映画「世界の中心で、愛をさけぶ」でスキンヘッド姿を披露した長澤まさみ白血病の治療を通して、脱毛状態になった主人公を演じる際、かつらではなく実際にスキンヘッドにすると志願した長澤まさみさん。 スキンヘッド姿になっても、その美貌が輝いていますね。 長澤まさみさんと言えば、セカチューと言われる程の代表作になりました。

この画像が掲載されているまとめ

この画像が掲載されているまとめ