記事ID135295のサムネイル画像

成宮寛貴の気になるドラマを調査!人生と重なる役柄を演じていた?

2016年の騒動から、突然人前から姿を消してしまった成宮寛貴。それまでは、毎年多くのドラマに出演し、テレビでよく見かけていましたね。成宮寛貴の出演した気になるドラマと、成宮寛貴は今は何処で何をしているのかも一緒に調べていました!

成宮寛貴とは

まずは、成宮寛貴のプロフィールです。

本名    平宮 博重
別名義  平宮 博重(旧芸名)
生年月日  1982年9月14日(35歳)
出生地  東京都
血液型  A型
職業    俳優
活動期間  2000年 - 2016年

成宮寛貴は、子供のころに両親が離婚、小学4年生のときに新宿区のアパートに母親と6歳下の弟と引っ越してきたそうです。
まだ中学生だった14歳の時に、お母さんが亡くなり、生計を立てるために、高校には進学せず働くことに決め、引越しや運送のアルバイトなどをしてお金を稼いでいたそうです。
この頃、新宿2丁目のゲイバーで働いていたとも噂されています。

お母さんが亡くなった後は、弟さんにお弁当を作るなど、弟さんの世話をしていたそうです。
芸能界に入ったのは、
「どうやったら弟を支えられるんだろうと思っていたときに、偶然俳優のオーディションの話をいただいて、受けたのがきっかけ」
だそうです。

でも、
「前に前に出ていかなきゃいけないんで、芸能界向いてるのかな、って毎回悩んだりします」
「中卒の自分に何ができるか」
と、悩んだそうです。

しかし、芸能界に入ってからは、数々の作品に出演し、その甘いマスクと演技で、人気俳優となりました。

そんな絶好調だったように見えた成宮寛貴の芸能活動が、突然終わりました。
2016年12月、週刊誌『FRIDAY』で違法薬物を使用した疑惑などが報じられたのです。
所属事務所が成宮寛貴の薬物鑑定をした結果、
「本人の薬物使用を裏付ける客観的事実は確認できなかった」
のですが、12月9日、成宮寛貴本人が、

「これ以上自分のプライバシーが人の悪意により世間に暴露され続けると思うと自分にはもう耐えられそうにありません」
「関係者や身内にこれ以上の迷惑を掛ける訳にはいかない」
「今すぐこの芸能界から消えてなくなりたい」

と書かれた自筆コメントを発表し、あっという間に人前から消えてしまったのです。
記者会見なども一切ありませんでした。

それから暫く音沙汰が無かったのですが、2017年、成宮寛貴がインスタグラムを始めていることが分かり、
「ドイツに住んでいた」
「今はスウェーデンに住んでいるのではないか」
と模索されています。

そんな成宮寛貴ですが、芸能活動中は、数々のドラマに出演していました。
気になるドラマを選んで見てみます。

成宮寛貴の気になるドラマ - 2002年『ごくせん』

2002年に放送された仲間由紀恵主演の学園ドラマ『ごくぜん』の第1シリーズに、お洒落な男子高生、野田猛役で、成宮寛貴が出ていましたね。
まだ芸能活動を始めて間もない頃の成宮寛貴が、松本潤や小栗旬らと共に出演していました。
主演の仲間由紀恵も、このドラマがきっかけで大ブレイクしましたし、他の出演者も、まだまだ若手で知られていない俳優でしたが、その後、大物俳優になっています。

成宮寛貴もこの年、J-PHONEのCMに出演し、人気が上がってきました。

ドラマの内容は、任侠集団(原作ではヤクザ)の家庭で育った熱血教師山口久美子が、私立の男子高校で、不良ばかりの3年D組の担任教師として、生徒たちと奮闘、次第に生徒の信頼を集め、生徒を成長させていくというストーリーです。

この2002年、成宮寛貴は多くのドラマに出演していました。
『木更津キャッツアイ』、『サラリーマン金太郎3 第3話』、『フォーチュンの扉 / 超V.I.P. 第4話』、『大河ドラマ 利家とまつ〜加賀百万石物語〜』、『少年たち3』、『オカンは宇宙を支配する』、『成りあがり』と、デビューから間もない成宮寛貴ですが、多くの仕事をこなしていたようです。

成宮寛貴の気になるドラマ - 2003年『高校教師』

2003年のドラマ『高校教師』に出演していました。
この高校教師は、藤木直人と上戸彩が主演の、高校教師と女子生徒の禁断の愛がストーリーです。
1993年に同タイトルで放送されたドラマの続編でした。

成宮寛貴は、上谷 悠次というホストの役で出演していました。
女子高生を食い物にし、現実世界を単なるゲームと考え、刹那的な快楽を追い求めるという、決して良い人の役ではありませんでしたが、この役を見事演じ切り、更に俳優として磨きがかかりました。

成宮寛貴の気になるドラマ - 2004年『オレンジデイズ』

2004年のドラマ『オレンジデイズ』にも出演していました。
主演は妻夫木聡と柴咲コウで、病気で聴覚を失ったことにより心の扉を閉じてしまった女子大生役の柴咲コウと、手話が堪能なことから、喧嘩もしながら徐々に柴咲コウの心を切り開いていく大学生役の妻夫木聡のラブストーリーが中心の、若者の青春ドラマです。

ここで成宮寛貴は、主人公たちと同じ大学に通う仲間、相田 翔平役を演じています。
女関係が派手で、問題を抱えながらも、腹違いの妹と2人で古いアパートで暮らし、カメラマンのバイトをしながら生計を立てているという役柄でした。

何だか、成宮寛貴本人の人生と重なるところがあると思いませんか。

瑛太や山田優、上野樹里、白石美帆、小西真奈美、沢村一樹なども出ていました。

成宮寛貴の気になるドラマ - 2008年『ハチミツとクローバー』

2008年に放送されたドラマ『ハチミツとクローバー』に出演していました。
主演は、当時『神童』などで注目を集めていた女優の成海璃子でした。
美術大学に通う仲間たちの、恋愛や友情、才能や生き方の迷いなどを描いた青春ドラマです。
2006年には映画も作成されていて、コミック、映画、それにテレビドラマと、人気のストーリーでした。

成宮寛貴は、ここで主人公の仲間である森田忍役を演じています。
素晴らしい才能を持っているが、変人であり、暫く姿を消すと大金を稼いで戻って来るという謎の人物でもありましたが、実兄と共に、父が奪われた会社を取り戻すなど、家族を守る正義感ある役柄を演じていました。

成宮寛貴の気になるドラマ - おすすめの2010年『ヤンキー君とメガネちゃん』

2010年には、成宮寛貴初の地上波の連続ドラマ単独初主演作『ヤンキー君とメガネちゃん』が放送されました。

主役の品川大地役を演じ、進学高に通うヤンキーで、将来が見えず孤独な生活を送っていたが、元ヤンキーで同クラスの女子との出会いから生活が一変、生徒会の副会長に就任し、タバコも止め、生徒たちの相談にも乗り、少しずつ周りから認められていくというストーリーです。

成宮寛貴の気になるドラマ - 2012年からの『相棒』

2012年から放送された刑事ドラマ『相棒』のseason11 第1話 - season13 最終話 と、season15 最終話に出演していました。
この相棒は、人気ドラマで、2000年から始まり、season17まで作られています。
相棒役は、寺脇康文、及川光博、成宮寛貴、反町隆史と4代に渡り変わっていて、どの相棒かでそのドラマの味も変わっていて、変化ありの面白いドラマです。

成宮寛貴が演じたのは、所轄から引き抜かれて、主役の杉下右京の相棒となった甲斐享役でした。
特命係に在籍中、親友の妹が殺された事件に端を発した暴力事件の犯人として逮捕、特命係を去ると同時に、懲戒免職となってしまいました。

成宮寛貴の気になるドラマ - 2016年『不機嫌な果実』の動画もどうぞ

2016年のドラマ『不機嫌な果実』にも出演していました。
これは、男女関係、夫婦関係、不倫のドラマでしたね。
見てはいけない物みたさに、見てしまった人もいるのではないでしょうか。

主演は栗山千明、その他にも、色気があって美しい橋本マナミ、稲垣吾郎が出ていましたね。

成宮寛貴は、栗山千明が独身の時の元不倫相手で、既婚者ですが、常に複数の女性と交際を続けている大手広告代理店に勤務する野村 健吾役でした。

成宮寛貴の気になるドラマ - 最後のドラマ出演、2016年『IQ246〜華麗なる事件簿〜』

2016年のドラマ『IQ246〜華麗なる事件簿〜』は、織田裕二が主演のドラマでした。
IQ246の天才的頭脳を持つ現代の貴族男性が、その頭脳を使い、さまざまな事件を推理し活躍するという、少し、古畑任三郎を思い出させるような感もあるドラマでした。

そこで成宮寛貴は、第5話に千代能 光一役で出ていました。
拡張現実など最新技術を駆使した2人組アートユニット「バナナ&チョコ」の1人という役柄でした。

このドラマに出演した直後に、成宮寛貴は芸能界を去ったので、これが最後のドラマになりました。

成宮寛貴の出演ドラマを調査して分かったこと

成宮寛貴は、デビューから毎年数本のドラマに出演していました。
仕事は多く、順調だったように見えます。

役柄は、個性的で、ホストであったり、ヤンキーであったり、ハチャメチャな部分もあるけど、でも、心優しく家族思いという点など、何となく、成宮寛貴本人から遠くない役柄だったのではないかと言えます。

成宮寛貴の騒動が起こった後も、彼の出演したドラマは再放送も始めています。

薬物が単なる噂なら、そんなことで、よい味を出せる若い俳優が消えてしまったことは、本当に残念なことですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ