【浅田真央】決してTVでは語られない亡くなられた両親の真実とは

フィギュアスケーターとして唯一無二の存在である浅田真央。今はスケートを休止中。学校に通ったりと順風満帆な生活を送っている浅田真央。そんな彼女は、両親を亡くしています。若い頃に父が死、数年前には母が亡くなられました。今まで語られなかった浅田真央の両親についてまとめました。

両親が亡くなられたフィギュアスケーター・浅田真央

浅田真央さんのプロフィール

誕生日:1990年9月25日
星座:てんびん座
出身地:愛知県名古屋市
血液型:B型

浅田真央さんの姉は、浅田舞さん!

浅田真央さんの姉は、元フィギュアスケート選手で現在はタレントとして活躍されている浅田舞さんです!これから紹介する浅田真央さんのご両親は、当然、浅田舞さんのご両親でもあります。

浅田真央さん、浅田舞さんのご両親は、娘2人にフィギュアスケートを習わせ、世界の舞台やメディアで活躍するようになるすごい人を育て上げたのですね!

両親について知る前に!浅田真央さんのフィギュアスケーターとしての活躍歴をおさらい!!

浅田真央さんの来歴

浅田真央さんとスケートの出会いは、5歳のときだったそうです。当時、バレエを習っていた浅田真央さんは、バレエで使う足首を鍛えるためにスケートを始めたんだとか。お姉さんの舞さんと共に入会したスケートクラブには、当時、安藤美姫さんも在籍していたんだそう。そこから、浅田真央さんのスケート人生が始まります。

浅田真央さんが、最初に脚光を浴びたのは小学6年生のとき。浅田真央さんは、当時、特例で出場した全日本選手権にて、やや不完全ながらも3回転-3回転-3回転のコンビネーションジャンプ(3回転フリップ-3回転ループ-3回転トウループ)を跳ぶことに成功。世間から「天才少女」として注目を集めます。

その後は、国内での全日本ジュニア選手権で優勝、世界ジュニア選手権でも初出場初優勝を果たすなど、順調に成績を残していきます。拠点を海外に移すなどしながら練習に励み、バンクーバーオリンピック、ソチオリンピックなどに出場しました。

浅田真央さんの主な活躍年表は、次の通りです。

浅田真央さんの活躍年表

2010年バンクーバーオリンピック銀メダリスト[5]。
2014年ソチオリンピック日本代表(6位)。
2008年、2010年、2014年世界選手権優勝。
グランプリファイナル優勝4回。
グランプリシリーズ通算14勝。
2010年バンクーバーオリンピックでは、女子シングル史上初めて、1つの競技会中に3度の3回転アクセルを成功させた[6]。
また、2014年のソチオリンピックでも女子史上初となる6種8トリプルジャンプ着氷を披露した

出典:http://ja.wikipedia.org

浅田真央の知られざる両親【父親】

浅田真央さんの父親は、ホストだった!

浅田真央の両親・父親は、浅田敏治さん(享年56)

浅田真央の両親・父親:浅田敏治さん(享年56)

小学生の頃に父親が死去。

出典:http://news.livedoor.com

名古屋市内の通称「女子大小路」と呼ばれる一角で、真央の父・敏治(56)は売れっ子ホストとして知られた存在だった。

出典:http://news.livedoor.com

繁華街で働いて、家計を支えてきた苦労人だ。

出典:http://news.livedoor.com

浅田真央の両親・父親である敏治さんは、「源氏名:沢村翔」として活躍していた。

浅田真央の両親・父親の敏治さんの印象

ホスト時代の浅田真央の両親(父親):敏治さん

180センチ近い長身、ロマンスグレーを横分けにした風貌は歌手の玉置浩二を彷彿させる。

出典:http://news.livedoor.com

直撃取材は真央の女性マネジャーに制止されたが、父の娘へのまなざしは柔和そのもの。

出典:http://news.livedoor.com

浅田真央が、小学生の頃に亡くした両親・父親。
とっても悲しい出来事です。

浅田真央の知られざる両親【母親】

浅田真央さんの母親はどんな人だったのか?

浅田真央の両親・母親は、浅田匡子さん

浅田真央の両親(母親):匡子さん(享年48)

11年12月に早世した真央の母・匡子(享年48)も若くして両親を失っている。

出典:http://news.livedoor.com

姉と2人、それこそ身を削るような努力で生計を立ててきた女性だ。

出典:http://news.livedoor.com

浅田真央の母親が、娘に託した思いとは?

母には家庭の事情で諦めた夢があった。プロのバレエダンサーになる。
その夢を託すように真央には3歳からバレエを習わせた。

出典:http://matome.naver.jp

浅田真央の両親の出会い

浅田真央と両親(父親):敏治さん

青春を犠牲にして働いた男女は夜の街で出会い、やがて結ばれた。後の天才少女が生まれたのは、1990年9月25日。

出典:http://matome.naver.jp

宝塚ファンの父はトップスター大地真央にちなんで「真央」と命名した。

出典:http://matome.naver.jp

2011年に亡くなられた浅田真央の両親の母。
母親は、夫である敏治さんが亡くなられた時にこう語っていました。

「あの頃が一番苦しかった。一家が破産してもおかしくなかった」

出典:http://matome.naver.jp

しかし、女手ひとつで浅田真央、そして姉の浅田舞を育て上げた母。

そして父。立派な両親に育てられた浅田真央。

浅田真央と両親の間でのエピソード

それでは、最後に、浅田真央と両親(母親)の間でのエピソードを少しご紹介していきます。

競技歴のない母は浅田を強くするために一人で学んだ。トレーニングの本を購入し、1998年長野五輪を制したタラ・リピンスキーの演技を映像で見て、夜中まで研究した。母は「素人が何をやっているんだ」という声にも屈しなかった。

出典:https://ja.wikipedia.org

フィギュアをさせたのは、娘にクラッシクバレエをさせたかったから。足首などをを鍛えるために始めさせた

出典:http://sankei.jp.msn.com

伊藤みどりを育てたコーチを直接訪ね、頭を下げ真央を弟子入りさせた

出典:http://www.news-postseven.com

娘には自らのバレエの経験を生かした技術的なアドバイスをしていた

出典:http://sankei.jp.msn.com

真央が銀メダルを獲得したバンクーバー五輪の時も、
ホテルでテレビの前にいたがスイッチは入れられず、
ひたすら勝利を祈っていた

出典:http://sankei.jp.msn.com

浅田真央という娘のために、精一杯陰で支えていった両親(母親)の匡子さん。

世間から、常に浅田真央が大注目される中で、いつもそばにいてサポートしていたそうです。

両親に温かく育てられた浅田真央・今後に注目

浅田真央は、天才フィギュアスケーターとしてその名を世界中に知れ渡っています。
いつも、明るく前向きな浅田真央ですが、その裏では、両親がはやくに亡くなられていたのですね。

これから、浅田真央・浅田舞で2人で両親の教えを元に日々前を進んでいくのでしょう。
今後の2人を温かく応援していきたいですね。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ