テレビ東京放送で大人気「池の水全部抜く」これまでの放送内容まとめ

    2017年1月から不定期にテレビ東京で放送されているドキュメントバラエティ番組「池の水全部抜く」。タイトルを聞くだけですぐに内容が連想できるこの「池の水全部抜く」のこれまでの放送内容をまとめて、併せて水の抜き方や外来生物についてもまとめてみましょう。

    「池の水全部抜く」まとめ 高評価?どんな番組なの?

    日曜ビッグ 緊急 SOS危険生物から日本を守れ全国一斉大調査 1月15日 170115

    池の水って抜くことが出来るんですね、初めて知りました。

    「池の水全部抜く」は2017年1月から不定期にテレビ東京『日曜ビッグバラエティ』枠内で放送されているドキュメントバラエティ番組です。汚水が溜まり悪臭がする池を状況改善するために、また外来種を駆除するべく文字通り池の水を全部抜いてしまうという企画です。池の水を抜く方法、底の泥から出てくる大量のごみ、時代を感じさせる様々な物、そして大量の外来生物種と貴重な日本種生物、と興味深い物が次々と画面に現れて高い評価を得ています。

    「池の水全部抜く」 水抜き方法まとめ

    カワセミ

    綺麗な池に戻ってほしいですね

    ポンプで池の水を抜くそうですが・・・

    これは井戸のポンプ。池の水はこれで抜くわけではありません。

    池の水を抜く方法は、まず水門を閉じてポンプで池の水を吸い上げて排水溝へ捨てます。
    但し排水溝は手近なところにあるとは限らず業者がウェットスーツを着込んで池の中へ入り排水溝を探し出します。
    直径10メートルクラスの池だと5時間、小ぶりな湖クラスだと1週間程度時間がかかります。
    水を抜くだけで早くも魚や亀を見ることが出来ますが、池をきれいにするためにはさらに池の底にたまったヘドロを吸い出します。。生物の姿が画面に映り始めると俄然番組は盛り上がります。

    「池の水全部抜く」 外来生物種のまとめ

    ミドリガメ

    都心の池や川でも見かけますが・・

    アリゲーターガー

    池で見つけたらびっくりしますね。

    「池の水全部抜く」は池に生息する外来種、在来種についてわかりやすくまとめられています。
    池の底で目立つ外来種はミドリガメです。
    お祭りや縁日、ペットショップで手軽に販売しており飼育も簡単なので育てている人も多いですが、飼育が面倒になると殆どの人が近所の池や川に放流してしまいます。
    「自然に帰るからいいんじゃない。」と思うでしょうが、雑食で生命力が強いミドリガメは在来種を餌として食べつくし、その糞が池の底にたまりヘドロとなるのです。
    同様に在来種を食べつくしてしまう生物はウシガエル・ライギョ・ザリガニもあります。
    かつて食用・ペット用として輸入した生物、当時は必要性もあったでしょうから簡単には解決できない事情が垣間見えます。

    「池の水全部抜く」まとめ 過去の放送その1

    MCの一人田村淳さん

    田村淳さんと「池の水全部抜く」とはイメージが繋がりませんが、田村さんは「池の水全部抜く」の企画面白さを見抜いたのでしょうか。

    「池の水全部抜く」
    第1回放送は2017年1月15日 MCは田村淳さんとココリコ田中直樹さん
    リポーターは的場浩司さんと井戸田潤さんでした。
    日曜ビッグバラエティの枠内で放送されています。因みに同枠では巨大岩の除去をあばれる君がレポートで放送しています。

    【第1回番組内容 まとめ】
    品川区の神社内にある池に田村淳さんが向かうと、15人程度の年配の方がお待ちかね。
    30年以上水抜きをしていないので悪臭がする。田村さんも作業に参加すると梯子から滑って池に落ちるハプニング! 作業を続けているうちに近所から多くのギャラリーが集まってくるのでした。

    【第2回番組内容 まとめ】
    1回目の放送が好評を博して早くも第2回が放送されます。
    「池の水全部抜く」、池の底には何が眠っているんだろう、多くの人が興味を持っていたのですね。
    田村淳さん田中直紀さんに続いてあばれる君と箕輪はるかさんが参加しました。
    第2回目の内容の見どころをまとめると都会育ちの箕輪はるかさんが当初はイヤイヤ泥にの中に入るものの久しぶりに見るオタマジャクシに感動する場面
    あばれる君がやっぱり転んで水浸しの泥まみれになるところが注目です。

    「池の水全部抜く」まとめ 過去の放送その2

    もう一人のMC ココリコ田中直樹さん

    離婚というプライベートなゴタゴタがありましたが、メディア出演に影響がないのは人柄のせいでしょうか。

    レポーターとして参戦した伊集院光さん

    どうしても出演したい、とテレビ東京に直訴したそうです

    【第3回番組内容 まとめ】
    タレントの伊集院光さんがレギュラーをしているラジオ番組にて「『池の水全部抜く』が実に面白い、出たい!」と熱く語り、テレビ東京に出演を直訴したところ夢がかないました。
    見どころのまとめとして
    千葉県習志野市の池に向かう伊集院光さん、水を抜き外来種の駆除をするものの徐々に泥が乾いてしまい、はまって動けなくなってしまう、水を抜くとは泥と格闘することと認識される放送回でした。

    【第4回番組内容 まとめ】
    何と女優の芦田愛菜さんが自らの出演希望で「池の水全部抜く」に挑戦します。
    見どころをまとめると
    日比谷公園で田村淳さんとアイドルの小島瑠璃子さんが泥の中を進むとなんと江戸時代の瓦を見つけます。鯉は外来種なのだが池を訪れる人たちの憩いとなるので放流。最後に泥を吸い上げることでみるみる泥の量は減るのでした。

    「池の水全部抜く」まとめ 過去の放送その3

    ゲストレポーターは小泉孝太郎さん

    泥まみれになることも厭わず亀やカエルを捕まえる姿が好印象でした。

    【第5回番組内容 まとめ】
    大阪府枚方市の山田池・神奈川県横須賀市光の丘水辺公園が舞台となります。
    見どころをまとめると
    「池の水全部抜く」番組始まって以来最大の池であり水抜きをするのに1週間を要し、外来種駆除にはたも網ではなく漁で使う網を使うのでした。
    水辺公園が貴重なトウキョウサンショウウオを保護するためブラックバスとアメリカザリガニを駆除。その場で調理して食べてしまうのでした。

    【第6回番組内容 まとめ】
    正月特番として放送。平野ノラが参加します。
    見どころのまとめとして、まずは過去に水抜きした池のその後のレポート、綺麗になった池にカワセミが現れるという嬉しい報告。
    埼玉県草加市のそうか池が舞台となると田中直樹さんと平野ノラさんが池に入りますがノラさんが泥にはまるとバブルネタどころではなくなります。10トンのヘドロを吸い込み作業は終了となります。

    「池の水全部抜く」裏話

    カミツキガメです。随分と大きいですね

    放送回数を重ねるごとに地元の方が作業に参加して、その人数も増えていきました。

    わずか6回の放送ですが裏番組の視聴率をことごとく上回った「池の水全部抜く」ですが
    こんな裏話があります。放送できないもの、大人のおもちゃ・人骨・拳銃が出てきてしまい困った事。
    また「池の掃除」という目的で池の水抜き許可を市からとったものの予告は宝探しのような内容だったため許可取り消し・撮影が中止になった事がありました。
    伊集院光さんは「路線バスの旅のように初期はルールらしいものはなく適当に勢いでやっているうちが面白かったのに、視聴率が取れると急にエンターテイメントとして番組の方向性を固めてしまうのは如何なものか」と苦言を呈していました。
    早くも定期放送決定と噂の「池の水全部抜く」、方向性がぶれることなく地元の手助けとなるような番組を長く続けてほしいものです。

    関連するまとめ

    このまとめに関するまとめ

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ