人気お笑い芸人・陣内智則が出演した映画とは?主演映画も!?

お笑い芸人として活動し、関西だけではなく関東でも人気の陣内智則。そんな陣内智則はこれまでに多数の映画に出演していました。陣内智則が出演した映画はどんな作品なのか?主演を務めた映画とは!?など、陣内智則が出演した映画について紹介します。

陣内智則のプロフィール

陣内智則は、
1974年2月22日生まれで
よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属しています。

陣内智則は、高校の同級生・西口圭と一緒にNSC大阪校の11期生として入学し、2人で「リミテッド」と称するコンビを結成しました。

陣内智則は、「NSCアマチュア大賞」でグランプリを獲得したものの、相方との意見の食い違いでコンビを解散し、ピン芸人としての再出発しました。

陣内智則は、1999年10月スタートの情報番組『ちちんぷいぷい』の月曜レギュラーに抜擢されたことがきっかけで関西での知名度を上げました。

2003年に『エンタの神様』に出演したことで東京での知名度も上げた陣内智則は、2005年12月31日開催の「輝け!ネタのグランプリ」で優勝し賞金1000万円を獲得しました。

陣内智則は、2011年6月12日、自身初の海外公演「陣内智則 ワールドライブツアー 第1弾 In韓国 NETAJINマイベスト〜世界進出本気で狙ってます〜」を韓国・ソウルで開催しました。

陣内智則は、2012年4月、吉本興業創業100周年記念の舞台作品シリーズ「吉本百年物語」において、第1弾の「大将と御寮ンさん・二人の夢」に創業者・吉本吉兵衛役で国仲涼子とともに主演を務めました。

陣内智則出演映画「ビートキッズ」

陣内智則は、
2005年に公開された映画「ビートキッズ」で
映画に初出演しました。

陣内智則出演映画「ビートキッズ」は、俳優としても活躍した塩屋俊が監督を務め、2005年6月4日に公開されました。

陣内智則出演映画「ビートキッズ」は、風野潮が1998年7月に発表した、子ども向け小説が原作になっています。

映画「ビートキッズ」は、映画の舞台である大阪府と岸和田市が全面協力していることから、陣内智則の他にも、当時の大阪府知事や大阪に本社のある吉本興業からぼんちおさむが出演しました。

映画「ビートキッズ」の主役は、HUNGRY DAYSのメンバー森口貴大が務め、相武紗季や余貴美子、豊川悦司などが脇を固めました。

映画「ビートキッズ」の主題歌は、主演を務めた森口貴大のバンド「HUNGRY DAYS」の「喜怒哀楽」が起用されました。

陣内智則出演映画「劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!」

陣内智則出演映画「劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!」は、
2007年8月4日に公開されました。

陣内智則出演映画「劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!」では、テレビ本編のメインライターである小林靖子が脚本を務めました。

陣内智則出演映画「劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!」は、は平成仮面ライダーシリーズの劇場版で初めて、テレビ本編と劇場版のストーリーが密接にリンクしています。

陣内智則出演映画「劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!」では、過去の平成仮面ライダーシリーズ・スーパー戦隊シリーズに出演した俳優が多くゲスト出演しました。

陣内智則出演映画「ソラからジェシカ」

映画「ソラからジェシカ」は、
陣内智則初の主演映画です。

陣内智則主演映画「ソラからジェシカ」は、吉本興業が主催する2011年・第3回沖縄国際映画祭の企画「地域発信型プロジェクト」で製作された6本の短編作品の1つです。

陣内智則主演映画「ソラからジェシカ」は、成田の落花生工場を舞台に描かれる、寡黙な男とペルー人女性の心の触れ合いの作品になっています。

映画「ソラからジェシカ」で陣内智則は、父の経営する落花生工場で働く無口で女っ気のない男・毅を演じました。

映画「ソラからジェシカ」で演じた役について陣内智則は、「この作品は僕と同じ年の設定で寡黙なところもぴったりだけど、離婚暦のあるところまで設定とあってなくてもいいのにね」と話しました。

陣内智則主演映画「ソラからジェシカ」は、日本航空の国際線機内で、2011年11月から1か月限定で上演されました。

映画「ソラからジェシカ」は、陣内智則の他に、ロザーナ、杉山彦々、川瀬陽太、オデール、島田洋八などが出演しました。

陣内智則出演映画まとめ

陣内智則は、
これまでに3作の映画に出演しました。

今後も陣内智則の活躍に
注目していきたいですね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ