記事ID130699のサムネイル画像

ウォーキングとランニングの効果を知って、自分にあった運動をしよう

現在、ウォーキングとランニングをしている人は多くなっています。ダイエットのためなど、目的は違いますが運動することに変わりはありません。しかし、ウォーキングとランニングの効果を知ることで、より高い効果を得ることが出来るかも知れないので、知識を得たいと思います。

ウォーキングとランニングは使う筋肉は違うのか

ウォーキングとランニングで使われている筋肉は、お尻、太もも、ふくらはぎ,
太ももの裏側(ハムストリング)と言われています。

ウォーキングとランニングする時に使われている筋肉はほとんど同じなのですが、負荷のかかり方が違うと言われています。
さらに、使う筋肉を鍛えることを考えると、ウォーキングとランニングの筋肉では違いがあるようにも感じられます。

また、ウォーキングとランニングで使う筋肉を少しずつ鍛えていくことで、ダイエットの効果を高めることが出来ると言われています。

ウォーキングとランニングに使うシューズの選び方

ウォーキングとランニングに使われてるシューズには違いがあります。
ランニングシューズは軽く、蒸れないようにメッシュ素材のものが多いです。そして、ソール(かかと)のクッション性は重視して選ばれています。

それに対ししてウォーキングシューズは、底が減らないようにラバーを使っているものが多いです。
また、雨の日でも歩けるように合皮が使われていて、防水加工もされいます。

ウォーキングシューズとランニングシューズではどちらも大きな違いがあります。その為、目的にあったシューズを選んでほしいと思います。

ウォーキングとランニングは脚やせになるのか

ダイエット目的でウォーキングとランニングする人もいるかと思います。
ウォーキングもランニングも脚の筋肉をよく使うので脚やせすることは可能なのかと思えます。

ウォーキングもランニングもどちらも正しいフォームであれば脚やせすることが可能と言われています。
ただし、ランニングははじめは筋肉がついて太くなることがあるともいわれています。

しかし、ランニングで太ももの裏側(ハムストリング)の筋肉を鍛えることで、脚は太くなりすぎず、引き締めることも出来ると言われています。

ランニングに対して、ウォーキングは筋肉で太くなる心配はないので、脚やせするにはおすすめと言われています。

ウォーキングとランニングはカロリー消費が高いのはどちらか

よく、ウォーキングとランニングと同じ距離であればカロリーは同じだけ消費すると聞きます。
しかし、同じ1時間と考えてウォーキングとランニングのカロリーを比較すると消費カロリーはランニングのほうが高くなります。

時間に考えてカロリー消費をするのか、距離を考えてカロリー消費をするのかでも違いがありますが、長く続けられる運動となるとウォーキングになります。
その為、時間に余裕がある場合には、ランニングするのと同じ距離を歩くことでよりカロリー消費をすることができます。

ウォーキングとランニング、ダイエット効果が高めるためにはどっちがいいのか

ウォーキングもランニングもダイエットに効果的な運動になります。
それは、有酸素運動と言われて20分以上運動をすることで脂肪を燃やす効果が得られるからになります。

ウォーキングよりもランニングのほうがダイエットには効果的に感じられますが、ダイエットの一番の目的は無理なく続けていけることになります。

そのため、身体への負担が軽いウォーキングを行ってダイエットすることが望ましいと言われています。
そして、少し出来るようになってきたらランニングに変えて行く方法もいいと言われています。

同じ30分でもカロリー消費を見ると、ランニングの方が高いので、ダイエット効果を高めたいと思う人はランニングがおすすめになります。

ウォーキングとランニングで使うアプリは違うのか

現在はスマホのアプリをよく使っている人が多くなっています。
また、ウォーキングとランニングどちらにも対応出来るアプリも出ています。

さらにアプリには音声アナウンスも入っているので、距離やペースなどもわかり、スマホを持ちながらということがなくなります。

さらにアプリには消費カロリーを表示しているものもあります。BGMやナレーションなどが入っているものもあるので、楽しくウォーキングやランニンが出来るアプリが増えています。

用途によって使い分けることもできれば、一つのアプリで色々な運動に使うことが出来るものもあります。自分の目的に合わせたアプリを選んでほしいと思います。

サイクリングはウォーキングとランニングの両方よりもダイエット効果があるのか

サイクリングをするのも運動と思う人もいるようですが、ランニングとサイクリングではランニングの方が消費カロリーは高いと言われています。

しかし、サイクリングもウォーキングやランニングと同じようにダイエットには効果はあります。足腰などに負担を抱えることが厳しい人にはサイクリングもおすすめの運動になると言えるようです。

まとめ

ウォーキングもランニングもダイエットには効果的であることはわかりました。しかし、どちらも続けること効果を高めていけるようです。

そのため、自分にあった運動方法を選んでほしいと思います。また、運動はダイエットだけでなく、自身の体調管理にも大きな効果を発揮してくれます。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ