女優として活躍中の前田敦子の演技って結局どういう評価なの?

AKB48在籍中に女優デビューし、卒業後も着実にキャリアを伸ばしている前田敦子。初めはあまり評判の良くなかった前田敦子の演技ですが、その後はどのように成長したのでしょうか。主演映画の公開も控えた前田敦子の演技を出演順に振り返ってみました。

前田敦子のプロフィール

本名:前田敦子
生年月日 :1991年7月10日
出生地:日本の旗 日本・千葉県市川市
身長:161 cm
血液型:A型
職業:女優、歌手
ジャンル :テレビドラマ・映画・CM
活動期間:2005年 –
活動内容 2005年:AKB48
事務所 太田プロダクション

出典:http://mac0507.info

2005年にAKB48の1期生としてデビュー。不動のセンターとして大きな人気を誇りながらも2012年に卒業し女優の道を歩んでいる前田敦子。
グループ在籍中から数々のドラマや映画に出演していましたがその演技力はどうだったのでしょうか。

AKB48在籍中の前田敦子出演作の演技は?

前田敦子の演技:映画「伝染歌」

そんなこんなで、秋元康先生が、AKBを売り込みたいという熱意がひしひしと伝わる作品でした。

出典:http://kappa1973.blog.fc2.com

発想や俳優の方の演技は、そんなに悪くはない。
地なのか演技なのかは別として、AKB48のみなさんも普通の学生として違和感もない。

出典:http://www.amazon.co.jp

本作では幽霊役を演じていた前田敦子。演技自体は言いも悪いもさほど気にならなかったけど話自体がつまらないと言った感想を持った人が多かったようです。

前田敦子の演技:ドラマ「栞と紙魚子の怪奇事件簿」

栞と紙魚子の怪奇事件簿しか見ていないのですが、なかなか良かったですよ

出典:http://okwave.jp

メインキャストの紙魚子を演じた前田敦子。演技は意外と悪くなかったという感想が多かったようです。

前田敦子の演技:映画「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」

とりわけ美人では無いが、運動神経がよく、一途で熱血少女というと前田敦子なのである。にもかかわらず、一部で演技が下手との評価があるというのは、演出を担当する者=監督の指導力のなさが原因のような気がする。

出典:http://hurahurayarou.cocolog-nifty.com

前田さんについては、自然体でまずまずという声がある一方で、もっと感情的になったらよかったという話も聞きます。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

一部では酷評もある物の、やはりそれほど悪くはないと言った感のうが多かった主役を演じた前田敦子の演技。
可もなく不可もない演技というのは女優の評価としてはどうなのでしょうか・・・。

前田敦子の演技:ドラマ「大河ドラマ 龍馬伝」

女優・前田敦子。時代劇での評価は辛口が多め!?
女優としてもなかなかの評価の前田敦子さん。 しかし、時代劇では少々苦戦気味のようです。

出典:http://laughy.jp

演技がどうこうというほどの出番もなかった竜馬伝ですが、方言や時代劇風のセリフが不自然すぎるとあまり評判は良くありませんでした。

前田敦子の演技:ドラマ「Q10」

自分は前田さんのファンではないので他で演じている姿を見た事はないのですが、
決して「下手」ではないと思います。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

ロボットを演じた前田敦子の演技が「意外と上手い」「棒読みが役にあっているだけ」と賛否両論だった本作。

前田敦子の演技:ドラマ「花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011」

残念としか言い様がない…
男の子っぽさを全く感じれなく、あれは女の子でしょ!!

出典:http://www.ch-review.net

主役を演じた前田敦子のビジュアルが大いに話題になった本作。しかし美いじゅうあるの話題が大きすぎて肝心の演技についての感想がほとんど見当たらないという残念な作品に・・・。

AKB48卒業後の前田敦子出演作の演技は?

前田敦子の演技:映画「苦役列車」

『苦役列車』話としては結末含めて全く好きじゃないけど役者の演技は良かったから観れた。あっちゃんとマキタスポーツが良かったなあ。

出典:http://coco.to

映画オリジナルのヒロイン役を演じた前田敦子。卒業後初の出演映画でしたがその演技や存在感が業界人からも絶賛されました。
また、今作の演技で第4回TAMA映画賞 最優秀新進女優賞・第67回日本放送映画藝術大賞映画部門 優秀助演女優賞・最優秀新人賞・第22回日本映画プロフェッショナル大賞 主演女優賞を受賞しています。

前田敦子の演技:映画「クロユリ団地」

特別上手い演技という訳ではないけど

作品のジャマしてるという感じも無くむしろ中々良い演技だと思いました。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

クロユリ団地観た 前田敦子のやつれ具合が本当にすごい 基本、目がイっちゃってる 幽かな彼女の千穂先生と同一人物と思えない 私は感動ではなくつらくて泣いた

出典:http://matome.naver.jp

主演の前田敦子の演技はだんだんとやつれていく様子が危機迫っていてすごかったと好評でした。

前田敦子の演技:ドラマ「あさきゆめみし 〜八百屋お七異聞」

ただ、やはりドラマは主役がキーになるのは仕方ないし、前田敦子さんには荷が重すぎたという感じ。
まだ経験が無いに等しいのだから、彼女の演技がどうこうよりも、まずは脇役から始めた方がよかったですね。
それにしても、セリフの棒読み感というのが強く印象に残るドラマでした。

出典:http://www.ch-review.net

「引き込まれた」「泣いた」という感想もある中で、「時代劇には合っていない」「棒読みっぽい」といった両極端な感想が目立った主演の前田敦子の演技。
時代劇が合っていないのでしょうか?テレビドラマが合っていないのでしょうか?

前田敦子の演技:映画「もらとりあむタマ子」

どこにでもありそうなごく普通の日常生活を覗いているようで結構面白かった。前田敦子の演技も良かった。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

タマ子を演じる前田敦子さんが素晴らしくて!いい意味でオーラが無くてだらしなくて、タマ子って人として実在するようにしか見えません。

出典:http://tarijiri.hatenablog.com

主演の前田敦子の自然体な演技が素晴らしかったという感想が多い本作。
役柄がベストマッチしていたのかもしれませんね。
本作の演技で前田敦子は第68回日本放送映画藝術大賞映画部門 優秀主演女優賞・第23回日本映画プロフェッショナル大賞 主演女優賞を受賞しています。

前田敦子の演技:舞台「太陽2068」

前田がひとりで舞台にいるとき、この広い空間の空気を自らにひきつけているのがよく分かる。このチカラの存在が見えたとき、彼女のAKB48での8年間はきっとこれからの彼女を支えてくれるであろうことが確信できた

出典:http://blog.livedoor.jp

前田敦子って、テレビで見るより舞台の方がずっといい

出典:https://twitter.com

厳しいと評判の演出家、蜷川幸雄からも高評価だった前田敦子の演技。初舞台を踏んだ前田敦子の演技は勝手に演劇大賞2014 女優賞を受賞しました。

前田敦子の演技:映画「さよなら歌舞伎町」

さよなら歌舞伎町は結構良くて、脚本も良かったし前田敦子の演技も良かった。

出典:http://matome.naver.jp

他の出演者の演技の評判がよく、また、意外と出演シーンが少なかったために印象に残りづらかったような前田敦子の演技。しかしおおむね好評な感想が多かった印象です。

前田敦子の演技:映画「イニシエーション・ラブ」

映画「イニシエーションラブ」では前田敦子さんの名演がとにかく光っていました!

正直ちょっとなめていたことを前田敦子さんに謝りたいと思います。すんませんでした!

出典:http://wakatake-topics.com

前田敦子の演技が絶賛の嵐だった本作。代表作といってもいいかもしれませんね。

前田敦子の演技:ドラマ「ど根性ガエル」

初回放送では京子ちゃん演じる前田敦子さんの演技に批判もありましたが、2話になると一転、大人になった京子ちゃんを上手く演じていると絶賛の声ばかりですね。

出典:http://bun-trend.net

テレビドラマでの演技はあまり評判が良くないイメージの前田敦子ですが、今作の演技はおおむね好評でした。

業界人に絶賛されるの前田敦子の演技と女優としての魅力

「12年の『苦役列車』では、共演した森山未來(29)も前田の演技を絶賛していました。業界内でとても評価の高い『役者バカ』の森山にそう言われるのだから、前田が名女優になる可能性もありますね」(映画関係者)

出典:http://www.asagei.com

『もらとりあむタマ子』で監督を務めた山下敦弘は、前田について「誤解を恐れずに言うと、秀でた才能があるわけでも、めちゃくちゃ美人なわけでも、すごく歌がうまいわけでも、飛び抜けて演技力があるわけでもない。それは本人も分かっていることだけど、普通はそれだと器用貧乏でつまんなくなる。でも、あっちゃんには輝くものがあるんですよ。ネコっぽいというか、どこか気まぐれなところがあるし、でも考えてないようでしっかり考えている。とても魅力的ですね。」

出典:http://joshi-spa.jp

山下(敦弘)くんや黒沢清監督は、基本的に役者に任せるんですよね。山下くんが言うには、あっちゃんは“何もしない”んですよ。“何もしない”ができる前田敦子のおもしろさが、映画での評価なんです。前田さんも、監督には何も聞かないみたいで。テレビドラマって“何かしなきゃいけない”ので、それと映画は演出が全然違いますね。

出典:http://joshi-spa.jp

映画人から評価の高い前田敦子の演技。ドラマの評判がいまいちな秘密はここにあるようです。

前田敦子出演の最新作はどうなる?

作品ごとに評価が変わる印象のある前田敦子ですが、やはり女優業に集中出来ている卒業後は演技や女優としての評価が高まっている感じがします。しかしまだドラマは苦手な印象ですね。
今後の前田敦子は11月に舞台「青い瞳」の公演、来春に映画「モヒカン故郷に帰る」の公開が控えています。
最新作での演技やその評価はどうなるのでしょうか。前田敦子の活躍からますます目が離せませんね。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ