記事ID125743のサムネイル画像

    美しさも女優の魅力もUP!安達祐実のおすすめドラマをご紹介!

    子役時代から活躍している女優・安達祐実。今やその、変らぬどころか見る度に美しくなっている彼女は、お茶の間に出る毎に新規のファンを獲得し続けています。役柄や作風、主演ドラマであるかにこだわらず挑戦する安達祐実のおすすめドラマをご紹介します。

    子役時代の安達祐実 代表ドラマ「家なき子」

    1994年に安達祐実主演で大ブレイクしたドラマ「家なき子」。
    当時12歳だった安達祐実が演じたのは、不遇の境遇に立ち向かっていく相沢すずという少女の役でした。

    しかしながら義理の父からの暴力や、母の重病での入院、貧困でのいじめなど、子供が主役になるような内容では無かったことからドラマの評価は賛否両論。
    「同情するなら金をくれ」という衝撃的なセリフが有名です。

    安達祐実の可愛らしさと、芯の強さが良く表現されているドラマ。
    子供とは思えない演技力には脱帽です。

    不朽の名作漫画を安達祐実で実写化「ガラスの仮面」

    美内すずえによる漫画が原作で、1976年から連載を開始し現在まで続いているというロングセラーの物語です。

    1997年に安達祐実主演でドラマ化され、原作のファンからも高評価を得ました。
    貧困家庭で育った北島マヤは平凡な普通の少女。

    しかしある人物と出会った事で彼女の演劇の才能を開花させ始め、演劇の世界へと踏み込んでいくという物語。

    主人公北島マヤを安達祐実が演じ、役に憑りつかれたように入り込む演技でを魅了しました。

    安達祐実が時代劇に挑戦!「大奥」

    2003年放送の時代劇「大奥」に出演した安達祐実の役どころは、皇女和宮。
    この当時、時代劇にあまり出演しない俳優を起用した事で話題になりました。
    当時中々和服姿を見られなかった安達祐実の美しさは、言うまでもありません。

    安達祐実初の昼枠ドラマ主演!「娼婦と淑女」

    昼ドラというと「主婦が観るドロドロ愛憎劇」のようなイメージがありましたが、2009年から昼ドラが改革。

    様々なジャンルや役者を起用することで、普通のドラマと変らない人気を獲得しました。
    本作品は2011年の放映で、安達祐実が一人二役演じた事で話題に。

    別々に育った双子の凛子と紅子。
    育った環境が全然違う二人が偶然出会い、運命の歯車がかみ合わなくなっていくという物語です。

    別人格を器用に分けて演じた安達祐実の演技力はさすが。
    昼ドラでしか楽しめない魅力があります。

    ママ友に悩む母を熱演「マザーゲーム 彼女たちの階級~」

    2014年放映されたママ友ドラマ。
    当時内容がショッキング過ぎて相当話題になりましたね。

    保育園を探していても見つからず、やむなく幼稚園に入園したシングルマザーの主人公を取り巻くセレブ達。

    安達祐実はその中の一人後藤みどりを演じました。
    元々キャリアウーマンとして働いていた女性が、結婚を機に家庭に入り子育てに専念。

    その中での旦那のDVや娘への躾、新しい恋愛などで悩む女性を熱演。
    飾らない安達祐実の演技は定評があります。

    ちょっとゆるい囚人の役が面白い「女囚セブン」

    2017年春から放映された囚人ドラマ。
    訳あって刑務所に入れられた芸子の主人公と同じ房になった万引き窃盗犯を演じています。

    クールに見えたり、優しそうに見えたり、表情がコロコロ変わる演技が見ごたえありです。

    穏やかそうな性格なのに、何を考えているかわからない所もある女性。
    次第に主人公に心開いていく過程を見事に演じました。
    ドラマの中でツッコミ役なのですが、その間合いが絶妙で面白いと評判。

    安達祐実がゲスト出演「緊急取調室」

    天海祐希主演の「緊急取調室」の第三話に出演している安達祐実。
    夫殺しの容疑者として取調べを受ける女性の役を演じています。

    天海祐希の誘導尋問にうまく切り返すのが見事。
    可愛らしさを封印して挑んだドラマです。

    こんな名ドラマにもゲスト出演「科捜研の女」

    ドラマ科捜研の女14の第4話に出演した安達祐実。
    ゴミ屋敷で見つかった大家の死体、その事件を解決するべく捜査するとコミュニティーソーシャルワーカーにいきつきます。

    その役を演じているのが安達祐実です。
    人気ドラマシリーズのゲストとしての出演でも彼女の存在感はさすが。

    このドラマ実は出演の回があります!「相棒」

    ドラマ相棒15・第7話にゲスト出演している安達祐実。
    小学生の男の子が2人誘拐される事件が発生、そのうち死体となった男の子の母親を演じました。

    しかしこの後、色々な展開が待ち構えていて、安達祐実の演技力ならではの迫力ある回となります。
    人気ドラマ相棒シリーズにまで出てしまう安達祐実の人気は本物ですね。

    安達祐実のドラマはチェックするべし!

    いかがでしたでしょうか?
    昼ドラからゲスト出演したドラマまで色々ありました。
    是非安達祐実のドラマを楽しんで下さい。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ