少年マガジンで連載されていました!「涼風」ってどんなアニメ?

2004年から2007年まで少年マガジンで連載されており、アニメ化もされた「涼風」。どんな作品だっかのか?アニメはいつ放送されていたのか?アニメの声優は誰がどの役を務めたのか?など、アニメになった「涼風」について調べてみました。

アニメ化された「涼風」とは?

「涼風」は、
瀬尾公治による漫画です。

『週刊少年マガジン』2003年51号に読み切り「涼風」掲載後、それを引き続く形で2004年12号より連載が開始されました。

「涼風」というタイトルは、ヒロインの名前で、女性専用マンションに暮らす主人公とヒロインの陸上競技部での活動を交えた恋愛物語になっています。

「涼風」の原作では、涼風が留学から帰国した121話から第2部となり、2007年42号で連載を終了、その後、2008年1号において、マガジンドラゴンの宣伝を兼ねた特別編を3ページ、2012年15号において、番外編「帰郷」が掲載されました。

「涼風」は、テレビアニメ化されたほか、携帯電話向けの恋愛シミュレーションゲームの配信やノベライズの発売も行われました。

アニメ「涼風」の主人公の声を担当した声優とは?

アニメ「涼風」の主人公の声を担当した声優は、
中村太亮です。

アニメ「涼風」の主人公の声を担当した声優・中村太亮は、2014年8月1日からマウスプロモーションに所属しています。

アニメ「涼風」の主人公の声を担当した声優・中村太亮は、ふだん舞台やイベントを一緒に開催しているメンバーとVIKINGというグループを組んでいます。

アニメ「涼風」の主人公の声を担当した声優・中村太亮は、2004年、アニメ「テニスの王子様」で声優デビューしました。

声優・中村太亮は、アニメ「涼風」で、精神的に幼く、稚拙な言動が目立ち、他人への配慮に欠け、優柔不断ゆえに物事に対して中途半端な面がある秋月大和役を演じました。

アニメ「涼風」に出演した声優とは?

アニメ「涼風」では、
多くの声優が出演しました。

アニメ「涼風」に出演した声優・三橋加奈子は、18歳の時に『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の清正奈緒子役で声優活動を開始しました。

アニメ「涼風」に出演した声優・三橋加奈子は、声優としての仕事を行う傍ら、音映プロジェクトのアニメ塾部門で講師も務めています。

声優・三橋加奈子は、アニメ「涼風」で、大和とは正反対の性格で、気が強く、完璧主義者でいい加減なことが大嫌いなヒロイン朝比奈涼風役を演じました。

アニメ「涼風」に出演した声優・冨永みーなは、1971年に当時の本名の冨永美子として神山征二郎監督の映画『鯉のいる村』で子役としてデビューしました。

アニメ「涼風」に出演した声優・冨永みーなは、1975年、海外ドラマ『大草原の小さな家』の3女のキャリー役で声優デビューしました。

声優・冨永みーなは、アニメ「涼風」で、涼風の父と涼恵の長女で涼風の姉である朝比奈涼音役を演じました。

声優・細野佑美子は、アニメ「涼風」で、陸上部を退部し、奈々に誘われファッションモデル活動を始めた桜井萌果役を演じました。

アニメ「涼風」には他にも、大山鎬則、細川聖可、鈴木真仁、三浦初美、明坂聡美、甲斐田ゆき、石橋美佳などが声優を務めました。

アニメ「涼風」の主題歌とは?

アニメ「涼風」の
オープニングテーマとエンディングテーマは、COACH☆が担当しました。

アニメ「涼風」のオープニングテーマ曲「スタートライン」は、作詞をTOMBOWが、作曲・編曲を宅見将典が担当しました。

アニメ「涼風」のエンディングテーマ曲「青いフィールド」は、第1話から第14話まで使用されていました。

アニメ「涼風」のエンディングテーマ曲「君のこと」は、第15話から最終話の第26話まで使用されていました。

アニメ「涼風」のオープニングテーマとエンディングテーマを担当したCOACH☆は、明坂聡美、細野佑美子、三浦初美、北浦実千枝、manaの5人で構成された声優ユニットです。

アニメ「涼風」まとめ

漫画「涼風」は、連載を終えていますが
『週刊少年マガジン』2014年11号より続編にあたる『風夏』を連載しています。

アニメも放送は終了していますが
DVD化されています。

是非、ご覧ください。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ