前田敦子さんのドラマ出演作まとめ!年代別に整理してみました

元AKB48の人気メンバーで、2007年からは女優としても活動しAKB48卒業後はドラマ出演など演技に力を入れている前田敦子さん。そんな”あっちゃん”という愛称で親しまれている前田敦子さんのドラマを年代別にまとめてみました!

前田敦子さんプロフィール

出生地: 千葉県市川市

身長 : 161 cm

血液型: A型

事務所: 太田プロダクション

2005年「AKB48 オープニングメンバーオーディション」に合格し、デビュー

前田敦子さんは、2005年に開催された「AKB48 オープニングメンバーオーディション」に合格し、AKB48のオープニングメンバーとしてデビューしました。

その後数々のヒット曲をリリースし、ほぼすべてのシングル曲の選抜メンバーとして活躍するなどの人気メンバーに。

グループ発足から2012年にグループを卒業するまで不動のセンターとしてグループを引っ張っていきました。

2012年AKB48を卒業

言わずと知れたAKB48の絶対的エースだった前田敦子さんが卒業を発表したのは2012年。
当時は、つねにグループの中心にいた人気メンバーの卒業にかなり騒がれましたよね。
卒業後は、演技の道へと進むことに。
デビュー前から、女優になりたいと、秋元康さんに話していた前田敦子さん。現在の所属事務所に移籍後は、女優活動にに本格的に力を入れてきました。

前田敦子の歴代彼氏は?!

山本裕典

ドラマ「太陽と海の教室」での共演を機に付き合いだしたと言われています。

しかし、その時前田敦子さんはまだAKB48のメンバーで恋愛禁止の時期でした。グループの絶対的なセンターである彼女のスキャンダルはまずかったのでしょう。

周囲が別れさせたとの噂も。

尾上松也

お次は歌舞伎役者でもあり俳優の尾上松也さん。

知人の紹介で知り合い、元々AKB48のファンだった尾上松也さんと前田敦子さんが付き合い始めるまでそう時間はかからなかったようですね。

前田敦子さんが結婚を考えるほどベタ惚れだったようですが、尾上松也さんの浮気が発覚。その後長続きするわけもなく破局したようです。

年代別 前田敦子さん出演ドラマ一覧

前田敦子さんの出演ドラマを年代別に時系列で紹介していきます。

デビュー作となったドラマから最新出演作まで幅広くご紹介しますよ!

【2007年 前田敦子さん出演ドラマ】

「スワンの馬鹿! 〜こづかい3万円の恋〜」

「スワンの馬鹿! 〜こづかい3万円の恋〜」はフジテレビ系火曜ドラマ枠で放送されました。

主演は上川隆也さん。

文房具メーカーの営業課長代理を務める主人公が、ある日娘の受験の為にお小遣いを3万円に減らすと告げられます。
とにかく優しく、後輩への金払いもよく面倒見のいい上司と評判もいいのだが、実はそれは頼れる上司というイメージを作るためのキャラを演じていたのだった…
そのよき上司というイメージを守るため必死に奮闘する主人公の姿が描かれたハートウォームなラブコメドラマ。

「スワンの馬鹿! 〜こづかい3万円の恋〜」での前田敦子の役柄

前田敦子さんは、主人公の大学時代の同級生で元恋人である、志摩子(森口瑤子)の17歳の娘・比奈子を演じました。
小悪魔的な大人びた性格の女子高生を見事に演じました。

【2008年 前田敦子さん出演ドラマ】

「太陽と海の教室」

「太陽と海の教室」は2008年の夏にフジテレビ系月9ドラマとして放送されました。
主演は織田裕二さん。
湘南の超有名進学校に赴任した型破りな高校教師の主人公が、高校三年生の生徒たちとの交流を中心にストーリー展開される学園ドラマ。

出演者には、新米教師に北川景子さん、生徒役で岡田将生さん、北乃きいさん、吉高由里子さんなどの豪華な顔ぶれが並びました。

「太陽と海の教室」での前田敦子さんの役柄

夜な夜なUFOや宇宙人と交信していると真剣に話したりするため周囲から不思議ちゃんと呼ばれている17歳の船木真由を演じました。

幼いころに両親から捨てられた心の傷がある少女という難しい役柄を見事に好演しました。

「栞と紙魚子の怪奇事件簿」

「栞と紙魚子の怪奇事件簿」は日本テレビで2008年に放送された、前田敦子さんの初主演ドラマ。
南沢奈央さんとのW主演作品です。
原作は、諸星大二郎さんのコミック「栞と紙魚子」

主人公である二人の少女が周辺で起こる様々な怪奇現象に巻き込まれていくホラーコメディードラマです。

ゲスト出演で同グループだった元AKBのメンバー大島優子さんも出演されました。

「栞と紙魚子の怪奇事件簿」での前田敦子さんの役柄

前田敦子さんは、古本屋の娘で希少本のためなら身の危険までも冒す、好奇心の強いめがねっ子の紙魚子を演じました。

【2010年 前田敦子さん出演ドラマ】

「マジすか学園」

2010年にテレビ東京系列で放送された「マジすか学園」はAKB48のメンバーとその姉妹グループのメンバーが出演した作品として話題になりました。

悪名高いヤンキー校に転校してきた前田敦子さん演じる主人公。地味で弱そうに見せているが実は凄腕の武闘派の元ヤンキー。ある事情でそのことをひた隠しにしていましたが、同じ日に転校してきた転校生を不良チームから助けてしまったことで、彼女の実力が学園中に知れ渡ってしまいます。
そのせいで次々と強豪ヤンキーから挑戦を受けることに。頑なに孤高のスタンスを保っていた彼女ですが、徐々にお互いを認め合うようになり心を開いていく姿を描いた学園ドラマです。

「マジすか学園」での前田敦子さんの役柄

前田敦子さんはヤンキー校に転校してくる元凄腕の武闘派ヤンキーでそのことを隠している訳ありな主人公・前田敦子を演じました。

けが人も多数出たという、皆が本気で挑んだアクションシーンが見どころです!
また翌年の2011年には続編となる「マジすか学園2」にも出演。2015年に放送された「マジすか学園5」にもゲストとして出演しました。

「大河ドラマ・龍馬伝」

2010年に放送されたNHK大河ドラマ「龍馬伝」
主演は福山雅治さん。

「幕末史の奇跡」と呼ばれた坂本龍馬の33年間の生涯を末屈指の経済人・岩崎弥太郎の視点描いたストーリーです。
脚本は「海猿」や「ガリレオ」も手掛けた福田 靖さん。

前田敦子さん初出演となったnhk大河ドラマですね。AKBメンバーとしても初出演となりました。

「龍馬伝」での前田敦子さんの役柄

前田敦子さんは、坂本龍馬の兄である坂本権平(杉本哲太)の娘の坂本春猪を演じました。

龍馬の事を「おじちゃん」と呼んで兄のように慕う8歳差の可愛い龍馬の姪っ子です。

「Q10」

「Q10]は日本テレビ系土曜ドラマとして、2010年に放送されました。

主演は佐藤健さん。

平凡な高校生の深井平太は、ある日女の子の形をしたロボットを誤って起動してしまいます。そしてロボットに「キュート」と名付け、彼女と学生生活を送るように。
平太を「親」と認識しているキュートに日々色々なことを教えていくなかで、主人公が成長していく学園ドラマです。

本作品で共演した高畑充希さん、柄本時生さん、池松壮亮さんと共演後も交友があり、”ブス会”と呼ばれる集まりを定期的にひらいているんだとか!

「Q10」での前田敦子さんの役柄

「Q10」で前田敦子さんは、2080年の未来からやってきたという学習型ロボットでヒロインのキュートを演じました。

棒読みに近い話し方をする学習型ロボットを上手に演じられました。

【2011年 前田敦子さん出演ドラマ】

「花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011」

2011年に放送されたフジテレビ系日曜ドラマ「「花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011」
AKBメンバーとしてゴールデンタイムの連続ドラマ初主演作となりました。

こちらは2007年に堀北真希さん、小栗旬さん、生田斗真さん出演で放送された『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』のリメイク版です。

憧れの人を追っかけアメリカから日本にやってきて、しかも男子校に男装して転校する主人公・芦屋瑞稀とイケメンぞろいで有名な学園の男子生徒との恋愛や友情を描いた学園ドラマです。
中村蒼さん、三浦翔平さんなどのイケメン俳優陣が数多く出演されていますよ。

「花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011」での前田敦子さんの役柄

前田敦子さんは、憧れの人を追いかけるため男子校に男装して通う女の子・芦屋瑞稀を演じました。

男装する役のため、かなり髪の毛を短くカットした可愛い男子高校生姿の前田敦子さんに注目です!

【2012年 前田敦子さん出演ドラマ】

「最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜」

2012年に放送されたTBS系ドラマ「最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜」
主演は山Pこと山下智久さん。

急死した父親が営んでいた警察官御用達の葬儀屋を継ぐことになった主人公が、新米の女性刑事(榮倉奈々)とともに訳あり死体の謎を究明していくヒューマン&ラブコメ作品となっています。

「最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜」での前田敦子の役柄

前田敦子さんは、主人公の妹で実家の葬儀屋を手伝っている長女の井原晴香を演じました。

子供の時に事故にあい、足に後遺症が残っています。

葬儀屋を営んでいる井原家ですが、5人兄弟みんな美男美女!

長男が反町隆史さん、二男が山下智久さん、長女が前田敦子さん、三男がHey! Say! JUMPの知念侑李さん、二女が大野いとさん。実在する兄妹だったら恐るべし遺伝子ですね…

【2013年 前田敦子さん出演ドラマ】

「あさきゆめみし 〜八百屋お七異聞」

2013年にNHK総合テレビで放送された「木曜時代劇 あさきゆめみし 〜八百屋お七異聞」

前田敦子さんのNHKドラマ初主演作です。

江戸本郷を舞台に、恋人に会いたい一心で放火事件を起こしてしまい、”火刑”に処せられた八百屋のお七の悲しい恋物語を題材にジェームズ三木さんが脚本を手掛けました。

今作では、恋人の吉三郎(池松壮亮)を救うために自ら罪人となる悲しくも切ないラブストーリーとなっています。

「あさきゆめみし 〜八百屋お七異聞」での前田敦子さんの役柄

前田敦子さんは、八百屋の娘で恋人のためなら命を投げうてるほどの愛情深い女性お七を演じました。

前田敦子さんの妖艶な着物姿や切ない演技が見どころです!

【2016年 前田敦子さん出演ドラマ】

「毒島ゆり子のせきらら日記」

「毒島ゆり子のせきらら日記」は2016年にTBS系列で放送されました。

過去のトラウマのせいで、独自の恋愛観を持ち二股をかけ続けていた主人公が、1人の魅力的な男性と出会い、恋に落ちたことで人生の歯車が狂っていきます。

、二股や不倫をテーマに現代の若い女性が持つ悩みや恋愛観などを忠実に描いており、視聴者からの共感を呼びました。「深夜の昼ドラ」を目標に掲げているだけあって、内容はかなりドロドロしています。

「毒島ゆり子のせきらら日記」での前田敦子さんの役柄

前田敦子さんは、大物政治家の番記者を務めている主人公・毒島 ゆり子役。

仕事はバリバリこなすが、恋愛は「この人に裏切られても、もう一人いる」と二股をかけるづけ、常に恋人がいないと耐えられないような弱い人。

恋愛体質な主人公を体当たりで演じ、大胆なラブシーンなど話題を呼びました。

【2017年 前田敦子さん出演ドラマ】

「就活家族〜きっと、うまくいく〜」

2017年にテレビ朝日系列で放送された「就活家族〜きっと、うまくいく〜」

主演は三浦友和さん。

物語の中心となる富川家は、父が大手製鉄会社の人事部長、母は高校の国語教師、娘は宝飾メーカーに勤務、息子は大学生で就活中。
全てが順調に見え、夢のマイホーム購入が見えてきたところに様々な災難が降りかかり、なんと家族全員が就活することになってしまいます。

ディズニー映画の「Mr.インクレディブル」でも声優として夫婦役を演じた三浦友和さんと黒木瞳さんがまたしても夫婦役となり話題となりました。

「就活家族〜きっと、うまくいく〜」での前田敦子さんの役柄

前田敦子は富川家の長女で、宝飾メーカー・ジュエルD勤務の25歳・富川 栞を演じています。

度重なるセクハラに耐え切れず、他部署への異動を希望し、やっと移動できた異動先の部署でも過酷な日々を送ることになってしまいます。

今後の活躍に目が離せない!

前田敦子さんの出演ドラマを年代別に紹介してきましたが、いかがでしたか?
懐かしい作品が数多くありましたね。これを機会に前田敦子さんの出演作品を見返してみるのもいいかもしれませんね!

今年すでに公開中の映画「素敵なダイナマイトスキャンダル」を含めた「のみとり侍」「食べる女」の3本の映画公開が決まっています。

大人気国民的アイドルから女優と変化を遂げた前田敦子さんの今後の女優さんとしての活躍に期待しましょう!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ