日本の女性歌手!【椎名林檎】の名曲の歌詞の意味が気になる!

日本を代表する女性シンガーソングライターの椎名林檎さん。数々の名曲を掲げてきた椎名林檎さんですが、名曲の歌詞の意味が気になるのでしらべてみました!聞いたことのない言葉や椎名林檎さん独特の歌詞が特徴でとても良い曲ばかりです!

椎名林檎とは


椎名林檎は1978年11月25日うまれの歌手。


椎名林檎という芸名は高校生のとき「ここでキスして」や「ギブス」などの曲をはじめてJASRACに著作者登録する際に筆名が必要となりあくまで一時的なつもりでつけた名前だそう。

トレードマークだった左の口元のほくろについては小学校時代に女優の沢口聖子さんやマドンナのように口元のほくろのある女性にあこがれてペンでかいていたら本物になったとはなしていました。


2001年からの休業は一般的には産休だと思われていたが実際は引退して家庭に入ろうとしていた。しかし契約やその他もろもろの義務を果たすためにカバーアルバムをだしたところ周囲から音楽活動の継続を求められることになったそう!

椎名林檎「丸の内サディスティック」の歌詞の意味

椎名林檎の名曲「丸の内サディスティック」。

カタカナがたくさん出てくる歌詞なのですが
知らない言葉があるのでしらべてみました。


「リッケン620」とはエレキギターのメーカーだそうです。
「マーシャル」とはギター・アンプのメーカーです。
「ラット」とはギターの名前。
「ベンジー」とは浅井健一のこと。
「グレッチ」とはエレキギターのメーカー名。

椎名林檎の「丸の内サディスティック」の歌詞の意味は
「ベンジー」こと浅井健一さんのことを敬愛してやまない椎名林檎さんが
浅井健一さんのことを歌にした名曲ですね。

椎名林檎「本能」歌詞和訳!

椎名林檎の「本能」という名曲。
1999年に発売されたシングルで、椎名林檎さんがナース姿でガラスをわるPVの映像、過激な歌詞、個性のある歌い方、いずれもインパクトがあり、椎名林檎の名が広く世に知られるきっかけとなった歌です!


椎名林檎の「本能」の歌詞に出てくるワードについてしらべました。

「果たされない」とはイクことを意味しています。
「つながれていたい」とは説明の必要もないですかね・・・
「舐め合う」そのままの意味ですね。
「急かして」もっと激しく求めてほしいって意味です。
「絶えてゆく」死ぬことだと和訳うるのが自然ですがこちらも歌詞の意味的には性的な意味ですね。

なにしろタイトルが「本能」なので人間的ではなく動物的な意味の歌詞のようですね!

椎名林檎「ギブス」の歌詞の意味


椎名林檎の名曲「ギブス」
ギブスは若き日の椎名林檎が発表した初のバラードです。
今もなお結婚式でたびたび耳にしますね。

椎名林檎の「ギブス」の歌詞は
とてもかわいくてきゅんとする歌詞。

椎名林檎が17歳のころ、当時つきあいしていた人にむけて作った歌なんだそう。

青春が爆発していますね。

ライブやイベントなどで幾度となく披露されていましたし
まっすぐな歌詞とぎゅっとくるメロディラインに青春の思い出がぐっとつまっています。

椎名林檎「幸福論」の歌詞


椎名林檎の名曲「幸福論」。

歌詞がすごすぎて哲学書のレベルといわれています。

椎名林檎の「幸福論」の歌詞は基本は恋愛の歌詞です。
ですから結婚式によく使われるそうですね。
しかし恋愛にカモフラージュされていまうが実際は普遍的な人生哲学としての幸福論をあつく歌詞にしていると考えられます。

椎名林檎の「幸福論」は恋愛をうたっているだけでなく
普遍的な愛として置き換えるとものすごく深淵な幸福論が浮き彫りになります!

歌詞の意味がふかくてとてもすばらしいですね。

椎名林檎の歌詞まとめ


数々の名曲をだしてきた歌手椎名林檎さん。
東京事変としても活躍し、数々の賞も受賞し39さいとなったいまでも
きれいでかわいくて、現役で歌手活動されている椎名林檎さん。


独特なメロディや音楽、歌詞、特徴的な声は
一度聞いたら忘れられません!

そんな椎名林檎さんの名曲の歌詞の意味、意外と知らなかった人もおおいとおもいます!

この名曲にはこんな意味があったんだなあと、また聞くのがたのしみになるものばかりでしたね!

歌詞の意味をしって、より一層音楽に深みが増したような気がします。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ