熱血演技が印象的!!イケメン俳優織田裕二の出演ドラマ”トップ5”

熱血な役が多いイメージの織田裕二さん。実力派俳優としても有名で、多くの映画・ドラマに出演されていますね。そんな織田裕二さんの出演したドラマの中で人気な作品を5つ紹介します。『東京ラブストーリー』『振り返れば奴がいる』『お金がない!』『踊る大捜査線』『外交官 黒田康作』

実力派俳優と名高い織田裕二

誕生日:1967年12月13日
星座:いて座
出身地:神奈川
性別:男
血液型:A型
身長:177cm
体重:70kg
デビュー年:1987年

1989年6月公開の東宝映画『彼女が水着にきがえたら』で主演の原田知世の相手役に起用され、知名度が高まった。
1991年、フジテレビ系ドラマ『東京ラブストーリー』の永尾完治(カンチ)役で大ブレイク。「月9」という言葉もこの作品から生まれた。ただし、人気とは裏腹に織田自身は、ストーリーが進むにつれ、原作と脚本と自分のイメージとのギャップに悩み、結果的には途中放棄といえるくらい演技的に失敗だったと語っている。そのため、以降の作品では企画・脚本作りの段階から作品に関わるという姿勢を強めることになる。
1993年、フジテレビ系ドラマ『振り返れば奴がいる』で、石黒賢とダブル主演で出演する。織田演じる非情な医師司馬と石黒演じる正義感ある医師石川との男の対立が話題を呼び、ドラマもヒットする。

織田裕二ブレイクのきっかけ『東京ラブストーリー』

1991年1月7日から3月18日まで毎週月曜日21:00 - 21:54に、フジテレビ系の「月9」枠で放送された。主演は鈴木保奈美と織田裕二。

織田裕二ドラマ【東京ラブストーリー】あらすじ

永尾完治を「カンチ」と呼ぶ同僚の赤名リカは、自由気ままに生き、まっすぐに恋をする。リカから想いを寄せられ、最初は戸惑っていたカンチもリカに惹かれるが、同郷の同級生である三上健一と関口さとみとの三角関係が絡み合い、恋は複雑に展開していく。

出典:http://ja.wikipedia.org

織田裕二ドラマ【東京ラブストーリー】キャスト

主演を織田裕二と鈴木保奈美。
他、江口洋介、有森也実、千堂あきほ、西岡徳馬らが出演。

織田裕二ドラマ【東京ラブストーリー】世間の反応

俳優陣では、鈴木保奈美が溌剌とした演技で輝き、当時はまだ無名と言ってよかった織田裕二が一気に「織田スタイル」を確立し、江口洋介・中山秀征・西岡徳馬等の俳優が脇をしっかり固めた、非常に安定感のあるドラマでありました。

出典:http://www.amazon.co.jp

全編(11話)を通して見て改めて気付いたのは、余りにもカンチとリカの思いが繋がっていた時期が短く(4話/5話)、6話以降の特に8話~10話はリカのカンチへの思いの一途さ、懸命さが涙無しには見られない。思えばリカは最初からカンチに対して全力でぶつかっている。8話の踏切での「もう遅いの?」にいたるまでのリカの引裂かれそうな心の揺れを思うと涙物。

出典:http://www.amazon.co.jp

やはりリカの魅力がこのドラマの魅力そのものなのですね。
リアルタイムの私は田舎の高校3年生。都会の大学に入った春、先輩の女性5人組が全員リカみたいな髪型に紺ブレだったのにビックリしたのをよく覚えてます。それほどに影響力があったのですね。
気づいてみれば当時のリカの年をはるかに超えてしまった私ですが、今改めて見てみると、ありとあらゆる「やってはいけないこと」をカンチの前でやってしまうリカに疲れるカンチの気持ちも結構分かる・・・(なんてことを書くとリカファンの方に怒られるかもしれませんが)
ただ、やっぱりさとみには感情移入できないので、カンチの気持ちがリカから離れた後はかなり見るのが辛いです。(それが結構長い)
さとみがただただひたすらに暗いので、最初にもっと明るくて可愛いさとみのエピソードを入れれば、ストーリーの奥行きが広がったと思います。
鈴木保奈美さんはその後色々書かれたりたたかれたりしてたけど、やっぱり可愛いし他のどの出演者よりも芸達者です。中山秀征さんが出ていたことはスッカリ忘れきっていたのでビックリしました(若い)。

出典:http://www.amazon.co.jp

男の対立が話題をよんだドラマ『振り返れば奴がいる』

1993年1月13日から3月24日まで毎週水曜日21:00 - 21:54に、フジテレビ系の「水曜劇場」枠で放送された日本のテレビドラマ。主演は織田裕二と石黒賢。
1993年12月29日にスペシャル版が放送された。

織田裕二ドラマ【振り返れば奴がいる】あらすじ

天真楼(てんしんろう)病院に熱血漢の青年医師、石川が赴任する。勤務先の外科には天才的なメス捌きをもつ医師、司馬がいた。患者に最善の努力を尽くそうとする石川に対し、司馬は医療の際限について冷酷なまでの判断を下す。ふたりは、医師としての信念を巡って激しく衝突する。
やがて、石川は自らの肉体が病魔に冒されていることを知る。石川は司馬の不正を糾弾することに執念を燃やすが、司馬は院内外の人間関係を巧みに操り馬脚を表さない。しかし、末期症状に苦しむ患者を安楽死させたことが発覚し、司馬は病院を去ることになる。ライバルとの決着に安堵した石川は、血を吐いて倒れる。
司馬は命を預かる執刀医、石川はそれに身を託す患者として緊急手術に臨み、ふたりの間に束の間の絆が生まれる。しかし、石川の命は救われることなく、司馬も保身のために利用した元上司の刃に倒れる。

出典:http://ja.wikipedia.org

織田裕二と石黒賢のW主演。
他、 千堂あきほ、松下由樹、西村雅彦
   佐藤B作、中村あずさ、鹿賀丈史ら
豪華俳優陣が出演した。

織田裕二ドラマ【振り返れば奴がいる】世間の反応

個人的な意見ですが…織田裕二の最高傑作は、踊る大捜査線でも東京ラブストーリーでもお金がない…ではないです。間違いなく、この「振り返れば奴がいる」でしょう。
リアルタイムで見てましたが、本当に衝撃的でした。これが織田裕二!?が、率直な印象でした。織田氏も言ってたように、放送当時はトレンディドラマ全盛の時代。主役は女性、男性はあくまで女性の添え物的な存在として扱われていたケースが大半だった。
このドラマは、そんな中で、東京ラブストーリーのカンチのイメージを払拭しようと、織田裕二が魂込めて演じた、硬派な男のドラマ。
ずば抜けて高視聴率だったドラマでもないが、放送終了後に再放送を重ねるたび、織田裕二の悪役ぶりにハマった人も多かったのではないでしょうか。
記録より記憶に残る、名作です。
主題歌もマッチして、とにかく男が惚れる、カッコイイドラマです。
織田裕二には、また、このような悪役を演じて欲しい!

出典:http://www.amazon.co.jp

昔のほうがドラマは面白かった、と思うたびにでてくる作品です。
何度見ても飽きない。DVDも買い損はしないでしょう。
織田先生の悪さにもぞくっとしますが、ずっと優等生だった石黒先生が悪い顔になった瞬間は本当に目を奪われたものです(最終的にはいい人に戻っちゃいましたが)
そして一番良い味をだしているなと思ったのは中村あずささん。悪女っぷりがステキでした。

出典:http://www.amazon.co.jp

織田裕二の主演ドラマの中で最高の作品だと思う。

尊厳死をテーマにしたドラマ。

延命を望む患者家族の意思を優先するべきなのか、
死を望む患者の意思を優先するべきなのか…。

司馬と石川の対立の間で、
「命」について考えさせられる深い作品。

出典:http://www.amazon.co.jp

貧乏役もこなす『お金がない!』

1994年7月6日より9月21日まで毎週水曜日21:00 - 21:54に、フジテレビ系列の「水曜劇場」枠で放送されていた日本のテレビドラマ。主演は織田裕二。
学もなく貧困を極めた青年が一流企業で活躍して仕事を成功させていく痛快なサクセスストーリー。

織田裕二ドラマ【お金がない!】あらすじ

主人公の萩原健太郎は、小さな町工場で働く25歳の青年。亡き親が残した多額の借金を抱えてとても貧乏であったが、幼い二人の弟やあたたかい友人達に囲まれ、楽しく暮らしていた。
そんなある日、健太郎は弟たちと「今度の給料日に焼肉食べに行こう!」という約束をする。ところが、待ちに待ったその日に町工場が倒産。結局、給料は受け取れず、借金の取立てに押しかけられ、挙句の果てには家賃滞納で住んでいた家も大家に追い出されてしまう。
それを機に、再就職先を探していた健太郎は、幼なじみの美智子の紹介で、超大手外資系保険会社「ユニバーサル・インシュアランス」のビルメンテナンス会社に転職する。ある日健太郎は、偶然拾った重要ファイルを盾にして柏木に再就職を迫るが、逆にビルメンテナンス会社をクビにされてしまう。だが健太郎は、ユニバーサル・インシュアランスの社員に成りすまし、ファイルの持ち主である大沢をそそのかして協力させ、大口の契約奪還を成功させる。
それが運よく社長である氷室の目にとまり、健太郎は晴れて社員として正式に採用されることになるが…

出典:http://ja.wikipedia.org

織田裕二ドラマ【お金がない!】キャスト

主演は織田裕二。
他、富田樹央、森廉、財前直見、松崎しげる、
石橋凌、東幹久、田口浩正、井ノ原快彦、
芳本美代子らが出演。

織田裕二ドラマ【お金がない!】世間の反応

個人的には織田君のドラマ作品の中でもベスト3に入る作品。有り得ねぇ~ほどの「サクセスストーリー」なんだけど…だからドラマなんだよね♪最近のドラマはいつからなのか「夢」や「希望」より、妙にリアリティ追求(…そうでなくても世の中暗いのに…)してばかりで、気持ちが暗くなるドラマが多い。

この頃のドラマは観終わったあとに「素敵な爽快感」があった…それが毎回大好きだった♪このドラマの、財前直美はホントに良い感じだしねぇ~♪子役や、東など脇役も暖かくて優しい♪

出典:http://tsutaya.tsite.jp

マヨネーズしか入っていない汚い冷蔵庫、など等…やはり貧乏には汚れがつきまとうのか!?お金を持って変わってしまうのは悲しい。勝つためには何かを捨てなければならない?俺は何も捨てたくないと健太郎。幸せとはお金ではない?でもお金ができたから借金が返せ、借金取りにおびえる生活はなくなった。大金を持ち、その使い道を誤ると不幸せになるのかもしれないと思った。織田裕二はいつものごとく素晴らしいと思う。財前の明るくて優しい役、東幹久の演技が面白かった。

出典:http://tsutaya.tsite.jp

こんなに元気が出るドラマは他にない。
こんなに前向きな気持ちになれる服部サウンドって何度でも聴きたい!

出典:http://tsutaya.tsite.jp

一大ブームを巻き起こした織田裕二の代表作『踊る大捜査線』

1997年1月から3月にかけてフジテレビ系で放映された織田裕二主演の連続テレビドラマ。その後シリーズ化されテレビドラマ・映画・舞台で展開された。その後も「踊るレジェンド」としてテレビドラマや映画のスピンオフ作品が作られた。

織田裕二ドラマ【踊る大捜査線】あらすじ

青島俊作は脱サラして、ようやく念願の刑事になれた。意気込んで、湾岸署に初出勤するものの、そこで青島が見たのは自分が思い描いていたのとは程遠いまでの厳しい現実であった。このような現実に直面しながらも、自らの持つ「自分が思った正しいことをする」という信念を貫く青島は周りとの衝突や葛藤、理不尽な抑圧や現実を経験しながらも、その信念に基づいた行動を実践し、周りの仲間たちと共に喜怒哀楽を分かち合いながら成長していく。

出典:http://ja.wikipedia.org

織田裕二ドラマ【踊る大捜査線】キャスト

主演は織田裕二。
さらに柳葉敏郎、深津絵里、いかりや長介、水野真紀なども出演。
その後のシリーズには内田有紀、ユースケサンタマリア、
小栗旬、小泉孝太郎など人気俳優が多数出演した。

織田裕二ドラマ【踊る大捜査線】世間の反応

力作だったと思います。
TVドラマシリーズから脈々とつながってきたヒューマニズムに満ちたストーリーは健在でした。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

本当に面白い!
コミカルな軽いノリも、シリアス部分もうまく
かみ合って、一時も目がはなせない。
何よりも主演が素朴さと好青年をうまく演じているのが光る。
すみれさん、わくさんも実にいい味をだしている。
ドラマをみて、このワクワク感は久しぶりに味わったような気がする。

出典:http://tv.yahoo.co.jp

これはフィクションだと百も承知で、それでもこういった理想に燃える警官もいると信じたくなる良いドラマでした。
不祥事続きで警察への風当たりは強くなる一方ですが、昔このドラマの放送後、警官を目指す人が増えたとニュースになったのを覚えています。
このドラマを見て「警官になろう」と決めた人が、今も青島のような警官を目指して頑張っていると信じています。

出典:http://tv.yahoo.co.jp

映画の続編を描いたドラマ『外交官 黒田康作』

織田裕二主演で2009年に公開された映画『アマルフィ 女神の報酬』の続編。映画では描かれなかったという主人公の過去が描かれた。キャッチコピーは「『アマルフィ』から1年。舞台はサンフランシスコ、そして東京へ――」。前作の映画ではイタリア・ローマと一部のみアマルフィの観光地が舞台だったが、本作は日本以外に、アメリカ・サンフランシスコとメキシコの3ヶ国が舞台。

織田裕二ドラマ【外交官 黒田康作】あらすじ

イタリアのローマにおいて発生した日本人少女誘拐に端を発する犯罪事件を、イタリア大使館へ赴任したばかりの外交官・黒田康作の尽力で解決した前作より月日は流れ、黒田は南米のボリビアで誘拐された日本人の救出工作を秘密裏に進めていた。この事件を解決した後、上司である安藤庸介から次の任務として在サンフランシスコ日本領事館で外務副大臣・観上祥子の警護をするよう指示される。日本政府がアメリカ産牛肉の輸入規制を解除しない中、現地では輸入規制解除を求める市民団体のデモが発生しており、WTO農業交渉会議に出席する観上の身に危険が迫る恐れがあるという。そしてサンフランシスコに赴任した黒田は、かつて在メキシコ日本大使館で一緒に働いていた霜村毅とそこで再会する。
一方、日本の東京では佃警察署の刑事課に勤務する大垣利香子巡査長が帰宅途中の佃署管内路上で不審遺体を発見する。現場に残っていた遺留品や証拠品から被害者は某大学医学部教授、その殺人容疑者として霜村が浮かび上がってきたが、その矢先に霜村がサンフランシスコで飛び降り自殺をしたとの報が入る。現地に派遣された大垣巡査長に付添われて、霜村の娘で高校生の瑠衣によって死体の身元を確認されたために被疑者死亡により捜査本部は程なく解散、捜査打切りとなった。
ところが、黒田は後日偶然にもサンフランシスコ国際空港のメキシコ方面出発ゲートで霜村らしき人物を目撃する。事実関係を調べるために安藤室長に外務省中米カリブ課にポストを用意してもらい、黒田は11年ぶりに日本へ帰って来る。

出典:http://ja.wikipedia.org

織田裕二ドラマ【外交官 黒田康作】キャスト

織田裕二が主演をつとめる。
他、 柴咲コウ、香川照之、萩原聖人、田中圭など
豪華俳優陣が出演した。

織田裕二ドラマ【外交官 黒田康作】世間の反応

スケールの大きいドラマ。配役もとても良い。
頑張れ黒田/大垣

出典:http://www.ch-review.net

アラフィフのおっさんです。毎週欠かさず見てます。織田さんは私より年下だけど、役所勤めの悲哀と若者への優しさが溢れんばかりに背中に現れ、涙無しに見られません。柴咲さんも色んな顔を見せてくれるので、目が離せません。視聴率低迷だろうが、頑張ってね!

出典:http://www.ch-review.net

話は重厚で秘密が興味をそそる。
コウのメガネ姿とかほの困り顔を見るだけでも見る価値あり!

出典:http://www.ch-review.net

熱血もシリアスも難なくこなす織田裕二の今後に期待!

多彩な演技で視聴者の目を引く織田裕二さん。2015年の新作ドラマや映画の情報は今のところありませんが、今後も活躍してくれることでしょう!織田裕二さんの演技に期待が高まります。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ