【元乃木坂46】結婚報道があった畠中清羅についてまとめました

2018年早々、乃木坂46関連でおめでたいニュースとなったのが、畠中清羅の結婚報道でした。畠中清羅は元乃木坂46の1期生で、2015年4月に卒業し、その後も映画や舞台などで活動しています。結婚後は活動継続か。畠中清羅についてまとめています。

元乃木坂46畠中清羅

畠中清羅は1995年生まれ、大分市出身のタレントです。

2011年、15歳のとき、乃木坂46の1期生として加入しました。コギャルっぽい雰囲気で乃木坂46のなかでは異彩を放つメンバーでした。

見た目とは違い、優しい性格で交友関係が広く、メンバーから慕われていました。

2012年5月リリースの乃木坂46の2ndシングル「おいでシャンプー」で選抜入りを果たしました。

しかし2014年10月、「週刊文春」に畠中清羅の「お泊りデート」記事が掲載され、2015年4月には乃木坂46を卒業しました。

乃木坂46卒業後の畠中清羅

畠中清羅は、2015年乃木坂46卒業後も活動を継続させました。

2016年5月には、ソロファーストシングル「SOMEDAY / Dear My Friend / THIS WAY」をリリースしました。

また同年6月には、漫画原作者・放送作家・劇作家のオクショウが脚本・演出を担当した、舞台「ミエタミエナイセカイ」(新宿村LIVE)で、佐藤聖羅とともに主演を務めています。

オクショウは宮崎県出身で、乃木坂46の冠番組「nogibingo」で放送作家を務めており、畠中清羅の主演はその繋がりによるものでしょうか。

畠中清羅は、2017年4月公開の、山本暁監督による映画「華うつろ 花は咲く」で主演を務めました。

また同年、舞台「従軍看護婦 ~女たちの戦場~」や「女人劇 贋作・春のめざめ」でも主演しました。

畠中清羅、ブログで結婚報告

2018年1月9日、畠中清羅は自身の公式ブログに「結婚報告」と題する記事をアップしました。

それによると、相手は一般企業に務めている男性で、昨年秋に結婚したとのことです。「この人とならどんなにきつい試練があったとしても一緒に手を取り合って乗り越えていけると思える」と彼女は述べています。

同記事では、夫と畠中清羅と思われる薬指に指輪を付けた左手の写真が合わせてアップされており、結婚して幸せそうな雰囲気が窺われます。

元乃木坂46の永島聖羅も結婚を祝福

元乃木坂46の永島聖羅は、2018年1月9日自身の公式ブログで、畠中清羅の結婚を祝福しています。

永島聖羅と畠中清羅は、2017年11月の舞台で共演しており、その際に結婚のことを聞いていたといいます。

永島聖羅は、自分には結婚の予定はないと自虐的に述べつつ、「畠中の結婚生活に幸あれ」と言葉を贈っています。

結婚した畠中清羅は山口県へ

畠中清羅は、ブログで結婚相手に合わせて山口県に移り住むと述べました。

2018年1月10日には自身の公式Twitterで、すでに山口にいることを明らかにしました。湯田温泉駅の写真とともにツイートされています。

乃木坂46卒業メンバーで最初に結婚した畠中清羅

乃木坂46の1期生で卒業したメンバーは、畠中清羅を含めて11人います。

岩瀬佑美子は一時期、YouTubeに動画をアップしていました。おそらく音楽活動を続けているものと考えられます。

柏幸奈、深川麻衣、伊藤寧々、永島聖羅は女優・タレントとして活動し、市來玲奈は日本テレビのアナウンサーとなることが予定されています。

昨年卒業したばかりの伊藤万理華は写真集発売が決まっており、活動を続けるものとみられます。

橋本奈々未、中元日芽香は芸能界を引退し、安藤美雲は人材派遣会社の社員となりました。

芸能界を離れたメンバーの動向は伝わっておらず、結婚していても不思議ではありませんが、現在のところ、卒業メンバーで結婚したことが報じられたのは、畠中清羅が初めてでした。

畠中清羅、結婚後も活動継続

畠中清羅は、結婚してさらっと芸能界を引退してしまうのではと思われましたが、結婚後も活動を継続させると述べています。ファンとしては、ほっと胸をなでおろしたことでしょう。

畠中清羅は今後はどのように活動していくのでしょうか。おそらく以前よりは仕事量も抑えたものになるのではないでしょうか。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ