哀川翔がメガネ・サングラスをプロデュース!「SAMURAI SHO」

哀川翔といえば、映画やテレビでの男気あふれる姿がかっこいいですよね。そして、もう顔の一部といいくらい、いつもぴったり決まったメガネ・サングラス姿も超おしゃれ!そんな哀川翔がプロデュースしているブランド「SAMURAI SHO」メガネ・サングラスも超おしゃれ!

渋くてステキ!哀川翔のサングラス姿

元?Vシネマの帝王、哀川翔。

哀川翔って、いつも、かっこいいサングラスをかけていますよね。
実際、哀川翔は、2004年に日本メガネベストドレッサー賞 サングラス部門を受賞しています!

哀川翔のサングラス姿は・・・まだまだ攻めている!

テレビや雑誌で哀川翔をみると・・・哀川翔の年齢なら、静かで落ち着いたデザインのサングラスを選んでしまいそうですが・・・
いや、サングラスをみるかぎり、哀川翔、まだまだ攻めている!と思います。

特にフレームに、いつもちょこっとした工夫がきいてて本当におしゃれ。

また、普通の人がみたら、「ちょっとうるさいデザインのサングラスだな・・・」とか、「このフレームにこのレンズじゃ騒々しいな・・・」というサングラスも躊躇なくかけています。

哀川翔がメガネ・サングラスをプロデュース「SAMURAI SHO」

そんな哀川翔は、自身で「SAMURAI SHO」(サムライ翔)というフレームブランドをもち、メガネやサングラスのプロデュースもしています。

哀川翔プロデュースのメガネ・サングラス、「サムライ翔」のブランドテーマはずばり「男のためのフレーム」

戦う男がサムライのように美しくあるために・・・という哀川翔のコンセプトどおりのメガネやサングラスがいっぱいです。

これは、2017年モデルのSS-T31のサングラスです。

哀川翔って、よく白フレームのサングラスをかけていますよね。

普通だったら、こんなサングラスをかけた人が隣にいたら、びっくりしちゃいますが・・・でも、やっぱりおしゃれ。

つい衝動買いしたくなっちゃいます。

これも、「サムライ翔」の2017年モデル、かなりマニアックなデザインのサングラスです。

でも、哀川翔の魅力って、周囲の騒音なんて、まったく気にしないところもありますよね。

普通の人じゃ出来ない・・・!うらやましい・・・と思うけど、こんなおしゃれなサングラスならオッケーですね。

哀川翔が発表した2018年の新作モデル

2018年の「サムライ翔」も、たくさんの新作が登場しています。

いろんなおしゃれでかっこいいサングラスがいっぱいです。

ビィィーン!ズキューン!ドン!ドン!ドドド!ズギュギュギューン!ガガガ!バシン!バシン!バシッ!バシッ!私たちを直撃!です。

「サムライ翔」のSS-T34です。

これをかけている真剣な眼差しの男性がいたら、かっこいいなあ・・・THE仕事に集中!夢中!ってかんじ・・・と思ってしまいます。

こちらも、フレームがおしゃれですね。

サムライ翔は、ビジネスにもカジュアルにも使えるメガネ・サングラスがいろいろ揃っています。

2018年モデルもいろんなカラー、バリエーションがあって、哀川翔ファンでなくてもわくわくしてしまいます。

哀川翔ブランド「サムライ翔」取扱店舗

哀川翔がプロデュースしたメガネ・サングラスのブランド「サムライ翔」、全国の店舗で取り扱っています。

各都道府県の大きなメガネ店、例えばパリミキやメガネスーパー、サトーメガネなどで取り扱っていますし、ヨドバシカメラのメガネコーナーなどにも置いてあります。

また、アマゾン、楽天、ヤフオク他各ネット通販でも購入できます。

価格は、だいだい23,000円~35,000円くらいがメインです。

いろいろ探して、お気に入りのフレームをゲットしたいですね。

オーダーもできる!サムライ翔

サムライ翔では、ブルーカット、カラーをオーダーして仕上げることができます。

自分で、こうしたいと設計して、その出来上がりがかっこよく完成したら、超ハッピーになっちゃいます。

やっぱりかっこいい・・・哀川翔!

哀川翔・・・サングラスのセンスもかっこいいなあ・・・

哀川翔は、まだまだ落ち着いた男性ではなく、相変わらず、私たちの間で賑やかな男性であり続けるようです。

はっきり言って、ストレスばかりの現代社会、哀川翔の変わらない動じない堂々とした感じ、メディアを通して見る騒いでいるけど周りへの気遣いあふれる言動の数々、サングラスをはずした時のいたずらっ子そうな目を見るだけで、今でもちょっと胸キュンして癒されてしまいます・・・。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ