まったばかりなので、まだまだ初回放送を見ておくと話について行けますよ。

綾瀬はるか主演ドラマ「義母と娘のブルース」の動画

綾瀬はるか出演のおすすめドラマ一覧!

綾瀬はるかさんはこれまでに色々なドラマに出演しています。
代表的なおすすめのドラマをここで紹介します。

「世界の中心で愛を叫ぶ」

「セカチュー」でお馴染みの作品、このドラマが綾瀬はるかさんの名前を一気に世の中に広めた作品と言っても良いでしょう。

 

綾瀬はるかさんは原作を読み、どうしても出演したかったドラマだったそうです。

オーディションを受けて掴んだ役です。

病魔と戦う主人公亜紀は薬のせいで髪の毛が抜けてしまう設定なので、不自然にならないように髪の毛を坊主にしての熱演でした。

相手役山田孝之との息もピッタリ!

坊主の他にも綾瀬はるかさんがこの作品で挑戦したのはダイエットでした。
6キロ近く体重を落としたらしいです。

物語の進行とともにダイエットしたので、最初は健康的で回を重ねるごとに痩せていったようです。
共演の山田孝之さんとも息がぴったりで、好感の持てる高校生カップルを熱演しました。
最後は涙なしでは見られないドラマでしたね。

長澤まさみさんと森山未來さんとの映画版も有名ですね。

東野圭吾の人気小説をドラマ化「白夜行」

東野圭吾のベストセラー長編ミステリー小説「白夜行」をドラマしたもので、「セカチュー」に続いて綾瀬はるかさんと山田孝之さんとの共演が話題を呼びました。
このドラマでは綾瀬はるかさんは悪女を演じています。

ラストのドレス姿が印象的

幼い頃初恋の少女を助けるために父を殺した少年と、少年をかばうために母を手に掛けた少女。

人生の全てを捧げ続けた少年ト、全てを懸けて応えた続けた少女。

あまりにも残酷な運命を与えられた少年と少女の物語です。

 

この作品は堀北真希さんと高良健吾さんで映画化されています。

 

干物女で人気「ホタルノヒカリ」

同名の人気漫画を実写化したもので、ドラマ「ホタルノヒカリ」「ホタルノヒカリ2」と映画版「ホタルノヒカリ」も制作されました。

 

綾瀬はるかさん派主人公の雨宮蛍役でした。

雨宮蛍は会社では有能な仕事ぶりを見せるOLですが、恋愛には無関心、家でゴロゴロしているのが大好きな干物女

部屋着はTシャツとジャージ。

この姿で仕事が終わった後に飲むビールが大好きな女性です。

ひょんなことから高野部長との同居が始まりますが、部長はダラフダラした事が嫌いな性格。

ホタルが「ぶちょうー」というところが可愛いですね。

「ホタルノヒカリ2」

3年前“干物女”ことホタルは高野部長(藤木直人)の存在も有り成長したはずだった・・。
プロジェクトチームの一員となり香港へ。
部長とは離れ離れ、仕事に打ち込む日々を送っていた。
プロジェクトを終え、部長のいる第一企画部に配属される。
一方プライベートでは部長との結婚のため、我慢をすることを決意する。

「ホタルノヒカリ2」には向井理さんも出演しています。

映画版「ホタルノヒカリ」

舞台はドラマ「ホタルノヒカリ2」から2年後、干物女雨宮ホタルが部長の高野とイタリア・ローマへハネムーンへ旅立ちます。

そこで巻き込まれる事件を中心に話が進んでゆきます。

 

ローマにも自分と同じような干物女冴木莉央(松雪泰子)と出会います。

訳ありそうな莉央とその弟・優(手越祐也)が起こす騒動に巻き込まれてゆく・・・。

nhkの大河ドラマ「八重の桜」

2013年度のnhk大河ドラマは綾瀬はるかさんが主演の「八重の桜」でした。

このドラマは日本初の篤志看護婦の新島八重(にいじま やえ)を描いたドラマでした。

 

新島八重は戊辰戦争時には断髪し男装をして砲銃を持ち奮戦した下。

日清戦争、日露戦争では志願して篤し看護婦となり、昭和天皇の即位の大礼の際に銀杯を下賜された人物です。

共演の豪華俳優陣!

この「八重の桜」西島秀俊さんや長谷川博己さんオダギリジョーさんや綾野剛さんなど豪華俳優陣も出演しています。

綾瀬はるかさんは会津戦争のシーンでは、約4キロのスペンサー銃を手に戦うハードな撮影しました。
2周間ぐらい前から1日120回の腕立て伏せで鍛えたそうです。

「奥様は、取り扱い注意」では元スパイを熱演!

2017年10月~12月放送のドラマ「奥様は、取扱い注意」で綾瀬はるかさんは、家族と一緒に暮らす『穏やかな生活』に憧れを抱く菜美を演じました。

スパイを辞めて合コンで旦那様をゲット!

ちょっとセレブな主婦になった伊佐山菜美、旦那様の伊佐山勇輝は西島秀俊さんが演じました。

 

しかし菜美は料理も掃除も超苦手ですが、正義感が強く怒らせたら超凶暴になります。

見た目はエプロン姿が可愛い主婦!

菜美は見た目はエプロン姿が可愛い一見普通に見える主婦ですが、元スパイだけにボクシングなどの格闘技は経験者と五角以上に渡り合う髙井身体能力の持ち主。

語学も堪能で日本語の他複数の言語を話せます。

 

そんな主婦の菜美が隣人の大原優里(広末涼子)と佐藤京子(本田翼)に誘われ料理教室に通うようになり、今まで縁がなかった主婦の知恵についてもアドバイスを受けるようになります。

三人の主婦が身につけていたネックレスなども話題に!

伊佐山菜美・大原優里・佐藤京子の三人が身につけていたアクセサリーやバックや洋服も、どこのブランドなのかがネットなどでも話題になりました。
セレブな三人は素敵なものを身に着けて撮影していたみたいです。

綾瀬はるかのプロフィール!

・生年月日: 1985年3月24日 (年齢 33歳)
・生まれ: 広島県 広島市 安佐南区
・身長: 165 cm
・学歴: 堀越高等学校、 帝京大学短期大学
・血液型:B型
・職業: 女優・歌手
・ジャンル: テレビドラマ、映画、CM

綾瀬はるかのドラマのまとめ

いかがでしたでしょうか?
綾瀬はるかさんの最新作「義母と娘のブルース」から代表的なドラマをまとめてみました。
色々な役柄をこなす綾瀬はるかさんからは、今後も目が話せませんね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ