ネタバレアリ!名探偵コナンマニアがおすすめ映画を紹介します。

名探偵コナンの映画あなたは見たことありますか。私は全ての作品を見ています。正直、名探偵コナンの映画は全部好きで順位はつけられないのですが、今回はその中からいくつかピックアップしてネタバレしつつおすすめ映画を紹介したいと思います。ネタバレを見たくない方は要注意!

名探偵コナンの映画はどれも見逃せない!

突然ですが、私は名探偵コナンが大好きです。

小学生の頃からずっと見ていて、コミックは全巻購入済み。

有料動画配信サイトに登録し、毎日名探偵コナンのアニメを見返しているほど。

もちろん映画もすべて見ております!

名探偵コナンの映画はどの作品も素晴らしく、ネタバレしてても、何度見ていても、飽きませんよ!

あなたはどの作品が好きですか?

今回は私の選ぶ名探偵コナンのおすすめ映画作品を紹介したいと思います。
あらすじのネタバレや、最後の方に起こる話も書いてあるので、ネタバレしてほしくない方は要注意です!

ネタバレアリ!名探偵コナンおすすめ映画「純黒の悪夢」2016年

名探偵コナン劇場版第20弾となった「純黒の悪夢(ナイトメア)」。

黒ずくめの組織の新たなメンバーが登場し、公安警察である安室透やFBIの赤井秀一も大活躍する作品なので、安室さんや赤井さんファンからするとたまらないストーリーとなっています。

実は私も安室さんと赤井さんファンで、この映画もう3,4回は見ています。

映画全体を通してアクションシーンが盛りだくさん。

ハラハラドキドキする展開となっています。

ネタバレありでストーリーを説明すると、黒ずくめの組織のメンバーであるキュラソーが日本警察に侵入し、情報を持ち出そうとするところから始まります。

しかしすぐに見つかり、安室や赤井とのカーチェイスに発展。
そのとき起こる事故により、記憶喪失となってしまいます。

そのまま東都水族館に迷い込み、園内のベンチで動けずにいました。

ちょうどそのころ、阿笠博士とコナン達も偶然東都水族館に遊びに来ていて、様子のおかしいキュラソーをコナンが発見。

記憶喪失と分かったところで、キュラソーを連れ、少年探偵団たちと共に記憶を取り戻すべく動き出します。

キュラソーは園内を少年探偵団たちと楽しそうに周り、純粋な子どもたちの言動を微笑ましく見ていました。

しかし、別行動をしていたコナンと灰原哀はキュラソーが黒ずくめの組織の一員なのではないかと疑い始めるのです。

そんな感じでストーリーが進んでいくのですが、キュラソーは記憶を失っている間に少年探偵団たちとの間に絆が生まれ、最後は記憶が戻ったにも関わらず、自分から組織を裏切り、少年探偵団たちのピンチを救ってくれるのです!

この最後のシーンが悲しくて切なくて…

ネタバレアリの記事なので最後のシーンがどうなるかも書いちゃっていいいのかもしれませんが、ここはぜひ実際に見てほしいです!

なんとも言えない気持ちにさせてくれますよ。

この映画ではコナンの推理はあまりありませんが、名探偵コナン原作で重要となるキャラも大勢登場し、個人的には見ごたえのある作品だと感じました。

何度も見てネタバレしていても、また見たいと思いますからね。

ネタバレアリ!名探偵コナンおすすめ映画「業火の向日葵」2015年

名探偵コナンおすすめ映画その2は2015年に公開された「業火の向日葵」。

この作品では怪盗キッドが登場します。

今回は、ゴッホのひまわりにまつわるお話です。

ではこちらもネタバレありで説明しますが、まずニューヨークで開催されたオークションで、ゴッホが2番目に書いた「ひまわり」の模写が出品され、それを鈴木財閥の相談役・鈴木次郎吉が3億ドルで落札します。

鈴木次郎吉は世界に散らばるゴッホの「ひまわり」7つを全て集め、日本で「日本に憧れたひまわり展」という名の展示会を開催したかったのです。

しかし、オークション会場には突如怪盗キッドが現れ、場は騒然とします。

警備主任のチャーリーがキッドを追跡しますが、キッドは閃光弾を放ち逃亡。

その後キッドは工藤新一になりすまし、サンフラワージェットで次郎吉や鈴木園子、「ひまわり」を守るために集められた「7人のサムライ」達と共に羽田空港へ向かいます。

しかし空港を間近にして貨物室で爆弾が爆発!

「ひまわり」は機外に飛んで行ってしまいます。

ここでキッドは新一の変装をとき、飛んで行った「ひまわり」を取り戻し、ハンググライダーで空港ビルまで飛んでいきます。

機内の人たちはパニックでキッドには気づきませんでしたが、羽田空港にいたコナンが上空にいるキッドを発見。

キッドは取り逃がすも「ひまわり」は無事取り戻すことに成功します。

この飛行機の爆破がキッドの仕業じゃないかと勘ぐる人々、「キッドは人殺しをするような人じゃない」とキッドをかばう園子、キッドに罪をかぶせようとした誰かの犯行ではないかと考えるコナン。

その後も「ひまわり」をめぐり事件が起こります。

様々な障害を乗り越えつつ「日本に憧れたひまわり展」が開幕するのですが、ここでも問題が発生し…。

あぁもうどうなっちゃうのー!と思わず叫びたくなっちゃうようなストーリー。

誰が犯人なのか最後まで分からない!

そして犯人が判明した後には、コナンとキッド、蘭が美術館の崩落に巻き込まれ大変なことになります。

蘭はキッドが助けてくれるのですが、コナンが絶体絶命のピンチに!

最後のこのシーン、もちろん助かるのは分かり切っていることなのですが、見ていて本当に泣きそうになりました。

個人的に今回の名探偵コナン映画の裏の主役はキッドだったかなと感じましたね。

キッドの人柄の良さが良く分かります。

特にキッドファンには支持される映画じゃないかなぁと思います。

おすすめは映画はまだまだ。「絶海の探偵」「ベイカー街の亡霊」

名探偵コナンのおすすめ映画はまだまだあります。

というか正直全部好きなので紹介しきれません!

なので今回は最後に「絶海の探偵」と「ベイカー街の亡霊」を紹介して締めくくろうかと思います。

まず「絶海の探偵」。

これは2013年に公開された名探偵コナン映画です。

蘭、園子、コナン達少年探偵団、毛利小五郎がイージス艦の体験航海に臨んだのですが、やはりここでも事件が発生してしまうんですよね。

左腕を失った自衛隊員の遺体が見つかった上に、イージス艦内にある国のスパイXが乗り込んでいることまで判明。

最後の方のネタバレ話ですが、コナンが服部平次や阿笠博士と連絡を取りながら、事件を解決に導いていくのですが、最後に蘭とスパイXが大乱闘!

なんと蘭が海に落とされてしまうのです!

それに気づいたのはスパイXを捕まえた後。
蘭は助かるのか!

他の名探偵コナン映画のネタバレにもつながってしまいますが、なんだか蘭って何度も水難事故にあっているような気がします。

こちらも最後のシーンのネタバレは控えますので、蘭がどうやって救出されるのか、必見ですよ。

続いて「ベイカー街の亡霊」。

こちらは2002年に公開された映画です。

ではネタバレありで解説します。

米花シティホールで仮想体験ゲーム機「コクーン」の完成披露パーティに参加したコナン達。

パーティの最中に殺人事件が発生するのですが、この事件の手がかりがゲームの中にあることが判明します。

その手がかりをつかむためにコクーンの中に入るのですが、ゲームのシステムが人工知能「ノアズアーク」に占拠されてしまい、ゲームに参加した子供たち50人が人質に取られてしまうのです。

コクーンのゲーム内では、19世紀末のロンドンが舞台となっていて、新一の崇拝するシャーロックホームズも登場します。

派手なアクションシーンや爆発などが多い他の名探偵コナン映画とは違って、この映画は知的でクールに仕上がっているなと感じました。

他の作品と見比べてみるのも面白いかもしれませんね。

名探偵コナンの映画ネタバレまとめ

名探偵コナンの映画をネタバレありで紹介させていただきましたが、気になるものはありましたか。

名探偵コナンの映画は、最後の最後で一番の見どころがやってくるので、ネタバレがあっても実際に映画を見て楽しみたい!と思えるのではないでしょうか。

名探偵コナンにはたくさんの作品があるので、すでに見たことがある人でも、ネタバレ記事を見ていたら懐かしくなって、また映画を見たくなっちゃうかもしれませんね。

あなたもぜひ、名探偵コナンワールドへ足を踏み入れてください。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ