人気番組・今日の料理に進行役として出演している人とは?【nhk】

nhkの人気番組「今日の料理」は、50年以上にわたって放送されています。そんな「今日の料理」では、nhkのアナウンサーだけではなく、あの人気俳優やタレントも進行役として出演しています。今回は、nhkの「今日の料理」に進行役として出演している人を紹介します。

nhk「今日の料理」の出演者①

nhk「今日の料理」の出演者
1人目は、谷原章介です。

nhk「今日の料理」の出演者・谷原章介は、1992年10月、『メンズノンノ』の専属モデルとなり、1994年11月までの2年間務めました。

nhk「今日の料理」の出演者・谷原章介は、1995年、23歳の時に映画『花より男子』の道明寺司役で俳優としてデビューしました。

nhk「今日の料理」の出演者・谷原章介は、1999年、『リトルショップ・オブ・ホラーズ』で初舞台を踏み、2004年、『カミングダウト』でバラエティ番組の司会に初挑戦しました。

nhk「今日の料理」の出演者・谷原章介は、2007年1月6日より、約10年半に渡り司会を務めた寺脇康文の後任として、TBS『王様のブランチ』のメインキャスターを務めることになりました。

nhk「今日の料理」の出演者・谷原章介は、2007年3月、元タレントの三宅えみと結婚し、現在6人の子供の父親になっています。

nhk「今日の料理」の出演者・谷原章介は、2015年4月5日放送分より、朝日放送・テレビ朝日系の老舗クイズ番組『パネルクイズ アタック25』第3代総合司会者を務めています。

nhk「今日の料理」の出演者・谷原章介は、ドラマや映画以外にも、「プロミス」や「アサヒビール」などのCMにも多数出演しています。

nhk「今日の料理」の出演者②

nhk「今日の料理」の出演者
2人目は、アンドレア・ポンピリオです。

nhk「今日の料理」の出演者・アンドレア・ポンピリオは、東京都内のインターナショナル・スクールで学生時代を過ごした後、イタリアに渡りました。

nhk「今日の料理」の出演者・アンドレア・ポンピリオは、ローマの高校を卒業した後、コミュニケーション分野と舞台装飾を専攻するかたわら、日本のマスコミにイタリアのレストランや文化に関する情報を配信するようになりました。

nhk「今日の料理」の出演者・アンドレア・ポンピリオは、日本に帰国後、イタリア放送協会の「裏日本」ドキュメンタリーの進行役などを務めるなど、海外のマスコミ、報道機関の仕事に携わるようになりました。

nhk「今日の料理」の出演者・アンドレア・ポンピリオは、2005年、東京のラジオ局・J-WAVEのナビゲーターになり、海外ののべ11都市に所在するラジオ局からの生放送企画「World Walk Edition」を行い、とりわけBBC Radio1から日本へ向けての生放送を行った初のDJになりました。

nhk「今日の料理」の出演者③

nhk「今日の料理」の出演者
3人目は、中條誠子アナウンサーです。

nhk「今日の料理」の出演者・中條誠子アナウンサーは、1996年にnhkに入局し『NHKニュースおはよう日本』などを担当しました。

nhk「今日の料理」の出演者・中條誠子アナウンサーは、出産・育児休職を経て、文化教養番組の司会やドキュメンタリー等のナレーションを主に担当してきました。

nhk「今日の料理」の出演者・中條誠子アナウンサーは、富山局異動し、夕方ニュースのキャスターなどを担当したが、2014年12月から再び産休に入り、第二子を出産しました。

nhk「今日の料理」の出演者・中條誠子アナウンサーは、4年間の富山局勤務を経て、2015年夏、東京アナウンス室へ異動し復職しました。

nhk「今日の料理」の出演者④

nhk「今日の料理」の出演者
4人目は、後藤繁榮です。

nhk「今日の料理」の出演者・後藤繁榮は、日本大学芸術学部卒業後、1975年にアナウンサーとして入局しました。

nhk「今日の料理」の出演者・後藤繁榮は、1991年から1998年の間は労働組合専従で、その後出向という形で日本語センターに移籍しました。

nhk「今日の料理」の出演者・後藤繁榮は、2011年、“還暦定年”に達することも重なり3月いっぱいでnhk本体を退職しましたが、nhkの番組には引き続き出演しています。

nhk「今日の料理」の出演者・後藤繁榮は、2004年度の第42回ギャラクシー賞奨励賞を受賞しています。

nhk「今日の料理」の出演者・後藤繁榮の実家は、品種改良をして良質な卵を産むヒヨコを養鶏家に供給する仕事をしています。

nhk「今日の料理」の出演者まとめ

俳優やタレント、
元アナウンサーなど
nhkの「今日の料理」には
多彩な人が出演しています。

今後もnhkの人気番組「今日の料理」に
注目していきたいですね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ