女優川栄李奈さんが一気に大ブレイク!代表作と今後の活躍を展望する

川栄李奈さんがAKBを卒業後に女優業へ本格転身を図り、見事に大ブレイク!映画にドラマにCMにと大忙しです。これまで川栄李奈さんが出演された映画やドラマの中でも代表作と呼べる5作品を紹介し、女優としての本人の意気込みや今後の展望についてお伝えします。

川栄李奈さんをもしも知らない方へ・簡単なプロフィール

本名 川栄李奈
生年月日 1995年2月12日
出身地 神奈川県
身長 152 cm
血液型 O型
職業 女優
事務所 エイベックス・マネジメント

2010年にAKB48第11期研究生オーディションに合格しデビュー。
2012年には11期研究生からチーム4へ昇格、同年チーム再編に伴ってチームAへ異動となります。
2014年には、握手会でノコギリを持った暴漢に襲われ、右手親指に裂傷と骨折を負いますが、この年の37thシングル選抜総選挙で39,120票を獲得して16位となり、選抜総選挙のシングル選抜メンバーに初めて入りました。
2015年にはAKBを卒業。

川栄李奈さんは、AKB時代から女優としてのお仕事はされていましたが、AKB卒業後は本格的に女優の道へと進まれましたね。
卒業翌年の2016年、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』に出演したことが大変大きいと思います。
やはりNHKのドラマへの出演は、老若男女に広く知ってもらえるという点では最良のメディアということになりますね。

女優川栄李奈さんの代表作1・NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』

2016年、本格的に女優へ転校した川栄李奈さんはNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』に出演しました。
小学校を卒業後に自ら希望して進学せずに家業を手伝う健気な女の子、森田富江役を演じました。
制服姿を褒めてくれた板前と交際、そして妊娠、結婚と、幼さの残る少女から大人の女性へと移り変わる難しい役どころを見事に演じました。

女優川栄李奈さんの代表作2・映画『デスノート Light up the NEW world』

同じく2016年、川栄李奈さんは映画『デスノート Light up the NEW world』に出演しました。
映画では最初に現れるデスノートの保持者で青井さくら役を演じました。
顔を合わせた相手の名前と寿命が見える「死神の目」を使って、渋谷の街で大量無差別殺人を行うものの、池松壮亮さん演じる竜崎に麻酔銃で仕留められ、憑いていた死神ベポがデスノートが6つ地上にもたらされた事を語り出します。
その後、菅田将暉さん演じる紫苑によってデスノートで殺害されてしまいます。
映画の導入に必要なキーとなる役柄でした。
狂ったようにデスノートに名前を書いていく表情はまさに狂気に満ちていて、これまでにない役柄でしたから、川栄李奈さんにとっては女優として演技の幅を広げるお仕事となったことと思います。

女優川栄李奈さんの代表作3・ドラマ『フランケンシュタインの恋』

2017年、川栄李奈さんは日本テレビ系日曜ドラマ『フランケンシュタインの恋』に出演しました。
元ヤンの工務店の従業員役の室園美琴を演じました。
男前なセリフや言動や所作など全てが板についていて、また新たな一面を見せてくれたことに、すっかり女優さんだなと感じました。

女優川栄李奈さんの代表作4・ドラマ『僕たちがやりました』

同じく2017年、川栄李奈さんはフジテレビ系ドラマ『僕たちがやりました』に出演しました。
このドラマで川栄李奈さんは、新里今宵という一見尻軽に見える女子高生の役柄を演じました。
しかし、この子いい子なんです。泣かせるんです。
どうしようもない彼氏と付き合っていたのですが、その彼との間の子を妊娠し、そしてそのダメ彼と別れます。
その別れのシーンが泣けるんです。
もうこの頃には川栄李奈さんは「憑依型女優」と呼ばれるようになり、女優としての地位を確立したかに見えます。
このドラマではラブシーンもあったのですが、川栄李奈さん曰く「NGはない」とのことで、女優として肝が据わっているなと感心させられました。

女優川栄李奈さんの代表作5・FNS27時間テレビ中のドラマ『私たちの薩長同盟』

“お龍”剛力彩芽「27時間」ドラマ主演!脚本バカリズムと初タッグ

川栄李奈さんが女優として輝きを見せた作品の一つとして、最後に敢えて変わり種としてどうしてもご紹介しておきたいのが、2017年の「FNS27時間テレビにほんのれきし」の中で放送された幕末ドラマ『私たちの薩長同盟』です。
川栄李奈さんは西郷隆盛の妻糸子役を演じました。
このドラマには超美系女優の藤井美菜さんも出演されていたのですが、主演のお龍役・剛力彩さんと川栄李奈さんとの3人で並ぶ3ショットでは、決して藤井美菜さんよりも美形とは言い難い後者のお二人のオーラが際立っているんです。
これが今売れている女優さんの力かと圧倒されるほどの迫力でした。

女優川栄李奈さんの現在地と今後の展望

川栄李奈さんは今年2018年、『嘘を愛する女』『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』『恋のしずく』と立て続けに出演映画の公開を控えています。
中でも『恋のしずく』では初の主演を張ります。
来年2019年にはNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』への出演も決定していて、女優としては順風満帆といった状態です。
オリコンのインタビューでは、

――昨年はたびたび、「自信なんか全くない」とおっしゃっていましたね。auのCM『三太郎』シリーズでの“織ちゃん”としても出演し、名実ともに人気女優として認知されていると思います。自信はついてきたのでは?
【川栄李奈】 私は「自信を持たないようにしている」タイプなんです。自信を持っちゃうと調子に乗っちゃうんですよ。 よしやるぞ!ってお芝居に対して自信を持つことも大事だと思うんですけれど。自分がたくさん出させていただいて、変に「いいな、いけるな」って思ったらこんな奴はすぐにいなくなっちゃうと思うので、わきまえています。謙虚な気持ちは意識してずっと持ち続けたいですね。

――とはいえ大活躍されていますから、少しくらい調子に乗ってもいいんじゃないですか?
【川栄李奈】 いやいやいや。絶対ダメです! 私なんてすぐに消えますから!!

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

と、その謙虚すぎる姿勢が自信を持たないようにしているところに起因していると答えています。
CMでの好感度も高いですし、今後ますますの活躍が期待されますね。
応援したいです。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ