佐藤隆太主演のドラマ「ROOKIES」を多くの人にオススメする理由とは

佐藤隆太が主演を務めたドラマ「ROOKIES」はドラマだけでなく、映画版にもなったヒット作です。そのドラマの中で、佐藤隆太は主演として物語の主人公を演じました。そんなドラマ「ROOKIES」をなぜあらためて多くの層の人に見てほしいのか、その魅力をまとめます。

佐藤隆太がはまり役のドラマ「ROOKIES」とは

ドラマ「ROOKIES」は、漫画「ろくでなしBLUES」などの作者でもある森田まさのりによる、日本の野球漫画のテレビドラマ化されたもので、「ROOKIES -卒業-」で2009年には映画もされた人気作品です。

物語は、主人公の新人教師・川藤幸一が二子玉川学園高校へ赴任してきたところから始まります。

二子玉学園で、部員の起こした不祥事により活動停止中の野球部と接し、部員達の心の奥底に残る情熱を見抜いた川藤は野球の「や」の字も知りませんでしたが、自ら顧問となって努力しながら野球部の再建に乗り出します。

初めは川藤を馬鹿にしていた不良部員たちでしたが、次第に彼の親身になって自分たちと向き合おうとする態度に動かされ、様々な試練や逆境に見舞われながらも一致団結して夢の甲子園を目指し奮闘していくストーリーとなっています。

その主人公の川藤幸一を演じるのが俳優の佐藤隆太になります。

芸のない柳沢慎吾と称される人気役者・佐藤隆太のここまで

ドラマ「ROOKIES」の主演である、佐藤隆太は、このドラマ「ROOKIES」が連続ドラマ初主演となりました。

裏表のない明るい性格で、誰とでもすぐに仲良くなれるのが長所と言われています。

これまで多くのドラマで主演や脇役、ゲスト出演など様々な役柄を演じており、
大人気ドラマのヒーローやドラマ保育探偵25時ではゲスト出演、ドラマ海猿では主演の伊藤英明のパートナー、そしてドラマ恋愛時代では重要な脇役を演じています。

そして、佐藤隆太が主演を務めたドラマ「クレオパトラな女たち」では形成外科の医者を演じつつ、話題となった綾野剛に同性愛をされるという難しい設定も見事に演じました。

広末涼子と内田有紀が主演を務めたドラマ「ナオミとカナコ」では2016の助演男優賞を表彰されるなど役者として安定した評価を得ています。

その中で、ドラマ「ROOKIES」に対する情熱は半端なく、
それは、佐藤隆太は阪神タイガースファンであり、高校時代の3年間は野球部に所属して甲子園を目指し、さらに漫画「ROOKIES」を17歳で読んだ時「いつか役者になってこの作品をドラマ化したい」と語ったとおり、佐藤隆太にとって漫画「ROOKIES」がドラマ化され、さらに主演を演じれたことは自身の夢が叶うことでもありました。

一覧で紹介!ドラマ「ROOKIES」の豪華キャスティング!!

ドラマ「「ROOKIES」は出演者も今をときめく役者さんなどが多く出演しています。
二子玉川のメンバーでいくと、
川藤 幸一 - 佐藤隆太
安仁屋 恵壹 - 市原隼人
御子柴 徹 - 小出恵介
新庄 慶 - 城田優
関川 秀太 - 中尾明慶
若菜 智哉 - 高岡蒼甫
平塚 平 - 桐谷健太
岡田 優也 - 佐藤健
湯舟 哲郎 - 五十嵐隼士
桧山 清起 - 川村陽介
今岡 忍 - 尾上寛之
八木 塔子 - 村川絵梨
で、さらに他にも、対戦校には上地雄輔、友情出演で森山未來、綾瀬はるか、そして、バラエティー番組の企画でダウンタウン浜田雅功やさまぁ〜ずなども出演をしています。

佐藤隆太が熱くナインに伝えた名言①

佐藤隆太が演じる、川藤幸一は、数々の名言をナインに残し、ナインを鼓舞し続けます。
そんな代表的な名言をいくつかピックアップします。

「人間として最も大切なこと。夢を持ち、夢を貫くことの大切さを忘れないこと。」

夢を持つことも大事ですが、それを貫き続けることの重要さと難しさを伝えた名言です。
色々な要因で貫くことが難しいこともありますが、意識し続けることは大事ですね。

佐藤隆太が熱くナインに伝えた名言②

「反省は絶対必要だが過去の過ちに固執するのは愚の骨頂だ!」

佐藤隆太のセリフにふと反省した視聴者も多いはずです。

人間、過去を振り返る時、ああしておけばよかった、こうしておけばよかったなどとタラレバを思うことが多くありますが、大事なことは過去を糧にして、この先どうするか考えれるかということですね。

佐藤隆太が熱くナインに伝えた名言③

「環境のせいにするな。すべては自分次第で変えられる!」

この言葉も佐藤隆太の熱いパッションと合わさって、胸にささる内容ですね。

物事はできない理由を探そうと思うといくらでも見つかる、大事なことは、どうやったらできるかを考えるということですね。

佐藤隆太主演のドラマ「ROOKIES」をあらためて見たくなる理由

このようにして、ドラマ「「ROOKIES」には、友情・努力・勝利という、原作の漫画「ROOKIES」が掲載されていた週刊少年ジャンプの3大テーマ通りに、熱い内容になっています。

そしてその熱さが主人公川藤を演じる、佐藤隆太のはまり役があり、より心に響きます。

佐藤隆太という人をあらためてファンになれる作品です。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ