記事ID134302のサムネイル画像

女優・川島海荷ってどんな子?どんなドラマに出演していたっけ?

最近、朝の情報番組『ZIP』の総合司会を務めている川島海荷さんをご存知ですか?まだまだ初々しい川島海荷さんですが、意外にも子役としてドラマに出演されていた過去がありました。なかなかキャリアのある川島海荷さんの出演していたドラマや映画をご紹介していきます。

川島海荷ってどんな人?

最近、よく見かけるようになった川島海荷さんをご存知でしょうか?ドラマや映画に出演されている他、2016年10月より、日本テレビ系情報番組『ZIP!』の総合司会を務めている可愛い子です。

まだ若手の女優さんですが、着々と女優としての足場を築いているようす。今回はそんな川島海荷さんの魅力をタップリとお届けしていきます。

川島海荷のプロフィール・新垣結衣が好き?

川島海荷さんは1994年3月3日生まれ、埼玉県新座市のご出身です。レプロエンタテインメントに所属していて、明治大学文学部を卒業した才女でもあるようです。

そして川島海荷さんは2005年に渋谷でスカウトされて子役デビューし、2007年に9nineというレプロエンタテイメントが作ったモデル、歌手、女優、声優、DJで構成されたパフォーマンスガールズユニットに加入し、2016年に女優に専念する為に9nineを卒業しました。

因みに川島海荷さんの憧れの女優は宮崎あおいさん、新垣結衣さん、柴咲コウさんで、共演したい俳優は福山雅治さんなんだそうです。

川島海荷ってどんなドラマに出演してた?

このドラマの主演は田村正和さん、その奥さん役は内田有紀さんでした。

川島海荷さんはTBSドラマ『誰よりもママを愛す』で子役デビューしました。その後、コンスタントに女優業の仕事に恵まれているようです。

ドラマ『ブラッディ・マンデイ』で三浦春馬と共演

このドラマの主演は三浦春馬さんで、その妹役が川島海荷さんでした。他にもまだ若手だった佐藤健さんや 片瀬那奈さん、 成宮寛貴等、豪華なキャストだったんですね。

川島海荷さんはTBSドラマ『ブラッディ・マンデイ』のSeason1と2に高木遥役で出演されていました。この時にはかなりの演技力を発揮していましたね。

ドラマ『華和家の四姉妹』

川島海荷さんはTBSドラマ『華和家の四姉妹』にも出演されています。このドラマはキャストが凄い豪華で、長女の華和竹美役が観月ありささん、次女の藤子役が吉瀬美智子さん、三女の桜子役が 貫地谷しほりさん、そして四女のうめ役が川島海荷さんでした。

4人共、なかなか濃いキャラで川島海荷さんが演じたうめは恋愛経験はゼロで潔癖症という役どころでした。

ドラマ『朝が来る』

このドラマの主演は安田成美さんでした。

川島海荷さんはフジテレビドラマ『朝が来る』にも片倉ひかり役で出演されていました。ドラマ『朝が来る』は辻村深月さんが執筆したミステリ小説で、2016年にドラマ化されました。

ドラマで玉森裕太や綾野剛とも共演

他にもドラマTBSドラマ『ぴんとこな』では、 玉森裕太(Kis-My-Ft2)さんと胸キュンラブストーリーを演じたり、『ヘブンズ・フラワー The Legend of ARCANA』では、綾野剛さんと共演されました。

川島海荷の初主演はドラマではなくて映画だった

子役の頃から様々なドラマに出演されている川島海荷さんですが、意外にも初主演は映画『携帯彼氏』だったようです。この『携帯彼氏』の原作は携帯Web小説に掲載され、約180万人の読者を記録しています。

ストーリーを簡単に説明します。主人公である里美の友人が謎の怪死を遂げました。友人の死の真相を探るために里美は、事件の原因と目されている恋愛シミュレーションゲーム「携帯彼氏」を携帯サイトからダウンロードします。

そこには事故で亡くなった里美の恋人で、とある事件の容疑者となっている直人に似たキャラクターがいました。奮闘する里美は、怪死事件の真実へ近づいていく物語になっています。

川島海荷さんはこの映画で主人公の上野里美役を熱演されました。

川島海荷は期待の女優

川島海荷さんは子役の時から様々なドラマに出演されています。その演技力は、子役の頃こら定評があるようです。まだ主演を務めたドラマや映画は数える程しかありませんが、着々と力をつけている女優さんなので、これからが楽しみですよね。

それに演技力のある女優さんは、どんな作品にも嵌まるのが凄い事だと思います。名脇役で長くメジャーな作品に出演し続けるのって結構難しいですのでね。川島海荷さんがどんな女優さんになっていくのか、これからも注目していきたいと思います。

川島海荷さんのこれからの活躍に期待しましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ