記事ID127953のサムネイル画像

    ゲーム好き必見!女子ゲーマーのアイドル・倉持由香ってどんな人?

    「グラドル自画撮り部」を主宰するなど、グラビアアイドルとしても豊富なキャリアをお持ちの倉持由香さん。ゲーム好きとしても有名な彼女は、自身でゲーム配信を行うなどゲーマー界隈でも活躍されています。今回は、そんな倉持由香さんの魅力をご紹介いたします!

    倉持由香のプロフィール

    倉持由香

    1991年11月6日生まれ。千葉県出身。日本のグラビアアイドル。
    スリーサイズは、B84、W58、H100。

    趣味は、ゲーム、漫画喫茶通い、麻雀、競馬。また、イラストや漫画を描くことも得意。
    ゲームでは、足のみの操作だけでスーパーマリオの8-1までをクリアできるとのこと。

    グラビアアイドルとしても、2007年から15本ものイメージビデオを発売しており、特に近年Twiiter上で立ち上げた「グラドル自画撮り部」は一時話題となりました。

    最初はグラドルじゃなかった?ゲーム好き倉持由香の驚きのデビュー秘話

    すでにクラビアアイドルしても豊富なキャリアをお持ちの倉持由香さんですが、実はデビュー当時はグラビアアイドルではなかったのだとか。
    というのもデビュー当時は、単純にゲーム好きアイドルとして、ゲームイベントに参加したり、ゲーム雑誌上にて得意のイラストを掲載したりと、ゲーム関連のお仕事が主だったそうです。
    グラビアアイドル・倉持由香としての活動の方が後だったとは、筆者自身も知りませんでした。

    「好きこそものの上手なれ」とはよく言いますが、本当に好きなものから実際に仕事につなげていくのはなかなか出来ることではありません。改めて倉持由香さんの能力の高さに驚かされますね。

    得意なゲームは格闘ゲーム?倉持由香の驚くべきゲーム熱!

    倉持由香さんが得意とするゲームは、主に格闘ゲーム。特にストリートファイターのファンだということですが、その熱がこうじて驚きの行動に出てしまったのだとか。

    なんと毎年アメリカのラスベガスで開催される世界最大の格闘ゲーム大会「EVO」に、プライベートで参加されたそうです。
    「EVO」と言えば2千人以上がエントリーする大会ですので、会場の盛り上がりもすごかったはず。緊張して初戦で破れてしまったのではないか、と思い調べてみると、なんと3回戦まで勝ち上がったというのだから驚きです。

    会場には自前のスティックと呼ばれるコントローラーを持参して臨んでおり、また20万円実費で支払って渡米したとも語られていることから、倉持由香さんの並々ならぬ決意の重さがうかがえます。

    ゲームだけじゃない!倉持由香の魅力は「お尻」にアリ?

    ゲーム業界でも話題に事欠かない倉持由香さんですが、もちろんグラビア界でも素敵な魅力を遺憾なく発揮してらっしゃいます。

    グラドル・倉持由香さんの最大の武器はご自身も語られているように、この「お尻」。なんでも、昔は人よりも大きい自分のお尻がなかなか受け入れられずコンプレックスだったという倉持由香さん。
    しかし、2012年のグラビア撮影時に担当したカメラマンから「君はお尻が綺麗だし、大きいから売りにした方がいい」と言われ自信を持つようになったとのこと。

    コンプレックスが最大の武器になるということを身をもって体現した倉持由香さん。
    グラビアでの倉持由香さんは、ゲームで見せる可愛らしい表情とは違い大人の色気を醸し出しています。

    もしゲームから倉持由香さんを知ったという方ならば、グラドル・倉持由香のギャップにドキドキしてしまうこと間違いなしです。
    ゲームも上手くて、スタイルも良い女性なんてゲーム好き男子にとってみると理想の彼女かもしれませんね。

    ゲーム好き必見!女子ゲーマーのアイドル・倉持由香まとめ

    ここまでご紹介してきた倉持由香さんの魅力、いかがでしたか?

    世の中には「趣味を仕事にしたい!」と考えている方は多数いらっしゃると思いますが、そう簡単なことではありません。倉持由香さんがゲーム好きからグラビアイドルなどマルチなタレントとして活躍できているのは、ご本人の努力もさることながら、もともと持っていたポテンシャルの高さによるところが大きいと思います。

    まさか、いちゲーム好きの女の子が、周囲も羨むようなボディラインを持ち合わせている、なんて誰も考えませんよね。よく「天は二物を与えない」と言いますが、倉持由香さんの場合は例外だったようです。

    グラビアアイドルとしても、また女子ゲーマーとしても、これからの倉持由香さんの活躍からまだまだ目が離せませんね。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ