燻し銀の演技で活躍中の俳優、藤竜也さんの出演映画まとめ!

これまで数多くのテレビドラマや映画に出演してきた藤竜也さん。その演技は年を重ねるごとに重厚さを増していますが、ここではそんな燻し銀の演技が光る藤竜也さんが出演してきた映画のうち、5つを取り上げてご紹介してみたいと思います!

出演映画の魅力を一層引き立ててくれる!藤竜也さんのプロフィール

藤竜也

本名 伊藤 龍也
生年月日 1941年8月27日(73歳)
出生地 北京
職業 俳優
活動期間 1962年 -
配偶者 芦川いづみ

大学在学中にスカウトされ日活に入社、1962年映画『望郷の海』でデビュー。数多くの映画に出演した。

1976年公開の大島渚監督の映画史に残る名作『愛のコリーダ』では、ハードコアポルノとして松田英子、中島葵と濃厚な絡みを演じ大きな話題となった。

現在は黒沢清監督の『アカルイミライ』を始め若手監督の作品にも意欲的に出演している。2004年『村の写真集』(三原光尋監督)で第8回上海国際映画祭最優秀男優賞を受賞。

人と動物の間に生まれる無償愛を描いた作品。藤竜也さん出演映画「星守る犬」

『星守る犬』(ほしまもるいぬ)は、村上たかしによる日本の漫画作品。『漫画アクション』(双葉社)にて連載された。2011年現在、単行本は2巻(『続・星守る犬』)で完結している。映画化され、2011年に公開された。

キャッチコピーは、「望みつづけるその先に、きっと希望があると思う。」。

全国317スクリーンで公開され、2011年6月11、12日の初日2日間で興収1億4,408万2,600円、動員11万9,297人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第6位となった。また、ぴあ初日満足度ランキングでも第2位になるなど好評価されている。

藤竜也さん出演映画①「星守る犬」あらすじ

夏。とある山中に放置されたワゴン車から、身元不明の中年男性と犬の遺体が発見された。だが、男性の遺体は死後半年を経過していたが、犬の遺体は死後1ヶ月しか経っていないことが判明。犬はなぜ、男のそばに寄り添って死んだのか……。市役所の福祉課に勤める奥津京介は、偶然出会った少女・有希と共に、死んだ男と犬の足取りを追う旅を始める。旅を進めるにつれ、その男・お父さんが病気を患い、失業、離婚、一家離散、そして家を失い、唯一傍にいた愛犬・ハッピーと共に車で旅に出たことが明らかになっていく。奥津と有希の旅は、東京から北海道へ。お父さんとハッピーは、時に可笑しく、時に哀しく、旅の途中で出会った人びとに、忘れられない思い出を残していた。やがて、旅の終着点で、奥津と有希が見たものとは。そして、「星守る犬」という言葉にこめられた願いとは……。

出典:http://movie.walkerplus.com

藤竜也さん出演映画①「星守る犬」キャスト

キャストは西田敏行さんが主演を演じたほか、玉山鉄二さん、川島海荷さん、余貴美子さん、温水洋一さん、藤 竜也さんなど多くのキャストが出演しています。

藤竜也さん出演映画①「星守る犬」世間の反応

西田さんの愛嬌ある演技で悲壮感を感じさせずに、家族みんなで楽しめる涙腺ちょちょぎれ映画。原作マンガを読んだときも思ったが、孤独とは何だろうと一考にも。もっと踏み込めば孤独なんてないという微かな希望も感じさせてくれる。

出典:http://movie.walkerplus.com

出来はともかく、おっさん的に身につまされる恐怖感で心情を揺さぶられ、そこに犬が絡めば決壊必死。人情ロードムービー的に生き?死に方をなぞらえてていく作り、西田敏行の演技、最高でした。ライフセミナー映画です。

出典:http://coco.to

ありし日の東日本を犬と中年男が北上するロードムービー的な話。劇中のペットに対する人間の、ときに非道な行為、これって単純に非難できないような後ろめたさが誰にでもあるような気がした。それでもワンコは主人に一途なんだよなあ。泣けるぜ。

出典:http://coco.to

藤竜也さん出演映画①「星守る犬」予告動画

小惑星探査機に関わる人々を描いた感動作!藤竜也さん出演映画「はやぶさ 遥かなる帰還」

『はやぶさ 遥かなる帰還』(はやぶさ はるかなるきかん)は、2012年2月11日公開の日本映画。監督は瀧本智行。日本の小惑星探査機「はやぶさ」のプロジェクトとそれに参加した人々を描く。東映60周年記念作品。

「はやぶさ」関連の日本映画は帰還後から相次いで企画され、2011年から2012年春にかけて公開されている。本作は実写作品としては『はやぶさ/HAYABUSA』に次ぐ2番目の作品であり、『おかえり、はやぶさ』と合わせ、20世紀フォックス・東映・松竹の映画大手3社による競作として注目を集めた。

全国311スクリーンで公開され、2012年2月11、12日の初日2日間で興収1億2,821万9,700円、動員10万8,945人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第4位となった。

藤竜也さん出演映画②「はやぶさ 遥かなる帰還」あらすじ

2003年5月9日。小惑星探査機“はやぶさ”を搭載したロケットが鹿児島県内之浦観測所から飛び立つ。その最大の目的は、小惑星“イトカワ”へ行き、太陽系の起源、地球の起源を探る手がかりとなる石や砂を持ち帰ること。しかしそれは、世界でも例のない困難なミッションへの挑戦でもあった。

出典:http://movie.walkerplus.com

藤竜也さん出演映画②「はやぶさ 遥かなる帰還」キャスト

主演は渡辺謙さん。そして、江口洋介さん、夏川結衣さん、小澤征悦さん、中村ゆりさん、吉岡秀隆
さん、石橋蓮司さん、藤竜也さん、山崎努さんら豪華キャストが共演!

藤竜也さん出演映画②「はやぶさ 遥かなる帰還」世間の反応

父親と鑑賞。これが実話だと思うと、本当にすごいの一言に尽きるし、男たちの情熱、リーダーとしての決断力、論理的思考の大切さ…など考えるべきことが沢山あった。はやぶさについて詳しく知らなかったのだが、興味がわいてきた

出典:http://coco.to

この映画、意外なまでに男臭くかつその分野にかける仕事人の男の生きざまを描いている。世界一の頭脳・行動力がこの奇跡を生んだと改めて認識させられる・・・日本人が誇りとする本当に凄い映画です。感動!!

出典:http://coco.to

解説も丁寧に入ってたし、解りやすかったと思います※知識ほぼ0。思ったより脚色の強い演出はなかったかな。ぶつ切り気味は気になったけど。俳優陣はもう流石の一言!この顔触れなら当然だけどw特にベテラン勢は味があったね。

出典:http://coco.to

藤竜也さん出演映画②「はやぶさ 遥かなる帰還」予告動画

絆を取り戻していく家族を描いた作品!藤竜也さん出演映画「サクラサク」

認知症の父親と、家族を顧みず仕事に没頭してきた息子とその家族の再生を描いた、さだまさしの短編小説を映画化。さだの小説の映画化は「精霊流し」「解夏」「眉山」「アントキノイノチ」に続いて5作目で、「精霊流し」でも監督を務めた田中光敏が再びメガホンをとった。主題歌をさだ自らが担当。

藤竜也さん出演映画③「サクラサク」あらすじ

妻子を顧みず仕事に打ち込んできた会社員の俊介は、妻との仲も修復が難しいほどに冷え切っていた。次第に息子や娘との関係もぎくしゃくし、一家は崩壊寸前に思えた。そんな中、同居する父親が認知症になり、俊介はそれまでバラバラだった家族を取り戻そうとある提案を持ち掛け……。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

藤竜也さん出演映画③「サクラサク」キャスト

仕事一筋に生きてきた主人公・俊介を緒形直人さんが演じています。また、その妻を南果歩さん、息子を矢野聖人さん、娘を美山加恋さん、そして認知症を患う父親を藤竜也さんが好演しています。

藤竜也さん出演映画③「サクラサク」世間の反応

家族の間で「ありがとう」「すまなかった」と言い合える。それが何より大切に思えた。生まれた事、老いる事を恨まない。それは生きている事を肯定する事だろう。家族が再生する中で見える些細だけれど温かい思いやりに自然と涙が流れた。

出典:http://coco.to

父親が呆けたことで、仕事中心だった主人公が家族を見つめ直す物語。 さださん原作も読んでるのだが忘れてますが、派手な演出はないけど、藤竜也さん表情や、それぞれが再び繋がっていく姿に共感した。

出典:http://coco.to

おばあちゃんが云う「それが老いという事」の下りは説得力があった。認知症の初期の症状に気付く藤竜也さんの寂しそうな演技にウルウル。家族が急に打ち解けるのには違和感もあったが主題歌『残春』の歌詞もとても良くて余韻に浸ってた。

出典:http://coco.to

藤竜也さん出演映画③「サクラサク」予告動画

武士の矜持、妻への感謝と愛を描いた藤竜也さん出演の映画「柘榴坂の仇討」

『柘榴坂の仇討』(ざくろざかのあだうち)は、浅田次郎による短編小説。『中央公論』(中央公論新社)2002年2月号に掲載され、短編集『五郎治殿御始末』(ごろうじどのおしまつ)に収録された。2014年9月には映画化された。

全国255スクリーンで公開され、20日・21日の2日間で観客動員8万6646人、興行収入1億38万9900円を記録し、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第4位となった。

藤竜也さん出演映画④「柘榴坂の仇討」あらすじ

安政7年、彦根藩士・志村金吾は主君である大老・井伊直弼に仕えていたが、登城途中の桜田門外で井伊は暗殺されてしまう。その後、あだ討ちの密命を受けた金吾は敵を捜し続けて13年が経過する。明治6年、時代が移り変わり時の政府があだ討ちを禁止する状況で、最後の敵である佐橋十兵衛を捜し出し……。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

藤竜也さん出演映画④「柘榴坂の仇討」キャスト

既にない藩の命を守り、主君の仇を追い続ける男・志村金吾を中井貴一さんが、暗殺者の中で最後まで生き残り、武士を捨て孤独に生きる男・佐橋十兵衛を阿部 寛さんがそれぞれ主演として演じています。また、広末涼子さん、中村吉右衛門さん、そして、藤竜也さんといったベテランが大勢出演し、脇を固めています。

藤竜也さん出演映画④「柘榴坂の仇討」世間の反応

追うものと終われるもの、二人のとまったままの時間がゆっくりと動きだしじわじわと高まる緊張がす~っとほどけていく。仇討の顛末も序盤のセリフがちゃんと絡んできていていい。淡々としてるのに時間を感じさせずすっと楽しめる傑作だった

出典:http://coco.to

単純な仇討と思いきや、13年の年月の重さがかかわったすべての人にのしかかり、単純じゃなくなるんだなぁ。仇であっても、会わずとも、その年月は同士のようにしていく…号泣とはならなかったが、バランスがいい良作だ。

出典:http://coco.to

この二人は13年間苦しみ続けてきたんですよね。そして陰で支える女たち。夫婦愛。広末ちゃんが綺麗で奥ゆかしかったなー。「ひたむきに生きる」この深い言葉が胸に沁みました。人の心は美しい。とても良い時代劇でございました。

出典:http://coco.to

藤竜也さん出演映画④「柘榴坂の仇討」予告動画

老いてなお盛ん!藤竜也さんの今後のご活躍にも期待!

いかがでしたでしょうか。
昨年も映画出演のあった藤竜也さんですが、今年もNHK時代劇「 かぶき者 慶次」や、今年公開予定で北野武監督の映画「龍三と七人の子分たち」に出演し、主演を務めるなど相も変わらずな存在感を見せ、老いてなお盛んといった感じの藤さん。そんな藤竜也さんの今後益々の活躍に期待していきたいですね!

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ