期待が高まる!?お笑いコンビ『バッドナイス』が初冠番組に挑戦!

    お笑いコンビ『バッドナイス』が、初冠番組を持つことがわかりました!「お笑い1年生」と語るバッドナイスのお二人。今回の初冠番組に向けて張り切っているようです。一体どんな、初冠番組になるのでしょう!?2018年は『バッドナイス』、大ブレイクの予感!?

    冠番組が決定した【バッドナイス】とは?

    【バッドナイスのプロフィール】
    バッドナイス
    ワタナベエンターテイメント所属のお笑いコンビ。

    メンバーは、内田英輔(うちだえいすけ)と、常田功(つねだいさお)。

    2013年10月に『あかいらか』を解散した内田英輔さんと、2010年に『スナッチ』を解散してピンで活動していた常田功によって結成された、バッドナイス。

    今回、初冠番組を持つことになった『バッドナイス』の名前の由来は、東京都杉並区高円寺に実在する「BAD-NICE」という理髪店から取ったもので、最初のコンビ名は2人の名前を合わせた『つねうち』だったといいます。

    理髪店の名前を見て、かっこいいと感じたインスピレーションから改名された『バッドナイス』。

    そんなバッドナイスが、今年、初冠番組をもつことになりました。
    どんな初冠番組なのでしょう?

    初冠番組にもつながった!?バッドナイス、ブレイクのきっかけはあの番組!?

    お笑いコンビ『バッドナイス』がブレイクするきっかけになったのは、2016年8月27日、フジテレビで放送された「さんまのお笑い向上委員会」に出演したことがきっかけでした。

    「さんまのお笑い向上委員会」では、モニター横芸人として出演した『バッドナイス』ですが、そのブレイクするきっかけの番組に出演するきっかけになったのが、あの、坊主頭で人気の『あばれる君』でした。

    『あばれる君』の一番弟子が、バッドナイスの一人で、ピンでも活躍している常田功さんだったのです。バッドナイスの常田功さんは、ピンでも『バッドナイス常田』の芸名で活躍しています。

    そういわれると、『バッドナイス常田』さんと、『あばれる君』は似ている感じがしますね。

    それから、メディアへの露出が増えはじめて人気も出てきたバットナイス。とうとう、初冠番組まで持つことになりました。

    初冠番組を持つということは、お笑い芸人にとって人気が上昇してきたというバロメーターでもありますね。

    初冠番組の前は、『SunSetTV』で活躍していたバッドナイス!

    2018年1月より初冠番組を持つことになる前は、静岡朝日テレビが運営するインターネットテレビ『SunSetTV』で活躍していたバッドナイス。

    静岡県民を巻き込んで全国で話題になるものを発信しようと作られた番組です。

    今回放送されることになったバッドナイスの初冠番組も、『SunSetTV』の要素も組み込まれていて、『SunSetTV』で配信されていたものに、新規下ろし映像や未公開映像を追加して10分番組となります。

    いろいろな場面でドッキリが仕掛けられたり、そのドッキリの作り方を紹介する面白そうな初冠番組になりそうです。

    バッドナイスの冠番組は、「ドッキリの作り方」!?

    バッドナイス、初冠番組のタイトルは『バッドナイスのドッキリ☆レシピ』。

    バッドナイスの内田さんとアシスタントを務める小俣里奈さんが料理番組のように、ドッキリの作り方とレシピを紹介してくれる初冠番組です。

    ドッキリの作り方は視聴者でも簡単に作れるもので、丁寧に紹介されていく予定で、そのドッキリを、バッドナイス常田さんに仕掛けていくというもの。

    バッドナイス常田さんは、初冠番組の放送に対して「2018年のスタートから本当に景気のいい話」と語りテンションがそり上がり!夢なら覚めないでほしい!感無量!と嬉しさでいっぱいのようです。

    自分たちを「テレビ1年生」と語るバッドナイス。
    冠番組の出演はブレイクの良いきっかけになりそうです。

    バッドナイスの初冠番組は、1月30日深夜より放送開始!!

    初冠番組が放送されるとこについて「2018はバットナイス史上、忘れなれない年にしたい」と語るバッドナイス常田さんと、「とにかく飛躍の年にして、たくさんの人たちにバッドナイスを知ってもらいたい」と語る内田さん。

    バッドナイスの初冠番組、『バッドナイスのドッキリ☆レシピ』の第1話は1月30日の深夜3:25~放送され、その後も毎週火曜日の深夜に放送される予定です。

    期待のお笑いコンビ、バッドナイスの冠番組に注目です!

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ