記事ID10458のサムネイル画像

共演NG!?田中みな実とマツコ・デラックスの関係性とは一体!?

アナウンサーなのに、ぶりっこキャラで一躍有名になった田中みな実さん。そして、職業はコラムニストとしながらも、その歯に衣着せぬ発言が話題となり、今やテレビで見ない日はないマツコ・デラックスさん。そんな、田中みな実さんとマツコ・デラックスさんには、さまざまな因縁があります。二人の関係性について紐解いていきたいと思います!

現在はフリーアナウンサー!田中みな実さんのプロフィールとは?

プロフィール

田中 みな実(たなか みなみ、1986年11月23日 - )は、日本のフリーアナウンサー。元TBSアナウンサー。埼玉県朝霞市出身。テイクオフ所属。

出典:http://ja.wikipedia.org

本名 田中・エイミー・みな実
愛称 みなみん
出身地 日本 埼玉県朝霞市
生年月日 1986年11月23日(28歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク市 生
血液型 A型
最終学歴 青山学院大学文学部英米文学科
所属事務所 テイクオフ

出典:http://ja.wikipedia.org

生い立ちから学生時代

埼玉県朝霞市出身(出生はアメリカ合衆国ニューヨーク市)。ニューヨークで生まれたことから父が「エイミー」というミドルネームを命名。出生後は日本に戻るが、小学校1年からロンドンやサンフランシスコなどを転々とし、中学に入る前に再度日本に戻った。大妻中学・高等学校では6年間器械体操部に在籍、2005年には部長を務めた。

出典:http://ja.wikipedia.org

田中みな実さんの生まれはアメリカなんですね!ミドルネームがついてるなんて初めて知りました♪

青山学院大学文学部英米文学科入学。在学時はテニスサークル「ELLE」に所属。同サークルのマドンナ的存在で憧れの先輩の小川彩佳がアナウンサーに内定したのをきっかけに、アナウンサーの仕事へ興味を持ったという。また、キャンパスパークに所属し、ファッション雑誌やポスターでモデルの仕事も経験。2007年には「ミス青山コンテスト2007」に出場、準ミスに選ばれる。

出典:http://ja.wikipedia.org

TBSアナウンサー時代

2009年
青山学院大学卒業後、TBSテレビ入社。
4月7日、『アナCAN』で同期入社の江藤愛と共にアナウンサーデビュー。4月12日、『アッコにおまかせ!』にて全国放送でお披露目、江藤愛と共に自己紹介をした。当初から『アナCAN』公式サイト内でブログを書いていたが、番組終了に伴い閉鎖。その後現在のブログが始まっている。なお、記事の移行はされていない。

2014年
6月25日、自身のブログを通じ、同年9月30日をもってTBSを退社、フリーアナウンサーに転身することを発表した。

出典:http://ja.wikipedia.org

ぶりっこキャラで有名になった田中みな実さん。その後は・・・

現在はフリーアナウンサー

TBS退社後は宮根誠司、羽鳥慎一らの所属する芸能事務所テイクオフに所属。TBSテレビ『有吉ジャポン』『ジョブチューン アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』およびTBSラジオ『田中みな実 あったかタイム』『ジョブチューンR』に引き続き出演する一方で、10月26日にはフジテレビ『ニュースな晩餐会』で初の他局へのレギュラー出演を果たす 。

出典:http://ja.wikipedia.org

田中みな実さんの現在は、ぶりっこキャラではないようです!

バラエティ番組に欠かせない存在となったマツコ・デラックスさんのプロフィールとは?

プロフィール

マツコ・デラックス(男性、1972年10月26日 - )は、日本のコラムニスト、エッセイスト、女装タレント、司会者。千葉県千葉市花見川区出身。所属事務所はナチュラルエイト。

出典:http://ja.wikipedia.org

ペンネーム マツコ・デラックス
誕生 1972年10月26日(42歳)
日本   千葉県千葉市花見川区
職業 タレント コラムニスト エッセイスト 女装家
活動期間 2002年7月 -
エッセイ
代表作 「週刊女装リターンズ」
処女作 『アタシがマツコ・デラックス!』

出典:http://ja.wikipedia.org

文筆活動

編集者時代

芸能界進出以前における経歴については、まとまった記載はないが、美容師見習い、ゲイ雑誌「Badi」の記者・編集者などをしていた。ゲイ雑誌の編集者を辞めた後は一時期実家で引きこもり生活を送っていた。文筆活動を薦めることで、そんな状況を救ったのは中村うさぎだった。

出典:http://ja.wikipedia.org

コラムニスト時代

2000年頃から180×3のスリーサイズ・体重140kgの巨体に女装するというスタイルでの活動を行い、そのキャラクター性を生かしたタレント活動を開始する。また文筆業でも「マツコ・デラックス」の筆名でコラムニストとして幾つかの雑誌で連載を持つ。 新聞およびニュースサイトの見出し欄などでは、文字数制限の問題から「マツコDX」と表記されることがある。2002年、ソニー・マガジンズ社から『アタシがマツコ・デラックス』を発表、以後も定期的にエッセイ集などを執筆している。

出典:http://ja.wikipedia.org

そして現在へ・・・

現在はバラエティ番組で活躍

テレビ番組初出演は、フジテレビ『ワンナイR&R』の前身番組『エブナイ』だった。2005年にTOKYO MXの情報番組『5時に夢中!』のコメンテーターを務め、2015年現在も月曜日に出演し継続中である。本人にとって代表的な番組であり、最も長期レギュラー、初レギュラーでもある。2007年1月放送の日本テレビ『ジェネジャン・未成年の"生"と"性"スペシャル』にはパネリストとして出演している。

出典:http://ja.wikipedia.org

2009年、フジテレビで自身初の冠番組『マツコの部屋』が開始。それまでマネジメントも自分でこなしていたが、友人であるミッツ・マングローブの伯父である徳光和夫に「事務所に入った方がいい」との助言を受け、芸能事務所・ナチュラルエイトに所属した。

出典:http://ja.wikipedia.org

2011年、ラジオでも文化放送で冠番組『井筒とマツコ 禁断のラジオ』が開始。以降、『マツコ&有吉の怒り新党』、『月曜から夜ふかし』、『アウト×デラックス』などマツコの自由かつ毒舌混じりな発言を大いに活かしている番組が続々始まる。 2012年4月、日本テレビ『三毛猫ホームズの推理』で連続ドラマ初出演。

出典:http://ja.wikipedia.org

マツコさんを見ない日はないほど、バラエティを中心に出演していますよね♪

そんな田中みな実さんとマツコ・デラックスさんの因縁とは・・・

動画で見る!田中みな実さんとマツコ・デラックスさんの因縁の戦い!?

因縁の戦い

田中みな実さんとマツコ・デラックスさんの共演は主に、田中みな実さんがTBSのアナウンサーの時でした。ぶりっこキャラでやっていた田中みな実さんにとって、当時毒舌で注目されていたマツコさんは、天敵のような存在でした。そんな二人が共演している動画を集めてみました♪

マツコさんと田中みな実さんの初共演の動画です!初めからかなりヒートアップしています。

ぶりっこ全開の頃の田中みな実さん!マツコさんの毒舌が冴え渡ります!

この頃の田中みな実さんは、マツコさん以外の方にもダメ出しを受けています!

その結果、田中みな実さんとマツコさんは・・・

現在は共演NG!?田中みな実さんとマツコ・デラックスさんの真相について調べてみました!

共演NGの真相

マツコ・デラックスが田中みな実と共演NGになったそうです。これは「有田とマツコと男と女SP」(2011.12.20)内でマツコ自身が本番中に語った話だそうで、一部の芸能情報などでは「一介の女子アナが人気タレントを共演NGにするとは何たる態度」などと騒いだりもしていますが、大げさに取り上げて、話題作りに乗せられてしまう事自体、まさに番組制作者の思うつぼだとも言えるでしょう。

出典:http://p.booklog.jp

実際には、マツコは、ぶりっ子キャラだから田中みな実が嫌いだと言うのではなく、「女子アナをアイドルとして売り出す」というテレビ局の戦略が不快だから、田中みな実に絡みたがらないのだと思います。どう絡んでも、田中みな実のアイドル化(知名度アップ)に貢献してしまいますので、きっと、その事の方が受け入れられないのです。

出典:http://p.booklog.jp

田中みな実さんではなく、マツコさんはテレビ局のやり方が嫌いだったんですね。。。

田中みな実さんとマツコ・デラックスさんの今後の共演の可能性はあり得るのか?

今後の共演

現在、フリーアナウンサーとなった田中みな実さん。今はぶりっこキャラを封印しているようです!マツコさんもテレビにひっぱりだこなので、今後の共演は多いにあり得ると思います!!真面目になった田中みな実さんとマツコさんの共演に期待しています!!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ