『昼顔』の制作発表で号泣した上戸彩の真意と斎藤工のナイスフォロー

結婚と出産を経験し、益々女優として深みを増す女優・上戸彩と自らもメガホンを握り、作品制作者側に立つこともある才能あふれる俳優・斎藤工が最高タッグを組んだ、究極の純愛ストーリー『昼顔』。舞台あいさつでの斎藤工の一言で上戸彩が号泣。そのの真意とは?

上戸彩と斉藤工の熱愛は本当!?

ネットが騒然!?

上戸彩と斎藤工の熱愛がネットで噂になっていますが、2人の関係は本当のところどうなのでしょうか。

 

上戸彩といえば、元EXILEのメンバー・HIROと2012年9月14日に入籍し、一児をもうけています。

一方の斎藤工は未だ独身ですが、これまで共演した数々の女優との熱愛の噂が絶えません。

熱愛の真相とは

そんな斎藤工と上戸彩が相手役として演じたのが、「昼顔妻」という流行語まで誕生させた作品『昼顔』です。

 

本作品では、純粋に愛し合う2人を演じた上戸彩と斎藤工ですが、この2人の演技が本当にリアルなのです。

 

そんな2人の演技を見た人が、きっとプライベートでも交際しているのではないかという憶測を呼び、熱愛の噂が広がったというのが真相のようですね。

 

つまり、それほど上戸彩と斎藤工の演技力が素晴らしかったということではないでしょうか。

上戸彩主演『昼顔』のあらすじ

あらすじ

上戸彩と斎藤工の熱愛の噂が浮上したきっかけとなったのが、2人が共演したドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』(フジテレビ)です。

 

同作品が、2014年に放送を開始してから、かなり衝撃的な内容で、大きな話題となりました。

 

吉瀬美智子演じるセレブ妻の不倫をきっかけに、上戸彩演じる平凡な妻も、いつしか不倫に身を投じていきます。

 

夫婦生活では埋められない何かを埋めようとし、夫以外の男性と逢瀬を重ねていく「昼顔妻」が、いつしか本気の恋に目覚めていくというストーリー。

 

そして、不倫の代償として、最後は全てを失うという結末を迎えます。

 

その主演を演じる上戸彩の相手役として抜擢されたのが、斎藤工です。

 

斎藤工扮する北野は、映画『昼顔』のラストで妻によって命を落とすという最悪の結末となっています。

「平日昼顔妻」とは

タイトルにある「昼顔」とは、某番組で「社会現象になりつつある」として紹介された、女性の行動に対する造語「平日昼顔妻」が由来となっています。

 

「平日昼顔妻」とは、女優・カトリーヌ・ドヌーヴが、映画『昼顔』において演じた、普段は貞淑な妻が、陰で昼間に売春をするヒロインのように、夫が留守の平日昼間に不倫をする主婦のことを言います。

 

2017年6月10日に公開されたスピンオフ映画では、斎藤工演じる男性が妻によって死に至らしめられるという悲しい結末を迎えます。

 

同作品は、ベネチアで行われた「第19回ウディネ・ファーイースト映画祭」のコンペティション部門に出品され、海外でも高い評価を得ています。

『昼顔』で共演した上戸彩と斎藤工

斎藤工と上戸彩の初共演作品は?

さて、『昼顔』で相手役を演じた上戸彩と斎藤工ですが、2人の共演はこれが初めてなのでしょうか。

 

調べてみると、『昼顔』が上戸彩と斎藤工の初共演ではなく、2013年に放送されたnhkドラマ『いつか陽のあたる場所で』で共演していました。

 

同作品は、上戸彩と飯島直子のダブル主演で、「語れない過去があります。捨てられない想いがあります。」という衝撃的なキャッチコピーと共に制作されました。

上戸彩と斎藤工の役柄は?

上戸彩が演じたのは、ホストに貢ぐためのお金を得るため、出会い系サイトで知り合った男性を睡眠薬で眠らせてお金を奪う犯罪を繰り返す女性を演じました。

 

そして、斎藤工が演じたのが、コンビニ店員の傍ら、プロの大道芸人になることを夢見て、路上パフォーマンスをする青年です。

 

そこでの共演で、親しくなり、プライベートでも仲良しの2人だからこそ、『昼顔』でのリアルな演技が実現できたのではないでしょうか。

上戸彩は『昼顔』の重圧に悩んでいた?

上戸彩の苦悩とは?

2014年に放送されたドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」の劇場版が2017年6月10日に公開され、主演の上戸彩と相手役の斎藤工が舞台挨拶に立ちました。

 

その際、上戸彩について斎藤工が語った内容により、上戸彩が『昼顔妻』を演じるにあたって、かなりの重圧を感じていたことが分かりました。

女優としてのエネルギー

斎藤工は、ドラマから3年を経て制作された映画『昼顔』の撮影に際し、紗和という道ならぬ恋に落ちた女性を演じた上戸彩は十字架を背負うような気持ちではなかったかと語りました。

 

そして、その重圧にも関わらず、撮影現場でスタッフへの気遣いを見せる上戸彩のエネルギーがすごいとして、感謝と労いの言葉を述べました。

上戸彩は斎藤工の言葉で号泣?

また、映画『昼顔』の公開初日舞台あいさつで、斎藤工のコメントで上戸彩が号泣する場面も見られました。

 

最後に斎藤工は、「不倫という許されない恋を描いた作品である以上、宣伝してはいけないし、笑顔もタブーだ。」と上戸彩と話していたことを明かしました。

 

そして、斎藤工が紗和を演じた上戸彩の重圧や覚悟について述べ、上戸彩を労う言葉を述べた際、上戸彩の目に涙があふれてきました。

 

そして、少し落ち着いてから、上戸彩は「たくさんの方に愛してもらいたい映画かどうかは分からないけれど、心に残る映画になるといいです。」とメッセージを残しました。

斉藤工との演技が噂になった上戸彩のプロフィール

デビューはアイドルユニット

さて、斎藤工との『昼顔』でのリアルな演技が話題となり、今や実力派女優へと成長した上戸彩のプロフィールをご紹介します。

 

上戸彩は、1985年9月14日、東京都練馬区に生まれました。現在32歳です。

 

1997年、「第7回全日本国民的美少女コンテスト」で審査員特別賞を受賞したのをきっかけに芸能界デビュー。

 

1999年に音楽ユニットZ-1のメンバーとしてデビューします。

女優として活躍

また、女優業も開始し、ドラマ『3年B組金八先生』第6シリーズで、性同一性障害を持つ生徒役を演じ、知られるようになります。

 

その後は音楽活動よりも女優業に重きを置き活動。ドラマや映画、CMなどに多数出演する人気の女優です。

 

そんな中、nhkドラマ『いつか陽のあたる場所で』で俳優・斎藤工との共演を果たします。

 

2012年に元EXCILEメンバーのHIROと結婚し、一児をもうけています。

 

そして、今回ご紹介した『昼顔』は、斎藤工というベストパートナーを相手役に迎え、大人の女性をリアルに演じ、新境地を開いた作品となりました。

上戸彩の今後の活躍に期待!

1997年にアイドル路線でスタートした上戸彩ですが、今や押しも押されぬ大女優に成長しました。

 

それには、斎藤工をはじめとする、数々の共演者たちとの出会いがあり、プライベートでも結婚と出産を経験し、女性としても深みを増してきたからこそ、今の上戸彩が存在するのではないでしょうか。

 

今回ご紹介した『昼顔』では、気心が知れたベストパートナーともいえる、斎藤工とタッグを組むことにより、一層リアルな演技を見せ、新境地を開きました。

 

ますます女優として成長し続ける上戸彩。これからどんな作品で、私たちを楽しませてくれるのか本当に楽しみですね。

 

そして、いつかまたベストパートナー斎藤工との共演作品も見てみたいものです。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

TOPへ