映画「本能寺ホテル」で綾瀬はるかさんは、現代と戦国時代を行き来するという主人公「倉本繭子」を演じられました。 繭子は現代では周囲に流されるまま自分の意見を強く言うことのない性格の人物ですが、戦国時代では信長や森蘭丸といった面々と奥せず交流するばかりか、「信長を呼び捨てで呼ぶ」「無理強いをする信長を叱る」などの大胆さを発揮します。

この画像が掲載されているまとめ

この画像が掲載されているまとめ