小栗旬と波留が共演!続編も放送された人気ドラマ「BORDER」とは?

小栗旬さんと波留さんが共演した刑事ドラマ「BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係」続編となるスペシャルドラマが放送されるなど人気作となりました。そんな小栗旬さんと波留さんが共演したドラマ「BORDER」のあらすじとキャスト、続編についてまとめてみました!

小栗旬と波留共演ドラマ「BORDER」とは?

2014年4月10日から6月5日までテレビ朝日木曜枠で放送された小栗旬さんと波留さん共演のドラマ「BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係」

岡田准一さん主演の「SP 警視庁警備部警護課第四係シリーズ」や小栗旬さん主演ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」、綾瀬はるかさん主演の「奥様は、取り扱い注意」などの人気作を担当した金城一紀さんが脚本を手掛け、衝撃的なラストやストーリーが評価されザテレビジョンドラマアカデミー賞最優秀作品賞も受賞しています。

また、続編となるスペシャルドラマや波留さんが主演のスピンオフドラマが放送されるなどの人気作となりました。

そんな小栗旬さんと波留さん共演のドラマ「BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係」のあらすじとキャスト、続編について紹介していきます!

小栗旬と波留共演ドラマ「BORDER」のあらすじ

小栗旬と波留共演ドラマ「BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係」あらすじ

捜査中に頭に銃弾を受け、生死の境を彷徨った、警視庁捜査1課刑事・石川安吾。
奇跡的に弾丸を頭部に抱えたまま生き延びた彼は予想もしない特殊能力を手にすることとなる。
それは・・・「死者と会話ができる」能力。
弾丸を摘出しなければ、石川はいずれ死ぬ。手術をしても、助かる可能性は低い。
石川は手術を受けず、残された時間を他人を救うために使う決断をする。
被害者=死体の声が聞こえる刑事の、普通ではない捜査が始まった。
しかし、死者と話せるタイムリミットはその死体が荼毘に付されるまで。
被害者の証言から犯人を聞き出せても、証拠がなければ犯人を捕らえることができない。
死者の声は石川にしか聞こえない。
外部にユニークな協力者を多数得ながらも、警察組織の中ではひとり、石川の孤独な闘いが始まった。

出典:https://www.amazon.co.jp

小栗旬と波留共演ドラマ「BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係」予告

小栗旬と波留共演ドラマ「BORDER」のキャスト

石川安吾(いしかわ・あんご)/小栗旬

小栗旬さんがドラマ「BORDER」で演じたのは、頭に銃弾を受け、生死の境をさまよったせいで、死者と交信ができる能力を持つようになった警視庁捜査一課第二強行犯捜査・殺人犯捜査第4係第一班の刑事・石川安吾役。

刑事としての高い能力に加え、野心的で努力家な面ももち異例のスピードで昇進し本庁捜査一課の刑事に配属。

しかし、殺人事件を捜査中に頭に被弾し、弾が脳に残留したことで死者と会話ができる能力が覚醒。

その能力を捜査に使い殺人事件を解決しようと”神の領域”に踏み込んでしまいます。

比嘉ミカ(ひが・みか)/波留

波留さんがドラマ「BORDER」で演じたのは警視庁刑事部の特別検視官・比嘉ミカ役。

千体近くの解剖を助手として見てきており類まれな観察眼と勘の鋭さを生かし、数々の難事件を解決してきました。

石川安吾(小栗旬)の能力に薄々勘づいており、石川が単独で行っている捜査にも協力していきます。

立花雄馬(たちばな・ゆうま)/青木崇高

青木崇高がドラマ「BORDER」で演じたのは、警視庁捜査一課第二強行犯捜査・殺人犯捜査第4係第一班の刑事・立花雄馬役。

警察一家の生まれで、警察官という職業に過剰なほどのこだわりとプライドを持っています。

その一方で人一倍正義感が強く、融通が利かない面も。

同僚で同世代の石川(小栗旬)に猛烈なライバル心を燃やしています。

市倉卓司(いちくら・たくじ)/遠藤憲一

遠藤憲一さんがドラマ「BORDER」で演じたのは、石川や立花が所属する警視庁捜査一課第二強行犯捜査・殺人犯捜査第4係第一班の班長である市倉卓司役。

刑事としての石川(小栗旬)の能力を買っていて、独断専行型の石井の行動にも放任気味。

嘘を見抜くのが得意で、清濁併せ呑む器を持っています。

安藤周夫(あんどう・ちかお)/大森南朋

大森南朋さんがドラマ「BORDER」で演じたのは、スター玩具社員の安藤周夫役。

ドラマの最終回にゲスト出演しました。

一見善良に見えるが、絶対的な悪を体表する史最悪の悪人で、8歳の子供を誘拐し殺害。

その事件を追う石川と対峙し、石川に究極の善と悪を問い精神的に追い詰めていきます。

小栗旬と波留共演ドラマのスペシャルドラマ「BORDER 贖罪」

最終回のラストが衝撃的だっただけに視聴者から続編を強く希望されていたドラマ「BORDER」ですが、実は脚本を担当した金城一紀さんは続編ありきで、ドラマの脚本を書いていたそうです。

ドラマを見た方は分かると思いますが、ラストが安藤の「こちら側の世界へようこそ」という謎の言葉で終わりを迎え視聴者は「んんっ?!」と不完全燃焼状態に。

それを消化してくれるのが続編となったスペシャルドラマ「BORDER 贖罪」です。

3年も間が空いたので続編はなしかと思われていましたが、波留さんが主演の「BORDER 衝動〜検視官・比嘉ミカ〜」も放送されました!

連ドラ版での謎がついに解けますね!

小栗旬と波留共演ドラマのスペシャルドラマ「BORDER 贖罪」予告

波留主演のスピンオフドラマ「BORDER 衝動〜検視官・比嘉ミカ〜」

続編のスペシャルドラマに先立って二週間連続で、波留さん演じる検視官・比嘉ミカが主人公のスピンオフドラマ「BORDER 衝動〜検視官・比嘉ミカ〜」2週間連続で放送されました。

この物語は、ミカが検視官になる前の、法医学教室助手だったころに焦点を置き、検視官となったミカの知られざる過去について語られています。

連ドラ版での堂々としているミカとはまた別の姿が見れるとあってこちらも好評でした!

まとめ

小栗旬さんと波留さんが共演した「BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係」について紹介しました。

ドラマ「BORDER」をご覧になったことがない方は、スペシャルドラマとセットで見ないともやもやが晴れないかもしれませんので、是非スペシャルドラマの方も一緒にチェックしてみてください!

またスペシャルドラマにさきだって放送された波留さんが主演のスピンオフドラマ「BORDER 衝動〜検視官・比嘉ミカ〜」も要チェックです!

もっと小栗旬を知りたい方へ

もっと小栗旬を知りたい方へおすすめの記事はこちらです

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ