祝結婚!堀北真希のヒット作、「野ブタをプロデュース」のキャスト

先日、山本耕史さんと結婚を発表した堀北真希さん。その堀北真希さんの出世作であり、大ヒットしたドラマ「野ブタをプロデュース」のキャストについて調査しました!今より若い頃の堀北さんや亀梨和也さんなど「野ブタをプロデュース」キャストの素顔に迫ります!

祝!結婚!堀北真希がキャストの「野ブタをプロデュース」作品紹介!

現在も人気のキャストたち!「野ブタをプロデュース」原作本

「野ブタをプロデュース」は本が原作だったのですね。
ドラマは本と内容が変えられているところが多いとか。

『野ブタ。をプロデュース』(のブタをプロデュース)は、日本の小説家・白岩玄作の小説、またはそれを原作としたテレビドラマ。

出典:https://ja.wikipedia.org

2004年度文藝賞受賞作品であり、第132回芥川賞候補にもなった。

出典:https://ja.wikipedia.org

「野ブタをプロデュース」キャストの二人

このキャストの二人はゴールデンコンビですね!
修二と彰のキャストにぴったりです。

テレビドラマ
2005年10月15日から12月17日まで毎週土曜日21:00 - 21:54[1]に、日本テレビ系の「土曜ドラマ」枠で放送された。主演は亀梨和也と山下智久。

脚本は木皿泉。劇伴を担当する池頼広は、同枠で前クールに放映された『女王の教室』からの続投となる。トップクレジットは亀梨和也であるが、スポーツ紙各紙では亀梨和也・山下智久のW主演と報じられ、エンディングクレジットも亀梨、山下の並列表記。ただし、山下智久のクレジットには「特別出演」の表記があった。また堀北真希の出世作としても知られている。

『ザテレビジョン』誌主催の第47回ドラマアカデミー賞で最優秀賞作品等六部門を獲得。このドラマの登場人物である「修二と彰」はユニットとしてCDを発売し、その年のCD年間セールス1位に輝いている。

原作では男子であった「野ブタ」が女子という設定に変更され、そのことからストーリーの展開も大幅に変わり、原作に登場する人物もドラマではほとんど登場しない。また、彰はテレビドラマ版のオリジナルキャラクターであり、原作には登場しない。

出典:http://ja.wikipedia.org

「野ブタをプロデュース」の主なキャスト

桐谷 修二を演じたキャスト:亀梨和也 (KAT-TUN)

「野ブタをプロデュース」のキャスト 亀梨和也

ジャニーズのグループ「KAT-TUN」のメンバー。
「野ブタをプロデュース」のキャストだった当時は忙しく、体重が40キロ程しか無かったそうです。

本作の主人公。隅田川高校の二年生。誕生日は11月1日。表向きは面倒見が良くて、誰からも好かれるキャラクターを演じているが、実は自分のポジションを得るためにキャラクターを演じている。彰と信子との出会いによって、今まで着けていた「仮面」を外し、自分に正直に生きていく。正直な気持ちを告げるが故にフッてしまった、まり子のために教室で「海岸」を作り、最後の想い出づくりをするなど、本当は人に優しい少年。物語は修二の目線で語られていく。

出典:https://ja.wikipedia.org

草野 彰を演じたキャスト: 山下智久(当時NEWS)(特別出演)

「野ブタをプロデュース」のキャスト 山下智久

「野ブタをプロデュース」のキャストだった当時は、ジャニーズの「NEWS」のメンバーでしたが、2011年からソロで活動しています。愛称は山P。
「野ブタをプロデュース」では「だっちゃ」や「コン」という言葉を使っていてとても個性的な役柄でした。また特別出演のキャストでした。
当時「野ブタをプロデュース」の山Pの真似をした人も多いのでは?!

本作の準主人公。修二の親友と称し、修二にまとわりつく。おおらかだが、優柔不断でおっちょこちょい。腕力が強い。いつも『うる星やつら』のラムちゃんの口癖をまねしたり、アニメソングを口ずさむなどしている。正義感が強く自分なりのルールを持っており、思ったこと感じたことがそのまま発言や行動に出る性格で、いつも周囲との兼ね合いを気にする修二とは対照的である。一方、クラスでも一人浮いた存在で、父親が会社社長という恵まれた環境で育ったが故に「やりたいことがない、今まで楽しいと思ったことがない」と述べる。そこで信子のプロデュースを開始。父親の旧友である平山の家(豆腐屋)に居候しており、そこを修二や信子とともに溜まり場の一つとし、飲み物としていつも二人に豆乳(彰はマメチチと呼ぶ)を振舞う。物語の中盤から、信子に恋心をいだくようになる。口癖は「だっちゃ」「コン!」。また、彼は“原作には登場しない、テレビドラマ版のオリジナルキャラクター”である。

出典:http://ja.wikipedia.org

小谷 信子を演じたキャスト:堀北真希

「野ブタをプロデュース」キャスト 堀北真希

「野ブタをプロデュース」のメインヒロインのキャストだった堀北さん。
地味で暗い信子を好演したことで「野ブタをプロデュース」が出世作となり、その名が知られることとなりました。
暗い役なのでずっと下を向いていて堀北さんだとは気づかない位、今のイメージとは違います。
「野ブタをプロデュース」ではのぶたポーズをするなどコミカルな演技もしています。

「野ブタをプロデュース」で野ブタパワーを注入する堀北真希

本作のメインヒロイン。転校生で、地味で冴えない少女。暗い性格でいじめの対象となるが、それは継父との不仲にも起因する。家は狭いマンションで経済的にも恵まれていない。無口で笑顔がなく、自分を魅力的に見せる事をしないが、修二や彰とのかかわりの中で徐々に心を開いていく。話が進むにつれ、不器用だがひたむきな性格や、他の人を思いやる優しさや、前向きで逞しい面を徐々に見せるようになる。

出典:http://ja.wikipedia.org

上原 まり子を演じたキャスト: 戸田恵梨香

「野ブタをプロデュース」キャスト 戸田恵梨香

「野ブタをプロデュース」では学校のマドンナ役だったキャストの戸田恵梨佳さん。
まだ幼い雰囲気も残っていますね。

2-Aの生徒。女子バスケットボール部のキャプテンで、学校のマドンナ的存在。常に周囲の人に優しく誠実に接する。人の噂や意見に一喜一憂することがない、芯の強い性格である。修二のことが好きだが、付き合わなくなった後も修二に弁当を作ってあげるなど修二を気遣っていた。また、蒼井の真の姿を知り、打ちのめされた信子を慰め、友達になる。

出典:http://ja.wikipedia.org

「野ブタをプロデュース」キャストの今

キャスターとしても活躍中の亀梨和也さん

現在はアイドル活動と同時に、2010年から日本テレビで放送中の「Going!Sports&News」でスポーツキャスターをしていらっしゃいます。
ドラマやCMにもたくさん出演されていますね。

ソロ活動中の山下智久さん

現在は「山Pのkiss英語」という番組を担当されています。
今秋フジテレビドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん〜」のキャストとして出演されます。2015年10月12日からスタートです。楽しみですね!

山本耕史さんと結婚を発表した堀北真希さん

山本耕史さんの強いアプローチを経て、結婚を発表された堀北さん。
幸せいっぱいの夫婦生活や今後の活動に注目です!

俳優の堀北真希と山本耕史が昨日8月22日に入籍したことを、双方の所属事務所が発表した。

出典:http://headlines.yahoo.co.jp

自身のオフィシャルサイトに直筆コメントを掲載した堀北は「舞台『嵐が丘』で共演し、山本さんの人柄を知るうちに惹かれ、お互いにこれからの人生を共にしたいと思うようになり、この度結婚の運びとなりました」とファンへ向けて報告した。また「まだまだ未熟で至らない私たちですが、今後とも変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます」ともつづっている。堀北の所属事務所も「堀北が良きパートナーに出会い、新しい人生をスタートすることを、スタッフ一同嬉しく思っております」とコメントを掲載し、2人を祝福した。

出典:http://headlines.yahoo.co.jp

「SPEC」に出演された戸田恵梨佳さん

ドラマ「SPEC」ではボサボサ頭でコミカルな役を演じています。
最近は「すき家」のCMも放送されていますね。
ドラマや映画とたくさんキャストとして出演されています。

「野ブタをプロデュース」出演時のキャストのエピソード

「野ブタをプロデュース」から誕生したユニット「修二と彰」の「青春アミーゴ」

「野ブタをプロデュース」の中から誕生したユニットですが、本当に流行りましたね!
当時はみんなこのダンスを踊っていました!
毎日のように歌番組やお店のBGMで流れていたような気がします。

ドラマ「野ブタ。をプロデュース」(日本テレビ系)から誕生したスペシャルユニット「修二と彰」。同ユニットの最初で最後のシングルとなった「青春アミーゴ」は歌謡曲を彷彿とさせる曲調と印象的なダンスで話題となり、発売4週目でミリオンセラーを記録するヒット作となった。

出典:http://news.livedoor.com

「野ブタをプロデュース」で修二のキャストだった亀梨和也さん

KAT-TUNの亀梨和也が、山下智久とのユニット「修二と彰」でリリースした「青春アミーゴ」(2005)の裏話を明かした。

出典:http://news.livedoor.com

ファッション誌「MAQUIA」3月号の連載「亀カメラ」では、そんな同楽曲が当時18歳の亀梨にとって「“絶対にナイ”選択肢だった」ことを告白。懐かしいメロディや、“携帯電話が鳴り止まない”といった歌詞も「若かった当時のオレにとっては全然趣味じゃなくて。正直、やりたくないなって思っていた(笑)」という。

しかしジャニー喜多川社長との話し合いで覚悟を決め、いざ世間に発表すると空前の大ヒット。「この世界にいると、そういうことがたくさんあるから、自分の狭い価値観だけに縛られるのはもったいない」と語っている。

出典:http://news.livedoor.com

やりたくなかったなんて驚きですね!「野ブタをプロデュース」を有名にした曲でもあるのに・・・。
結果として大ヒットしたので、やってよかったですね(笑)

「野ブタをプロデュース」のキャストまとめ

いかがでしたか?「野ブタをプロデュース」のキャストさん達は今も芸能界で活躍されている方達ばかりでしたね。久しぶりに「野ブタをプロデュース」を見たくなりました!
見たことが無い方はぜひ見てみてくださいね。若かりし頃のキャストの皆さんが見れますよ!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ