ライザ・ミネリ主演のミュージカル映画『キャバレー』まとめ

『キャバレー』は、1972年に公開されたアメリカのミュージカル映画です。ライザ・ミネリ、マイケル・ヨークが競演した『キャバレー』は、アカデミー賞で8部門受賞するなど高い評価を受けています。この記事では、映画版『キャバレー』について詳しくご紹介します。

映画『キャバレー』とは?原作は?

1972年にアメリカで制作された映画『キャバレー』は、1966年のオリジナル舞台版を元に作られました。舞台版と映画版ではラストが異なります。

『キャバレー』の舞台版は、アメリカのクリストファー・イシャーウッドの短編集『ベルリン物語』を原作にミュージカル化されたものです。

『キャバレー』の舞台版も、トニー賞を9部門受賞、2年10ヵ月のロングラン公演されるなど、既に人気を博している作品でした。

映画版『キャバレー』に出演しているジョエル・グレイは、舞台版『キャバレー』にも出演しており、同じ役を演じています。

映画『キャバレー』のストーリー

1929年頃のベルリン

映画『キャバレー』は、1929年から1930年のドイツ・ナチスが台頭してきた頃のベルリンのキャバレーを舞台にしています。

華やかなキャバレーとは真逆の、不穏な空気が漂っている時代です。

キャバレー歌手のサリーは、性格も生き方も違うロンドンから来た留学生・ブライアンと出会い、恋に落ちます。2人の間にマクシミリアンという男性が介入し、物語が展開していきます。

『キャバレー』は恋愛を描くだけの映画ではありません。キャバレーで生まれるドラマ・歌の間で、浮き彫りになるファシズムの力が現れていきます。

ミュージカル版と映画版のラストの違いにも注目です。

映画『キャバレー』の人物・キャスト紹介

サリー・ボールズ:ライザ・ミネリ

若手ですが人気のキャバレー歌手です。ライザ・ミネリは、この映画でアカデミー賞主演女優賞とゴールデングローブ賞主演女優賞をダブル受賞しました。

映画内のライザ・ミネリの高い歌唱力と演技力にも注目です。

『キャバレー』の受賞後は、アルコール依存症や薬物中毒になってしまい引退危機に追い込まれており、それほど出演作品が多くありません。

ミュージカルでは『Flora the Red Menace』、『シカゴ』、映画『ニューヨーク・ニューヨーク』などの代表作に出演しています。

現在は治療を継続しつつ女優・歌手業に復帰し、2010年には映画『セックス・アンド・ザ・シティ2』に本人役で出演するなど活動をしています。

ブライアン・ロバーツ:マイケル・ヨーク

キャバレー歌手のサリーとは正反対の生き方をしている男性です。サリーとは友情で結ばれ、やがて恋に落ちてゆきます。

マイケル・ヨーク(1942年3月27日~)は、イギリスの俳優です。映画『ロミオとジュリエット(1968)』、『三銃士』(1973)『オリエント急行殺人事件』などの代表作に出演しています。

マクシミリアン・フォン・ヒューナ:ヘルムート・グリーム

サリーとブライアンの間に割って入るバイセクシュアルの男性です。ヘルムート・グリーム(1932年4月6日 ~2004年11月19日)は、ドイツ出身の俳優で、1960年代から1970年代を中心に映画界で活躍しました。

真ん中の金髪の男性です。セクシーな演技力が魅力的です。

MC:ジョエル・グレイ

サリーの働くキャバレーでMCをしている男性です。全てを見通しているかのような人物で存在感があります。ジョエル・グレイの歌唱力と演技力が見逃せません。

映画・舞台ともに『キャバレー』といえばこの人のイメージがついているという方も多いはず。

ジョエル・グレイは『キャバレー』での演技力が高く評価され、アカデミー助演男優賞、ゴールデングローブ賞 助演男優賞など数々の映画賞を受賞しました。

ジョエル・グレイは、1967年の舞台版、ミュージカル『キャバレー』にも同じ役で出演しており、トニー賞のミュージカル部門・最優秀助演男優賞を受賞しています。

映画『キャバレー』の感想をご紹介

映画版『キャバレー』の感想をご紹介します。ミュージカル映画と謳っていますが、中にはミュージカルという感じではないという声も。普通の映画として楽しめる作品なのでしょう。

ミュージカル部分とストーリー部分が分別されてて分かり易い
観客の一員になったようでほんとに舞台を見ている感覚になり
お酒のにおいやタバコの煙までもがリアルに伝わってきます

出典:http://movies.yahoo.co.jp

ミュージカルを見ているというよりも
ドラマの一部としてショーのシーンがある
という言い方が正しいのかもしれない。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

ドラマ面では、かなり深刻な時代背景を空気感覚も含めて上手に再現しています。そして、風変りなカップルの恋愛模様と閉塞していく社会状況の変化を同時に描いて重量感のあるドラマとなっていきます。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

映画『キャバレー』まとめ

映画版『キャバレー』についてご紹介しましたがいかがでしたか?華やかなキャバレーと、不穏な空気の漂う現実との対比が見どころの映画です。

映画『キャバレー』は、多数の賞を受賞した魅力的な役者、歌・ダンスに囲まれた名作です。ミュージカル映画が苦手という方でも、映画として楽しめる作品なのでおすすめです。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ