記事ID137062のサムネイル画像

名作ばかり!歴代アカデミー賞ノミネート作品をご紹介します!

アカデミー賞のノミネート作品と言えば名作揃いです。これまで数多くの名作映画がアカデミー賞にノミネートされました。アカデミー賞ノミネート作品にはどんな映画があるのでしょうか。そこで今回はアカデミー賞ノミネート作品を一覧形式でご紹介させていただきます!

アカデミー賞とは

アカデミー賞とは、アメリカ映画の発展といった目的からその成果を讃えるための映画賞です。また、授与される像はオスカー像と呼ばれ親しまれています。選考対象は「1年以内にロサンゼルス地区で上映された作品」とされています。

非常に知名度・権威ともに高い賞であるため映画界では最高峰の賞の一つとして世界各国に大きな影響を与えています。現在ではアメリカ国内のみならず世界中から注目されるコンテンツとなっています。

今回はそんなアカデミー賞のノミネート作品をご紹介させていただきます。名誉ある賞に選ばれた名作ノミネート作品を是非お楽しみください!

アカデミー賞ノミネート作品①12 Years a Slave

アカデミー賞ノミネート作品、最初のノミネート作品は「12 Years a Slave」です。2013年のアカデミー賞にノミネートされた作品です。日本では「それでも夜は明ける」といったタイトルで親しまれていますね。1841年にワシントンD.C.で誘拐され奴隷として売られた自由黒人ソロモン・ノーサップによる奴隷体験記 "Twelve Years a Slave"を原作とした映画で、アメリカの黒人差別に対してのアンチテーゼを示した名作映画です。
アカデミー賞をはじめ数多くの映画賞を受賞した作品です。

アカデミー賞ノミネート作品②Moonlight

アカデミー賞ノミネート作品、二つ目のノミネート作品は「Moonlight」です。こちらは2016年のアカデミー賞にノミネートされた作品です。人種問題やLGBT、貧困など数多くの社会的なテーマを描いた作品で、マイアミの貧困地域で生活する若者たちの生き様をリアルに映しています。
生きる勇気と力をくれる。そんな作品となっています。大ヒット映画「La La Land」を抑えて最優秀作品賞にノミネートされたことにも納得の映画です。

アカデミー賞ノミネート作品③The King's Speech

アカデミー賞ノミネート作品、三つ目のノミネート作品は「The King`s Speech」です。こちらの作品は2010年のアカデミー賞にノミネートされた作品です。日本では「英国王のスピーチ」といった名前で親しまれていますね。
吃音に悩まされたイギリス国王ジョージ6世と、その治療にあたった言語療法士の友情を史実もとに描いた作品です。主演のコリンファースをはじめ魅力的なキャストが見事な演技を見せてくれます。

アカデミー賞ノミネート作品④The Artist

アカデミー賞ノミネート作品、四つ目のノミネート作品は「The Artist」です。こちらは2011年のアカデミー賞にノミネートされた作品です。1927年から1932年のハリウッドを舞台とした映画で、サイレントかつ白黒映画として発表された映画です。現在のような音のある映画の登場でサイレント映画の時代が終わり、没落する男優と躍進する女優を描いた物語です。
映画の変遷やその時代の雰囲気もしっかり楽しめる作品で、テーマもしっかりとしており、まさにアカデミー賞ノミネート作品にふさわしい作品ではないでしょうか。

アカデミー賞ノミネート作品⑤Slumdog Millionaire

アカデミー賞ノミネート作品、五つ目のノミネート作品は「Slumdog Millionaire」です。こちらは2008年のアカデミー賞にノミネートされました。インドのムンバイの中にあるスラムで生まれ育った少年は、人気クイズ番組「Who Wants to Be a Millionaire?」に出演します。彼は最後の1問にまで到達しましたが、スラム育ちで無学である彼に不正疑惑がかかり、警察に連行されます。そこで語られる彼の生い立ちとは。
希望と勇気に溢れた作品で、生きる力を貰うことができる。そんな作品です。

アカデミー賞ノミネート作品⑥The Shape of Water

アカデミー賞ノミネート作品、五つ目のノミネート作品は「The Shape of Water」です。こちらはつい先日行われた2018年のアカデミー賞にノミネートされました。政府の研究施設で働く発話障害の女性清掃員と水槽で飼われている魚人の孤独な二人の物語です。
日本ではまだ未公開であり、2018年3月1日に公開される予定です。とても楽しみですね!

ノミネート作品を見てみよう

いかがでしたか? 今回はアカデミー賞にノミネートされた映画を五つご紹介させていただきました。さすがは受賞作品とだけあって名作揃いですね。もしこれを読んで興味を持った方は是非とも一度作品をご覧ください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ