映画「君の名は。」の主題歌・前前前世の替え歌が面白いと高評価!

歴史的大ヒットで高評価の映画「君の名は。」ですが、合わせて主題歌の前前前世も映画とマッチして評価が高いと言われています。そんな映画「君の名は。」の主題歌の前前前世がバラエティー番組で替え歌の楽曲として使用され、各方面で高評価を得ておりその内容をまとめます。

世界中で高評価の映画「君の名は。」とは

映画「君の名は。」は、新海誠監督により手がけられ、2016年8月26日公開の長編アニメーション映画です。

大まかな内容は、東京に暮らす少年・瀧と飛騨の山奥で暮らす少女・三葉の身に起きた「入れ替わり」という謎の現象と、1200年ぶりに地球に接近するという架空の彗星「ティアマト彗星」をめぐる出来事を描いています。

映画「君の名は。」は、東宝が配給を担当し全国約300館という大規模な興行となっています。

また、映画「君の名は。」は世界的にも高評価を得た歴史的大ヒットとなっていて、
世界最大の映画市場を持つ、アメリカとカナダの劇場で公開され、中国、韓国、フランスなどでも公開されています。

映画「君の名は。」は世界的な大ヒットとなっており、
その興行収入は、3億2,870万ドル(約365億2千万円)を突破しています。

映画「君の名は。」は国内累計興収は232億円で、歴代1位の映画「千と千尋の神隠し」の308億円からは大きく引き離されていますが、世界での興行収入でいくと2億8101万2839ドルで、これまで1位であった映画「千と千尋の神隠し」の2億7492万5095ドルを上回る、日本映画の中で世界興行収入が、最も多い作品が「君の名は。」となっています。

映画「君の名は。」の主題歌にもなり大ヒットの前前前世とは

映画「君の名は。」を語る上で、とても印象深く耳に残るのが主題歌である、RADWIMPSの楽曲である、前前前世です。

「君の名は。」の映画の中で、前前前世は主題歌4曲のうちの一曲でありますが、歌詞が「君の名は。」の内容とリンクしたものとなっていたり、映画「君の名は。」の予告に最も早く楽曲解禁がされたため、「君の名は。」というとこの歌を思い浮かべる方が多いと思います。

映画「君の名は。」の主題歌・前前前世が楽曲で使われた替え歌大会とは

「君の名は。」の主題歌である、前前前世が替え歌大会の楽曲として使用された番組は、お笑い芸人のダウンタウンがMCを務める、「水曜日のダウンタウン」で替え歌最強トーナメントの第3回の1回戦でした。

この替え歌最強トーナメントは過去2回放送され、毎回トーナメント形式で、8組ほどのお笑い芸人が課題曲を替え歌にして、回ごとに異なる聴衆者の共感を得れるかを競う大会となっています。

過去2回は小学生大会、中学生大会と来て、この「君の名は。」の主題歌の前前前世が使用されたのが女子高校生大会です。

もともと女子高生にも馴染みのある映画の主題歌で、ポップの楽曲なため、リズム感なども含めて芸人の方々の工夫が面白おかしく見れて高評価を各方面で受けました。

歌よりもみやぞんが高評価・ANZEN漫才

まずは、第1試合で、ANZEN漫才とパーマ大佐が激突しました。

先行のANZEN漫才が、まさかのあらぽんだけが全編歌うパターンで「うちの相方がウドと被った」という、みやぞんをいじるネタを披露します。

対する、後攻のパーマ大佐は、
自身が「森のクマさん」の著作権で揉めた自虐ネタで対抗します。完成度が高くスタジオのゲストも評価が高かったですが、女子高生からの評価が高かったのが、ANZEN漫才でした。

どちらも、前前前世のポップな楽曲に合わせた高い完成度でしたが、
ネタの評価というよりも、「みやぞんが可愛すぎた」というみやぞん人気で勝った感がある対決でした。

女子高生あるあるの評価が高かった・エハラマサヒロ

第2試合は、エハラマサヒロと野生爆弾くっきーで、始まる前から結果が見えてしまった感がある戦いとなりました。

先行のエハラマサヒロは、
もともと評価の高い、歌唱力やミュージカル調の動きで、ネイルをインスタグラムで載せる際の撮り方の角度あるあるという女子高生に寄せた完璧な替え歌を披露します。

一方の野生爆弾くっきーは、
スタジオのゲスト陣の不安通りに、全く女子高生に寄せない、格闘家セームシュルトのボデーネタで勝負も、会場は全く反応なく、帰り際には「ゴリ滑りこいとるやないか!」という言葉通りの反応となりました。

結果は、女子高生あるあるで評価を得た、エハラに軍配が上がりました。

女子高生になかなかはまりづらいネタの評価となってしまった・レイザーラモンRG

第3試合の替え歌は、どちらも微妙な女子高生の反応となった対決でした。

先行のレイザーラモンRGは細川たかしの格好で登場し、持ちネタで芸人評価の高い、あるある歌を前前前世の楽曲で、エビの天ぷらのあるあるネタを披露しますが、会場はやや受けとなり、高校の金谷ヒデユキも前科あるあるのネタを披露しますが、こちらも会場の反応は薄く、結果的に消去法でレイザーラモンRGが勝利しました。

レイザーラモンRGも結果を見て「そこまで受けていなかったですが」という困惑の勝利となりました。

よくわからない世界観が高評価を得た・ハリウッドザコシショウ

第4試合は、阿佐ヶ谷姉妹とハリウッドザコシショウという、エハラとくっきー同様の圧倒的な対決内容になると思われました。

先行の阿佐ヶ谷姉妹が「お腹がすぐ空く」というやや女子高生に寄せたネタや「snow使って加工したら加藤紗里さ」というなんとなく女子高生に寄せた微妙な替え歌で終わってしまったのに対し、
ハリウッドザコシショウは1番評価の高い持ちネタの古畑任三郎のハンマカンマーを楽曲に合わせてただ連呼するというネタで勝負します。

結果的に、ハリウッドザコシショウのよく分からない連続ネタと楽曲のポップさが女子高生に評価を受けて勝利します。

映画「君の名は。」の前前前世の替え歌はじわじわ面白さが効いてくる

映画「君の名は。」の主題歌である、前前前世の替え歌の対決は、大きく、上手い・さすがという評価と微妙という評価、そして全くよく分からない楽曲のポップさで面白おかしく耳に残る評価の3種類あり、そのいずれもが見れたこの前前前世の替え歌トーナメントは初めて見るよりも、2、3回目に見るとまた違ったハマり具合があるので、ぜひユーチューブなどで見て欲しい動画です。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ