記事ID107814のサムネイル画像

歌手で俳優の星野源さんは、ある病気から奇跡的な復活を遂げていた!

歌手、俳優として活躍する星野源さん。そのマルチな才能は留まる事を知りません。そんな星野源さん、実はある病気で二度も活動休止を余儀なくされました。しかも、発症すると1/3の確率で後遺症が残るこがある病気です。一体どんな病気だったのでしょうか。

重い病気から奇跡の復活を遂げた星野源さん

星野源さんは今でこそ歌手としてでなく俳優として活躍されていますが、かつてはある病気に苦しめられていました。
若くして病気になってしまった星野源さん。
星野源さんを襲った病気はどんなものだったのでしょうか。

マルチな才能の持ち主、星野源さん

ここでは、簡単に星野源さんについてご紹介します。

名前:星野源
生年月日:1981/1/28
年齢:35歳
血液型:AB型
身長:168cm
出身地:埼玉県
職業:シンガーソングライター、俳優

星野源さんは中学の頃から、音楽活動と演劇活動を同時に行っていたそうです。
その経験が現在に活きているのかもしれませんね。

歌手として活躍する星野源さん

SAKEROCK結成

自由の森学園高等学校出身の星野源さんは、同じ高校出身のメンバーで「SAKEROCK」というバンドを2000年に結成しました。
メンバーには俳優の浜野謙太さんもいました。

ソロデビュー

2010年になると星野源さんは、1stアルバム『ばかのうた』でソロデビューを果たします。
そのアルバムは第3回CDショップ大賞に入選しました。

『くだらないの中に』

2011年3月2日にリリースされた『くだらないの中に』が、星野源さんの1stシングルとなりました。
実はこの頃にはある作品をきっかけに、俳優業が軌道に乗り始めていました。

俳優として活躍する星野源さん

映画『地獄でなぜ悪い』

2013年に公開された映画『地獄でなぜ悪い』に出演した星野源さん。
この作品と、映画『箱入り息子』での演技が評価されて、第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。

朝ドラ『ゲゲゲの女房』

2010年に放送された松下奈緒さん主演の朝ドラ『ゲゲゲの女房』。
星野源さんはこの作品で、松下奈緒さん演じる布美恵の弟の飯田貴司を演じて、知名度が上がりました。

星野源さんを襲った病気とは

2012年、星野源さんはある病気で突然倒れたのです。
一体どんな病気だったのか、見ていきましょう。

倒れる

2012年12月、レコーディング直後に星野源さんは「バットで殴られたような痛みで立っていられない」ほどの痛みに襲われ、突然倒れてしまいます。

緊急手術

緊急搬送された星野源さんは「くも膜下出血」と診断されました。
緊急手術が決まったのですが、星野源さんに「絶対助かります!」と言った主治医の先生。
しかし、周りには「後遺症が残る可能性が高い。」と話していたそうです。

このエピソードからもいかに星野源さんが重篤だったかがわかりますよね。

そして、星野源さんを襲った病気は「くも膜下出血」だったのですが、野球選手の木村拓也さんも、「くも膜下出血」で亡くなってしまいましたよね。

一体「くも膜下出血」はどんな病気なんでしょうか。

くも膜下出血とは、「くも膜下腔」と呼ばれる脳の表面の隙間にある動脈にコブができ、破裂してしまう病気です。
高齢者だけの病気ではなく、星野源さんのように若い方でもなる病気なのです。

くも膜下出血を発症してしまうと、1/3は死亡すると言われています。
手術や治療を受けても1/3は言語障害や手足に麻痺が残ると言われているのです。

星野源さんも緊急搬送された際は、手足に麻痺が残る可能性を示唆されていました、

症状

くも膜下出血の症状は激しい痛み、吐き気が主なものですが、「人生最悪の痛み」と言われるほどの激痛を感じます。
星野源さんも「バットで殴られたような痛み」と表現しているほどです。

星野源さんは手術が成功した後も、「病室の窓から今すぐ飛び降りたい」と思うほど、激痛と不眠不休で闘っていたといいます。

しかし、痛みに闘い抜いた星野源さんは、復帰を遂げるのです!

再入院

2013年の2月に復帰した星野源さんでしたが、病気の手術箇所が完治していないことが6月に判明しました。
7月には武道館ライブを控えていた星野源さんでしたが、経過観察と治療に専念するため、再び活動を休止せざるを得なくなったのです。

治療に専念

武道館ライブを断念し、治療に専念した星野源さん。
それが功を奏したのか、後遺症や、再発の恐れなしと医師のお墨付きをもらい、再び芸能活動を再開することができるまでになりました。

完全復帰

2014年2月16日に1度は断念した武道館でのライブを再び実現させた星野源さん。
ファンの前で病気から完全復帰した姿を見せたのでした。

『SUN』

「これまで病気で散々苦しんできたし、暗い曲はもういい。とにかく明るく、太陽のような曲を作りたい」という思いから『SUN』が誕生しました。

『SUN』は、紅白に初出場した時に歌った曲であり、星野源さん最大のヒット曲となりました。

病気を乗り越え活躍し続ける星野源さん

ドラマ『コウノドリ』

2015年に放送されたドラマ『コウノドリ』では、笑わず、冷静沈着な主人公の同期である四宮春樹を演じた星野源さん。
普段のニコニコした印象とは真逆の役を見事に演じていました。

大河ドラマ『真田丸』

現在放送中の大河ドラマ『真田丸』で徳川家康の嫡男である秀忠を演じている星野源さん。
珍しい武士姿も必見ですよ。

新ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』

そして新ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に出演が決まっている星野源さん。
なんと主演の新垣結衣さんと、契約結婚で結ばれる夫を演じます。
ドラマ主題歌を担当するのも星野源さんなので、今から楽しみですね。

病気から復活した星野源さんについてご紹介しました

いかがでしたか?
星野源さんは「くも膜下出血」から二度の闘病生活を経て奇跡の復活を遂げていました。
死を目の前にした経験があるからこそ、星野源さんの行動一つ一つにはパワーがみなぎっているのかもしれませんね。

これからも星野源さんから目が離せません!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ