松坂桃李はゲームオタク?声優も賞賛するそのハマりっぷりとは?

名実ともに人気俳優の「松坂桃李」さん。実はとてもゲームがお好きなんだとか。今回は同じ事務所の後輩でもある「菅田将暉」さんがパーソナリティーを務めるラジオ番組で語ったエピソードを集めてみました。ネットでも話題になった松坂桃李さんとゲームアプリに関するお話も!

実はオタク系?《ゲーム大好き》俳優・松坂桃李さん

人気・実力ともに評価の高い俳優「松坂桃李」さん。その活躍は幅広くドラマや映画、CMにも引っ張りだこで、テレビをつければ必ず目にすると言っても過言ではないほど!最近では映画『娼年』に主演するなど、様々な表情を見せてくれています。

 

そんな松坂桃李さんですが、実は《ゲームが大好き》なんだとか!事務所の後輩でもある俳優の「菅田将暉」さんのラジオ番組『菅田将暉のオールナイトニッポン』でも、ゲーム愛を熱くアツク語っていました。

 

今回は『菅田将暉のオールナイトニッポン』での菅田将暉さんとのやり取りや、松坂桃李さんが語った理想のデート!?までご紹介します。

松坂桃李さんご出演!『菅田将暉のオールナイトニッポン』とは?

『菅田将暉のオールナイトニッポン』は2017年4月から始まった、人気俳優「菅田将暉」さんがメインパーソナリティを務めるラジオ番組です。この番組に松坂桃李さんはなんと3回もご出演なさっています。ちなみに、この番組に複数回出演したのは松坂桃李さんだけ!しかも、2回目の出演は松坂桃李さんご自身が希望されたものだったとか!

番組コーナーまで作っちゃった!?

「菅田★戯★王」
完全オリジナルカードゲーム「菅田★戯★王」のカードをリスナーと一緒に考えていくコーナー。松坂桃李が自分の主演映画の宣伝でゲスト出演した回で、なぜか映画そっちのけで『遊☆戯☆王』について語りだして生まれた。モンスターカードよりも日常あるあるや愚痴をカード化したネタがメインとなっている。

出典:https://ja.wikipedia.org

自分の番組ではないのに、コーナーを作ってしまうなんてスゴイですね。でもそのキッカケが「映画の宣伝そっちのけで語ったこと」というのが笑ってしまいますね。ちなみに、宣伝するはずだった映画は松坂桃李さん主演の『不能犯』だそうです。

松坂桃李さんが熱く語った『遊戯王』って?

新コーナーを作ってしまうほど熱く語った『遊戯王』。まずは『遊戯王』とはどんな作品なのかご紹介します。

『遊戯王』は今や世界で人気のメディアミックス作品です。1996年に原作漫画の連載が開始、2年後のにアニメ化され、当時の小学生であれば「『遊戯王』と聞いて知らない者はいない」と言うくらいの人気作品となりました。作品で登場するカードゲームが実際に商品化され、日本でTCG(トレーディングカードゲーム)というジャンルが一般的になったのも『遊戯王』のおかげと言っても過言ではないでしょう。今でも後継アニメが放送中だったり、海外でも高い人気を博しています。


『遊戯王』は今や世界で人気のメディアミックス作品です。1996年に原作漫画の連載が開始、2年後のにアニメ化され、当時の小学生であれば「『遊戯王』と聞いて知らない者はいない」と言うくらいの人気作品となりました。作品で登場するカードゲームが実際に商品化され、日本でTCG(トレーディングカードゲーム)というジャンルが一般的になったのも『遊戯王』のおかげと言っても過言ではないでしょう。今でも後継アニメが放送中だったり、海外でも高い人気を博しています。

ちなみにアニメが放送された1998年は松坂桃李さんが小学生の頃です。松坂桃李さんは、さに!『遊戯王』世代ということなんですね。

ネットで話題!アニメ声優も言及!?

なぜ松坂桃李さんは新コーナーを作ってしまうほど『遊戯王』について熱く語ったのでしょうか?それは、今年1月の『菅田将暉ANN』でこんなやり取りがキッカケなんです。

菅田:普段この時間(深夜1時)って何をしていますか?寝ています?

松坂:普段は寝ているか、遊戯王をしている

菅田:あはははは(笑)ちょっと待って!?もう一回言ってください

松坂:遊戯王をやっている(笑)

出典:http://www.allnightnippon.com

その後も「無課金でキングまでいった」など止まらぬ遊戯王トークに、リスナーも反応。中には松坂桃李さんの主演映画『不能犯』と絡めたメールも!

リスナーに公開を控える松坂主演の映画『不能犯』に「ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン」が出てくるか聞かれると、「滅びの爆裂疾風弾(バーストストリーム)ですよ。海馬瀬人。『粉砕! 玉砕! 大喝采!』は、あいつの名言ですから」と語る。

出典:http://news.nicovideo.jp

「ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン」というのは遊戯王の中で出てくる伝説級のカードのことで、主人公の敵役「海馬瀬人」が愛用するカードとして有名なモンスターです。

技名や名言がスラスラ出てくるのがスゴイですね。ちなみに「あいつの名言ですから」と言っているのは『粉砕!玉砕!大喝采!』というセリフが、原作では松坂桃李さんの言う通り「海馬瀬人」が言ったセリフですが、アニメでは違うキャラクターが話しているということに由来しているのでしょう。

原作とアニメの違いを指摘するとは、松坂桃李さんの『遊戯王愛』は深いんですね。

無課金でキング!松坂桃李さんがどハマりするゲームアプリとは

実は松坂桃李さんと菅田将暉さんの会話には続きがあったんです。そこでは松坂桃李さんがプレイしている遊戯王のアプリ『遊戯王デュエルリンクス』について語られていました。

松坂:「遊戯王デュエルリンクス」っていうゲームでね

菅田:デュエリストなんですね。あの、結構やっている感じですよね?

松坂:そうね。デュエルリンクスの中で順位があって、ルーキー、ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ、レジェンド、キングっていうのがあって……

菅田:はい

松坂:僕は今、キング。

出典:http://www.allnightnippon.com

菅田将暉さんが言っている、デュエリストというのは遊戯王のカードゲーム(デュエル)をプレイする人のことです。

筆者はこのゲームに詳しくないので少し調べてみました。『遊戯王デュエルリンクス』でキングになるためには他のプレイヤーとネット−ワーク対戦をしてランクを上げていく必要があるようです。最初は簡単に勝てても次第に強い相手と戦うようになるというシステムですね。さらにキングになるためには強豪プレイヤーに対して5連勝しなければならないとか。

ネットでは『5連勝できずにキングになれない』という声が多くあります。松坂桃李さんのデュエリストとしての実力がスゴイものだというのがわかりますね。

これを受けてネットでは・・・

松坂の『遊戯王』トークは、ネットでも「松坂桃李が遊戯王ガチ勢すぎる」「松坂桃李がデュエリストと聞いて好感度ブチ上がり」と話題に。これにアニメで海馬瀬人の声を演じた声優の津田健次郎(46)も「松坂桃李とかいうデュエリストよ…さぁ今日もデッキからカードの剣を抜け!」と反応している。

出典:http://news.nicovideo.jp

付け焼き刃ではなく、本当に深い知識がなければネットでここまで話題になることはありませんよね。さらに声優の「津田健次郎」さんまで言及するだなんて、松坂桃李さんの遊戯王愛がリスナーにも伝わったんでしょうね。

さらに5月の放送では・・・

今年5月の放送では、事前に『無課金の頂きを目指す者』というラジオネームで予告を送るほど。そして松坂桃李さん3度目の出演となる5月21日の放送では、なんと1時間の番組時間の中35分も遊戯王について語ったとか!

帰り際には、「本当はもっと掘り下げて話せる番宣がいっぱいあったんだけどね。でもほら、遊戯王の話になっちゃったからさ」と名残惜しそうな松坂に、菅田は「子どもか」と一言。

出典:http://news.nicovideo.jp

松坂桃李さんはこの日、番組の冒頭で映画『孤狼の血』や主演を務める舞台の「番宣である」と宣言していました。にもかかわらず遊戯王を優先してしまうあたり、松坂桃李さんの遊戯王へのハマりっぷりが伝わりますね。

ちなみに、この日もリスナーから松坂桃李さん宛に遊戯王に関する質問が寄せら、その中で改めて『無課金プレイヤー』であると公言。パーソナリティーである菅田将暉さんへ「キング(松坂桃李さん)の話が聞きたいんだ!」とリスナーから抗議の声(?)が寄せられるほどの実力を伺わせました。

騒動に発展!?松坂桃李さんのゲームエピソード

『菅田将暉のオールナイトニッポン』で語ったゲームのエピソードは他にもあります。同じく5月21日の放送では、『菅田戯王』に変わる新たなコーナーの提案をしていました。

松坂:このラジオってさあ、懐かしいものを振り返ることが結構あるじゃん?このあいだは『サルゲッチュ』の話をしていなかった?

菅田:聴いてますねえ(笑)

松坂:そういうさ、昔のゲームあるあるを集めたら凄い面白いと思うんだよね。

出典:http://www.allnightnippon.com

以前、菅田将暉さんが話していたという『サルゲッチュ』の他に、『ロックマンX』、『バイオハザード』、『シーマン』、『大乱闘スマッシュブラザーズ』と次々にゲームタイトルとエピソードを挙げ、この日も《ゲーム好き》な一面を披露。その後「ゲームをしなきゃいけないから」といってお帰りになったそうです。

ネット騒然!大物声優も巻き込んだ『しゃべくり事件』とは

松坂桃李さんは2015年11月に放送された『しゃべくり007』にゲストとして出演しました。しかし、そこでネットを騒がせる《ある騒動》が起こってしまいました。

 

ゲストが『今、会いたい人』を番組へ招待するという企画で、松坂桃李さんは人気ゲームシリーズ『メタルギアソリッド』で主人公「ソリッド・スネーク」を演じた大物声優「大塚明夫」さんに会いたいとリクエストしました。ですが、リクエストが叶わず番組内では『大塚明夫さんは顔出し(テレビ出演)NGのため来られない』と報告されました。

松坂桃李さんもとても残念そうにしていらっしゃいましたが、その後事態が急転。大塚明夫さんご本人がツイッター上で「顔出しNG ではない」と発言したのです!

 

事実、大塚明夫さんは声優として活動を始める以前から現在でも舞台俳優として活動していらっしゃいます。さらに、翌年から『真夜中の百貨店〜シークレットルームへようこそ〜』というドラマで主演を果たされています。このような事情から大塚明夫さんご本人がお断りになった可能性は限りなく低そうです。

大塚明夫さんの発言が話題になると、ネットでは騒動になってしまいました。松坂桃李さんにとっても、苦い思い出になってしまったかもしれませんね。

 

二人でVRゲーム!?松坂桃李さんが語った理想のデート

松坂桃李さんは先月行われた『妄想・松坂桃李2』の発売を記念したイベントにて、理想のデートについて語っていましたが、なんとこれもゲームに関することでした。

「理想のデートは?」という質問には「VRデートです!」と即答。「VRを使って戦うんです、2人で。最近だとガンアクションがあって、自分たちが兵士になってプレイするんです。だから同じチームになって、合図を送ったりしながら……」と饒舌にプランを語り出す。

出典:https://natalie.mu

調べてみると、「VRデート」ができるようなお店はいくつかある模様。その中で、「松坂桃李さんがおっしゃってのはこういうことかな?」という映像を見つけたのでご覧ください。

デートでもゲームに関することをしたいだなんて、松坂桃李さんは本当にゲームがお好きなんですね。ちなみに理想の恋人については「こういったことを楽しんでくれる人」とおっしゃっていました。

松坂桃李さんのプロフィール

本名 松坂 桃李
生年月日 1988年10月17日(29歳)
出生地 日本の旗 日本・神奈川県[1]茅ヶ崎市
身長 183 cm
血液型 A型

テレビドラマ
『侍戦隊シンケンジャー』
『梅ちゃん先生』
『軍師官兵衛』
『ゆとりですがなにか』
『わろてんか』

映画
『僕たちは世界を変えることができない。』
『アントキノイノチ』
『ツナグ』
『今日、恋をはじめます』
『湯を沸かすほどの熱い愛』
『彼女がその名を知らない鳥たち』

まとめ

松坂桃李さんご自身の番組では無いのに、コーナーを作ってしまう事になるほどのハマりっぷりには驚きました。ネットでは芸能人の「オタクエピソード」に対して「にわか」などの厳しい声もありますが、松坂桃李さんの遊戯王に関するエピソードには好意的な声が多いようですね。他にもゲームに関係ない場所でもゲームのお話ががスルスル出てくるところを見ると、松坂桃李さんがどれ程ゲーム好きがうかがえますね。

松坂桃李さんご自身の番組では無いのに、コーナーを作ってしまう事になるほどのハマりっぷりには驚きました。ネットでは芸能人の「オタクエピソード」に対して「にわか」などの厳しい声もありますが、松坂桃李さんの遊戯王に関するエピソードには好意的な声が多いようですね。他にもゲームに関係ない場所でもゲームのお話ががスルスル出てくるところを見ると、松坂桃李さんがどれ程ゲーム好きかがうかがえますね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ