少年ジャンプと小説の意外な関係?ジャンプの小説の驚きの売上とは?

ジャンプというと漫画のイメージが強いですが、最近はライトノベルとして一番売れているなど小説も人気があります。またジャンプ小説・ノンフィクション大賞受賞者から人気作家が出ているなど意外と知られていないジャンプと小説の関係について調べてみました。

ジャンプの小説について

漫画のノベライズ作品は少なくありませんが、漫画の内容を文字にしただけのものが多く、売り上げは大したことがないものがほとんどでしょう。

しかし、ジャンプ漫画の小説版と言えるジャンプジェイブックスは一般文芸やライトノベルなどが売り上げ不振が中でもかなり好調です。

新書フィクションの2017年のランキングのトップ10のうち9冊がジャンプジェイブックスになっているのは驚きの事実と言えます。

ジャンプの小説関連の情報を調べてみました。

ジャンプの漫画の2次創作小説も簡単にご紹介します。

ジャンプ ジェイ ブックスについて

ジャンプジェイブックスはかつて刊行されていた週刊少年ジャンプの増刊号ジャンプノベルに掲載された小説を収録するために創刊されたライトノベルのレーベルです。

少年ジャンプに連載されている漫画の小説化作品が多いですが、ジャンプ小説新人賞受賞作品なども刊行されています。

以前は漫画のキャラクターが登場しているだけの小説で中身は別物と言われたり、漫画のストーリーを無理矢理文字にしたような小説が多かったですが、現在では最も売れているライトノベルのレーベルになっています。

現在では、漫画のファンが読みたくなるような小説を意識しているとのことですが、これがヒットの理由かもしれません。

一番うまくいったのは銀魂の小説とのことですが、BLEACHの小説などもうまく原作の内容を補完していると言われて好評なようです。

おそまつさんの小説もジャンプジェイブックスから発売されています。

ジャンプの小説雑誌ジャンプノベルについて

ジャンプの小説雑誌ジャンプノベルとは?

かつて週間少年ジャンプの増刊号として年2回刊行されていたジャンプノベルと言う小説雑誌がありました。

ジャンプノベルに掲載された小説はジャンプジェイブックスとして発売される体制になっていました。

またジャンプノベルの創刊と同時にジャンプ小説・ノンフィクション大賞が創設されました。

残念ながら1999年9月に休刊になりました。

ジャンプ小説新人賞とは

ジャンプノベル休刊と同時にジャンプ小説・ノンフィクション大賞は募集対象からノンフィクション作品を外して、名前をジャンプ小説大賞に改めた後2007年にジャンプ小説新人賞に名前を変えました。

初期の頃は受賞作がジャンプジェイブックスとして刊行されないこともありました。

受賞者の中には直木賞作家の中山由佳さんや、日本を代表するSF作家の1人と言われる河出智紀さん、複数のペンネームで幅広いジャンルを手がける乙一さんと言った有名な作家さんもいます。

2018年のジャンプ小説新人賞の募集期間は2018年10月31日までです。

応募はウェブからのみ可能で、公式ホームページに応募フォームがあります。

ジャンプ ホラー小説大賞について

ジャンプホラー小説大賞はジャンプ小説新人賞とは別に2015年から募集が始まった集英社主催の公募新人文学賞です。

広義のホラーと呼べる作品ならばそれほど内容は問われずに応募できるようです。

2018年の第4回ジャンプホラー小説大賞の最終応募締め切りは2018年の6月30日です。

ウェブ応募の場合は公式ホームページから応募可能です。

ジャンプ恋愛小説大賞について

2018年からジャンプ恋愛小説大賞の応募も始まっています。

締め切りは2018年の2月28日までになっています。

やはりウェブ応募は公式ホームページから可能です。

ジャンプの2次創作小説について

ジャンプの2次創作小説について

ネットにはジャンプの漫画の2次創作小説が相当な数存在します。

2chにはジャンプの小説のスレがありますし、イラストサイトのpixivにもジャンプの小説がかなり投稿されています。

基本的にファンが楽しむための小説ですが、それなりに楽しめる作品も多いですし、中には傑作と呼べるものもあるかもしれません。

読んだ人の反応も見ることができるので、腕試しにこういったところに自分の書いた小説を投稿してみるのもいいかもしれません。

ジャンプの小説についてまとめ

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ