黒執事実写版や豪華客船編の映画の評価などについてまとめてみました

映画黒執事は水嶋ヒロさん主演の実写版や豪華客船編をアニメ化した「Book of the Atlantic」などが公開されています。映画黒執事の評価などについて調べてみました。海外での黒執事の評価のたかさについてもご紹介します。

映画黒執事の評価などについて

黒執事の映画は実写版やアニメ黒執事Book of the Atlanticなどが公開されています。

実写映画は水嶋ヒロさんがセバスチャンを演じる事でも話題になりましたが、評価はどうだったのでしょうか?

黒執事の実写映画やキャストの評価、アニメ「Book of the Atlantic」の評価などについて調べてみました。

実写映画黒執事の評価について

実写映画黒執は水嶋ヒロさん主演の実写映画です。

ファントムハイヴ家がアジアの某国に渡って幻蜂家と名前を変えていると言う設定で、セバスチャンは原作のセバスチャンと同一人物と言う設定で幻峰清玄はシエルの子孫と言うことのようです。

漫画の実写化映画ではよくあることだと思いますが、原作ファンの評価はあまり高くなく原作を知らない方が楽しめると言う評価が多いようです。

やはり、キャストが日本人だと言うことで原作ファンの評価はどうしても厳しくなってしまいますが、映画の出来そのものはそれほど悪くないと言えるのではないでしょうか?

しかし、原作を知らないとセバスチャンが悪魔であることを理解できないというレビューをしている人もいて、原作未読の人には少しわかりづらい映画になっているようです。

実写映画黒執事のキャストの評価について

実写映画黒執事のキャストについての評価ですが、やはりどこまで原作のイメージを再現できているかといったところが、評価を左右しているようです。

そもそも、原作の登場人物はセバスチャン以外ないわけですが、原作に対応した登場人物が多いので当然比較されることになります。

個人的に水嶋ヒロさんはセバスチャンの雰囲気に合っていると思うのですが、この辺についても評価の分かれるところで、全く合わないと言う声も少なくありません。

剛力彩芽さんがシエルに当たる清春を演じているわけですが、女性が少年を演じているわけではなく実は性別を偽っているというのも問題かもしれません。

原作のマダムレッドに対応している若槻華恵を演じている優香さんは比較的評判が良いようですが、実写映画黒執事のキャストへの評価は厳しいものが多いようです。

映画黒執事Book of the Atlanticの評価について

映画黒執事Book of the Atlanticは2017年に公開された映画です。

現実に起こったタイタニック号の沈没を元にした豪華客船編をアニメ映画化した作品で、基本的に原作に忠実に映像化されています。

シエルの婚約者のエリザベスの強さやアンダーテイカーの正体が判明するなどかなり黒執事の原作でも重要なエピソードだと考えられます。

原作との違いについてWチャールズが乗船すると言う点がありますが、話に大きく絡んでくるわけではありません。

どうしても尺の関係で映画では病院を訪れるシーンなどカットされてがあるわけですが、重要なシーンがカットされている場合もあるのでこの点に関して評価の分かれるところです。

テレビアニメではなく映画化されていることにも、批判がありますが映画の方がクオリティーが高くなりますから、豪華客船編の映画化に関しては好意的な評価もあります。

特に映画黒執事Book of the Atlanticは戦闘シーンが多いので、迫力のある大スクリーンで観たかったと言うファンは少なくないようです。

批判もありますが、映画黒執事Book of the Atlanticの評価は概ね好評のようです。

黒執事の海外の評価について

黒執事は海外でもかなり評価が高いようです。

少し情報が古いですが、2011年上半期の北米の漫画売り上げランキングでは、黒執事が4位に入っていると言うことです。

フランスでは特に黒執事は人気と言われています。

ジャパン・エキスポアワードで黒執事は2010年の漫画本の少年漫画賞、2011年のアニメ部門原作付き作品賞を受賞しています。

フランスの高校生のクイズでは「フランスのマンガ喫茶で1番人気のは漫画はどれ?」という問題の答えが黒執事だったらしいです。

イギリスのアニメ人気キャラクターのランキングでセバスチャンが4位に入ったこともあるようなので、黒執事が海外で人気があると言うのは間違いない事実のようです。

黒執事の映画が海外でどんな評価なのか気になるところですが、これに関してはそれほど情報がありません。

実写映画の香港での評価についてコメントの日本語訳がネットに公開されていますが、やはり原作とは違うと言うことで評価は今ひとつのようです。

映画黒執事の評価などについてまとめ

映画黒執事の評価などについてまとめてみました。

Book of the Atlanticの評価は良いようですが、実写版黒執事の評価は予想通り良くありませんね。

しかし、別物として見れば悪くないという声も意外と多く映画自体の出来自体は悪くないようです。

元々実写化に向いているとは思えない作品なので検討したといえるのかもしれません。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ