記事ID138800のサムネイル画像

吉岡里帆さんがインタビューで語った数々をまとめてみました。

ほわーんとしたかわいらしいイメージのある吉岡里帆さん。彼女のインタビューでは、マイペースなキャラクターが発揮されるものや、芯が通ったステキな発言もありました。ここでは、過去に吉岡里帆さんが受けた、様々なインタビューについてまとめてみました。

吉岡里帆これまでにインタビューで語った思い!

かわいらしくて、癒し系の印象がある吉岡里帆さんですが、インタビューでは彼女の好きなこと、過去の話、様々な思いについて正直に話してくれています。

 

彼女のイメージ通りの猫好きな話から、学生時代は夢に向かってしっかりと努力していた意外な一面もありました。
インタビューから分かる、吉岡里帆さんの魅力について調べてみました。

吉岡里帆インタビューで語る”猫好き”

吉岡里帆さんは重度の猫依存症?

吉岡里帆さんは、女優さんの中でもかなり動物好きで有名です。そんな吉岡里帆さんですが自身のブログでも「私は重度の猫依存症です」とつづっており、自分でも自覚があるみたいです(笑)。
ちなみに吉岡里帆さんの家族はみなさん動物が好きで京都の実家では猫5匹と犬1匹を飼っているみたいです。

かつて15匹、現在は5匹の猫を飼っているという吉岡里帆さん

動物写真家の岩合光昭さんが、ネコの目線でいろいろな国のネコを撮影する様子を映した人気ドキュメンタリー番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」の初の劇場版で吉岡里帆さんはナレーションを担当しています。

公開初日の挨拶で吉岡里帆さんは自分自身の飼い猫に関するエピソードを語っています。

以前吉岡里帆さんは猫を15匹も飼っていたそうで、「うちの猫ちゃんはみなさん自由奔放。よく外に遊びに行くけどケンカして帰ってきたりするんです」と語っています。

また、「すぐ寝ちゃうところ、眠りに弱いところ、たくましく生きていきたいと思っているところはわたしに似ています」とも語っており、その後で「私も壁があればどこでもねれます!」と可愛いらしいエピソードを添えてインタビューに答えています。

吉岡里帆「劇場版コナン」声優出演時インタビュー

名探偵コナンや声優についてのインタビューで

「名探偵コナンは、小3のときに漫画から入って、1巻からずっと読んでいました。途中からはアニメしか観ていませんけど、これだけ長く接した初めての作品で特別な想いがあります。」

声優の仕事については

「女優とはまったく違うものでした。いつもは自分の身体や表情ありきで観てもらいますけど、アニメはキャラクターが主役。自分の声が未来子にハマるように、自分のほうが変わる気持ちでした。チョコレートを型に流し込むように。そこが新鮮な挑戦でした。
もっと勉強して自信を持てたときの声優業はすごく意味がある。」

吉岡里帆さん演じる牧元未希子については

「メガネをかけた真面目そうな子ですけど、関西人独特のハツラツとしたところと熱量があって。未来子がいて不自然でないところはどこか、すごく意識しました。役をめちゃくちゃ作り上げていくのではなく、みなさんの世界観に溶け込むことに重きを置きました。」

吉岡里帆「きみが心に棲みついた」出演時インタビュー

初主演となるドラマの制作発表会見では

TBS系連続ドラマ『きみが心に棲みついた』

連ドラ初主演となる吉岡里帆さんが演じるのは、極度に自己評価が低いことから他人に対して挙動不審な態度をとってしまう“キョドコ”こと小川今日子。

インタビューではド緊張?

「さっきもお腹が痛かった」というほどド緊張の吉岡里帆さんは
「本当にみなさん、あたた…あたたか…あ、あれ…?」
と会見冒頭からカミカミで、共演者の桐谷健太や向井理さんらから
「あたたかく!」
と助け舟を出されていたそうです。

一生懸命に自分を変えようとする今日子のように
「あたたかい皆さんに囲まれて幸せな撮影を過ごしています」と吉岡里帆さんはなんとかあいさつ。
その後のインタビューでも
「え、どうしよ…ちょっとまって」
「さっきから言いたいことが何一つ言えてない」
とテンパりまくりで、司会の方も「リアル今日子を見たみたい」と目を丸くしていたそうです。

吉岡里帆インタビュー動画まとめ

【インタビュー】ファンからの質問に吉岡里帆が答えてみた

インタビュー内容♪

Q どんなグミが好きですか?
グミ大好きハリボーやカムカムレモン

Q お酒は好きですか?
お酒飲むと真っ赤になる、お酒は強くないけど、お酒の席は好き

Q  動物に例えるなら?
カピバラさん
どん米のきつねじゃないんですか?と聞かれ、あわててキツネですと言い直すシーンも。

Q どんな作品に出てみたいですか?
家族が仲が良く、家族の物語に出てみたい

Q 地球最後の日は?
実家の京都に急いで帰省してペットを抱き締めながら終わっちゃうねーというそうです。

十年後どういう顔をしていると思う?

吉岡里帆 人生チョロかった!?インタビュー

インタビュー内容♪

Q 役作りへのこだわりとは
どの役をするときも必ずその役柄のダメなところだったり、マイナスな部分
見えないはずの部分をちゃんと作るように出したいと思っている。

その役のよく見られるより悪いところをどんどん出していくっていう作業。

Q 出演したドラマ『カルテット』でのセリフのように「人生チョロかった」?
いやいやチョロいわけないです。
自分の人生は何回も止まって止まってすごく遠回りして、オーディションももちろんたくさんたくさん受けて…。
いっぱい受けて、いっぱい落ちて、たまに受かって・・・。どこで芽を出せるんだろうって思いながら過ごしていました。

アルバイトをして、そのお金で深夜バスに乗って上京して節約しながら色んなオーディション受けて、色んな作品や舞台を見て・・あの時間が今の自分を作ってくれているなと思います。

Q 子供時代は
子供時代はとにかく外で遊ぶのが好きで、体が強くなかったので、結構入院しがちだったりしたので、本当は本を読んだり映画を見たりしたりするのが好きなんだけどあこがれが強くて、みんなと外で一緒に走り回る女の子になりたいと思って頑張って外に出ていましたね。

Q 今後どうなりたいですか
発色がいい人になりたい
視聴者の人が見た時に心が動いたりとか、涙が出てきて心が動いたりとか何でもいいんですよそこには。そういう瞬間を作れる役者になりたいなぁと思いました。

吉岡里帆プロフィール


名前 吉岡里帆
生年月日 1993年1月15日
出身地 京都府
身長  158 cm
血液型 B型
事務所 エーチームグループ
職業  女優・グラビアタレント
ジャンル  映画・テレビドラマ・CM
特技 書道 アルトサックス
趣味 新派観劇
好きな動物 猫

出演 ドラマ 映画

ドラマ
『あさが来た』
『カルテット』
『きみが心に棲みついた』

映画
『幕が上がる』
『明烏』
『ハッピーウエディング』

吉岡里帆がインタビューで残した数々の名言いかがでしたか?

吉岡里帆さんのイメージ通り、プライベートについてはおもしろくマイペースなコメントでしたね。また、役作りや仕事に対してのインタビューでは、芯が通っていて、努力家という意外な一面も見せていましたね。

インタビューでの様子を通して、これからの吉岡里帆さんの活躍が、ますます楽しみになりました。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ