記事ID106497のサムネイル画像

人生観を学べる!戦国の偉人、明智光秀の残した名言4選をご紹介

戦国武将明智光秀の信念や生き様は、泣きたい時、くじけそうなときに、私たちを奮い立たせてくれます。昔の武将の名言から得られることは、沢山あるものですよね。戦国武将の中でもミステリアスな存在である明智光秀の名言を4つご紹介します。

明智光秀とは?

明智光秀(アケチミツヒデ)は、戦国時代、安土桃山時代にかけての代表的な戦国武将です。

百姓であったにもかかわらず、織田信長に見出されて重臣に取り立てられ信長を支えてきました。

明智光秀は信長の天下統一目前に、謀反を起こして信長を自害まで追い込みしました。

しかしその直後、豊臣秀吉に山崎の戦いで敗れ、逃走中土民からの襲撃に遭い、その生涯を終えてしまいます。

長年仕えた信長に対する謀反はなぜ起こったのか、40歳以前の過去が明らかになっていないなど、明智光秀は歴史上もっともミステリアスな人物と言われています。

今回はそんなミステリアスな戦国武将、明智光秀の残した名言をご紹介します。

明智光秀の名言 ①

「初心をわすれるな」

この名言は、とても有名で今でも様々な場面で使われていますね。

明智光秀の父が亡くなり、葬儀が営まれた時に生まれた名言だったと言う事を知っている方は少ないのではないのでしょうか。

明智光秀の父の葬儀に、立派な武士が一人。
その武士は自分の線香の順番になると、刀を脇に置き、農民のような態度で線香したのです。

その姿を皆が笑った時、

「あの物は自分の重臣だが、もともとは農夫。父の計らいで今がある、その恩を忘れずに農民だった頃の初心で父を弔ってくれている。笑ったおまえ達は馬鹿者だ。」

明智光秀がこのようにたしなめて言った言葉から、この名言が生まれたのです。

「初心を忘れるな」

この名言は、仕事に対しても恋愛に対しても言えますね。

何に対しても、マンネリは良い事ではありません。

明智光秀の名言 ②

仏の嘘をば方便といい、武士の嘘をば武略という。これをみれば、土地百姓は可愛いことなり。

「仏の嘘は方便と言う。武士の嘘は武略と言う。それなのに一般の土民達や百姓の嘘はなぜ許されないのか。かわいらしいものではないか。」

という意味の名言です。

この名言は、武士と仏を批判し、土民や百姓の目線に立った言葉。

明智光秀は誠実で、民衆の人の立場になって物事を考える事の出来る武将であることが分かります。

私達は普段、嘘も方便、物事を運ぶためにプラスになるような嘘や、相手の気分を悪くしないための配慮の嘘も場合によっては使うこともしばしば。

困った人や自分とは違う立場の人の目線を持って、物事を考えて行動していかなければいけない、嘘も方便であると、考えさせられる名言ですね。

明智光秀の名言 ③

「問題は人を得ることです。」  

この名言は、明智光秀が朝倉義景の城で居候をしている時に出来たもの。

朝倉義景は、日本各地のどの地方へ進出し、城を築くのが一番良いかしきりに訪ねていました。

明智光秀は、お寺のある場所に進出する事が大切であると答えたが、その後この名言を口にしたのです。

「しかし、問題は人を得る事です。」

この名言は、どんなに良い場所、立派な建物、道具があってもそれを使いこなすのは人間。

人を得る事が一番重要であるという意味。

何をするにも、いい人間を得なければ、どんなにいい建物も道具も、猫に小判に終わってしまいますね。

時代を超えて、共感できる名言と言えます。

明智光秀の名言 ④

順逆二門に無し 大道心源に徹す五十五年の夢 覚め来れば 一元に帰す心しらぬ 人は何とも言はばいへ身をも惜まじ 名をも惜まじ

これは、名言というよりも、明智光秀が詠んだ代表的な漢詩の直訳になります。

実際に明智光秀が詠んだ漢詩は
「順逆無二門 大道徹心源 五十五年夢 覚来帰一元 」。

少し難しいですね。
一体どういう意味なのでしょうか?

この名言は、本能寺の変を起こした後に詠まれたと言われています。

「自分は間違っていない。55年の夢から覚め、これから新しい人生が始まるのだ
私の心を知らない者は 何とでも言え。もはや身も名も惜しくない。」

という意味の事を言っています。

明智光秀は、本能寺の変の後、後ろめたさはあるが、自分自身は、決して間違ったことはしていない、という心境だったのでしょうか。

この名言は、自分が正しいと思う事をするのに、自分自身の身や名誉を惜しんではいけない時もあるのだと、私達を勇気づけてくれますね。

私達は、どんな夢を持っていても、信念がなければ行動を起こし叶える事はできません。

明智光秀の、身の危険も名誉もいとわずに自分の信念を貫く生き様、とてもかっこいいですね。

心に響く名言は見つかりましたか?

明智光秀の残した名言は、武将としての信念の強さ、努力、農民や土民など他人への思いやりを感じさせるものばかり。悩んだり落ち込んだ時、是非、明智光秀の残した名言を思い出してみてください

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ