記事ID11125のサムネイル画像

ヤンチャから大人へ階段を上って行った亀梨和也のプロフィール

KAT-TUNの亀梨和也さん。デビューしたての頃はまだ若い事や反抗期も伴って、尖った印象を与えておりました。
本人も当時は反発する事しか考えてなかったと。仲間の脱退やそれに伴うグループとしての活動の変動、
大きく変わって行く中自身も成長していって柔らかい印象を与える様にもなっていきました。そんな彼のプロフィールは?

ヤンチャから大人へ階段を上って行った亀梨和也のプロフィール

プロフィール

亀梨和也

生年月日: 1986年2月23日
身長: 171 cm
血液型 B型

1998年11月8日、ジャニーズ事務所に入所
1999年10月『3年B組金八先生 第5シリーズ』で連続ドラマ初出演。
2001年4月、KAT-TUN結成。
2005年11月2日、10月期ドラマ『野ブタ。をプロデュース』でダブル主演した山下智久と期間限定ユニット「修二と彰」を組む。
2010年4月から、日本テレビ『Going!Sports&News』でスポーツキャスターを務め、”ベースボールスペシャルサポーター”として、コーナー「亀梨和也のプロ野球プロジェクト」を担当。

亀梨和也~出身地・出身高校

出身地:東京都江戸川区

学歴:江戸川区立大杉第二小学校⇒江戸川区立松江第三中学校⇒都立水元高校(中退)

亀梨和也のプロフィール①学生時代ってどんな?

亀梨和也①小さい時はちょっといたずらっ子?

亀梨は幼稚園の頃からスカートめくりをしていたらしく、それだけでもよくジャニーズの事務所的にそんなこと話して大丈夫なのか心配だが、彼は小学1年生になってもなおらずにやっていたらしい。

出典:http://blog.livedoor.jp

亀梨和也②2001年4月に結成

「デビュー当時は、受け入れるキャパシティの狭さを感じた。基本的に信用できる人が少なかったっていうか、大人って……と思ってたし、“オレがオレのこと一番知ってるぜ”みたいなヤツらでした」

出典:http://www.johnnys-watcher.net

若さゆえのやんちゃさと反抗期も伴っていたのでないかと思いますが
デビュー当時の”KAT-TUNは衣装のきらびやかさもありますがその身にまとい方からも周囲から怖がられていたのは亀梨和也さん自身も感じていたようで。、周りの状況や流れを受け入れるしかない状況が思春期の複雑な心境も伴い反発心に繋がって影響を与えていたのではないかと思いますね。

亀梨和也のプロフィール②家族はどんな?

亀梨和也の家族構成

父親・母親・兄さん2人と弟さん1人。
愛犬の 蘭ちゃんは溺愛しているとか。

出典:http://kamenashi77.seesaa.net

亀梨和也~家族とのエピソードは

日常生活の中で感謝することは多いよ。

例えば今みたいにドラマの収録中は、生活が不規則になったり食事が偏ったりするので、実家に帰ると母がご飯を用意してくれたりする。



ありがたいよね、家族の優しさって当たり前のように感じがちだけど、感謝の気持ちを忘れないようにしている。

あとは自分のした事に反応があるとすごくうれしくて感謝する。

他にもいろんなスタッフとか友達とか、いろんな人に助けてもらってるんだって思うんだ。

出典:http://xn--p8jzgwd7d6jy76sgtmiz4d5id.jp

たまに親に車を貸すと、たぶんお兄ちゃん家族とか姪っ子、甥っ子とどこかに行ってきたんでしょうね。そのあとで自分が車のエンジンをかけると、読み込んだCDの曲が流れるんです。子供向けアニメ主題歌の(笑)」

出典:http://jmania.jp

男兄弟4人となると喧嘩とかすごそうですが、お兄さん達は自分が困った時には必ず助けてくれる大事な存在と尊敬しているあたり、芸能界という難しい世界で活躍しながら頑張っていける亀梨和也さんにとって大きな原動力になっていたのではないかと思います。親子での物の貸し借りが平気でできるのはそれだけ信頼し合っているからでしょう。最初にアニメの曲が聞こえてきた時の反応が見て見たかったかもしれません(笑)

亀梨和也のプロフィール③芸能界裏話

亀梨和也のジャニーズ事務所に入ったキッカケ

従姉妹が事務所に履歴書を送り、野球練習後の亀梨を父親が黙ってオーディション会場に連れて行き、合格となる。何も知らされてなかった亀梨は、みんなが今時のおしゃれなジャージを履いているのに対し、自分だけ裾がしぼられているジャージで恥ずかしかったという。ちなみに同じオーディションには中丸も一緒だった。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

亀梨和也~グループ想いだからこそ

現在は、KAT-TUNを脱退している赤西仁さんですが、メンバーだったときは喧嘩が絶えなかったと言います。
コンサートの際に、動きが悪かった赤西仁さんに強気に詰問し、殴り合いの喧嘩になることもしばしば。
グループでの仕事に対して真面目に取り組む姿勢が強い亀梨さんだけに、赤西仁さんの勝手な行動にはフラストレーションがたまっていたのでしょう。

出典:http://xn--r8jwmybtf1e156q0uov96ggnm.jp

他のグループでも自分で応募した人や身内が応募したらという事がらもありますが、何も告げずにつれていってという亀梨和也さんの父親さんはこの時もう応援する気でいたんでしょうね。
現在では過去の事を聞かれても気持ちを言う事ができてきたそうですが、当時はグループに対して相当不安と苛立ちを持っていたのではないでしょうか?でないと喧嘩にまで発展しませんから、自分のグループを大切に思い合っているからこそぶつかり合ってしまった。結果はどうであれそれがその時彼らには必要だったのかなと思いました。

亀梨和也のプロフィール④~今までに出演した作品は?

●亀梨和也今までに出演した作品①「3年B組金八先生 第5シリーズ」

●亀梨和也今までに出演した作品①「3年B組金八先生 第5シリーズ」~あらすじ

1980年代前半にTBSで放送されていた学園ドラマ『桜中学シリーズ』のメインとなる作品。東京都の区立桜中学校[2](第3シリーズとスペシャル7・8のみ区立松ヶ崎中学校。いずれも架空)を舞台に、中学校の教員(国語担当)である坂本金八(さかもときんぱち)が、学級担任をしている3年B組内に起こる様々な問題を体当たりで解決していくというのが大まかなあらすじである。

出典:http://ja.wikipedia.org

●亀梨和也今までに出演した作品①「3年B組金八先生 第5シリーズ」~出演者

坂本 金八 - 武田鉄矢
兼末健次郎 - 風間俊介
安井ちはる - 岡あゆみ
桜田友子 - 小高早紀
山田邦平 - 五十畑迅人
鈴木サオリ - 佐々木恵理
塩沢好太 - 森雄介
佐伯蘭子 - 金田美香
日野敬太 - 片山雅彦

出典:http://ja.wikipedia.org

●亀梨和也今までに出演した作品②「セカンド・ラブ」

●亀梨和也今までに出演した作品①「3年B組金八先生 第5シリーズ」~あらすじ

才能を持ちながらステージに立つ機会を失ったコンテンポラリーダンサー・平慶と、同僚との不倫関係から抜け出せない高校教師・西原結唯が運命の出会いを果たし、捨て身の激愛に溺れていく。

出典:http://ja.wikipedia.org

●亀梨和也今までに出演した作品①「3年B組金八先生 第5シリーズ」~出演者

西原 結唯 - 深田恭子
野口 綾子 - 早見あかり(幼少期:平澤宏々路)
一之瀬 佑都- 大貫勇輔
田島 茂良 - 寺島進
尾崎 伸二 - 犬飼若博
竹内 そら - 小芝風花
高柳 太郎 - 生瀬勝久

出典:http://ja.wikipedia.org

亀梨和也プロフィール~総括~

亀梨和也のプロフィールのまとめ
最初から仲良く集まってつくられたグループではないのだから
各過程で色々あって当然の事
その中でよりメンバーの事やグループの事そして自身の事
今一番熱く本気に大事に思っていたのではないでしょうか
今やプロ野球やニュース番組のキャスターとしても活躍している亀梨和也
これからもその歩んでいく道を見ていきたいと思います。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ