実写映画化と話題!!「美女と野獣」実写映画化した作品のまとめ

日本では2017年4月にディズニーが「美女と野獣」を実写映画化し、劇場公開すると話題に!実写映画化される「美女と野獣」の気になるキャストは?そこで、今まで様々な人達に実写映画化されてきた「美女と野獣」の作品をまとめてみました!

ディズニーが実写映画化することで話題!美女と野獣とは?

実写映画化で話題の「美女と野獣」原作本

『美女と野獣』(びじょとやじゅう, 仏: La Belle et la Bête )は、フランスの異類婚姻譚である。1740年にG・ド・ヴィルヌーヴ(ヴィルヌーヴ夫人、Gabrielle-Suzanne de Villeneuve)によって最初に書かれた。現在広く知られているのはそれを短縮して1756年に出版された、J・L・ド・ボーモン(ボーモン夫人、Jeanne-Marie Leprince de Beaumont)版である。

出典:https://ja.wikipedia.org

あらすじ

ヴィルヌーヴ版

3人の娘と3人の息子を持つ商人が、町からの帰り道にある屋敷に迷い込み、そこで体を温め料理にありつくというもてなしを受ける。「ラ・ベル(フランス語で「美女」という意味の一般名詞)」と呼ばれている心の清い末娘がバラを欲しがっていたことを思い出した彼が庭に咲いていたバラを摘むと彼の前に屋敷の主である野獣が現れ、「もてなしてやったのにバラを摘むとは何事だ」と言う。そして野獣は娘を要求した。末娘は身代わりとして野獣のもとに赴き、野獣は娘に慇懃に求婚するが拒否される。

父親が床に臥せっていることを知ったラ・ベルの一時帰郷の申し出に、野獣は嘆きながらも許可を与える。ラ・ベルは一週間で戻ると約束をした。2人の姉は里帰りした末娘から豪邸での生活を聞き、嫉妬して妹を引き止め、日限に間に合わないよう仕向ける。10日目の夜、ラ・ベルは野獣が死にかかっている夢を見、屋敷に戻った。

ラ・ベルは瀕死の野獣に再会し、「これで幸せに死ぬことができる」という野獣に「いいえあなたはわたしの夫になるのです」とラ・ベルが叫ぶと野獣は本来の姿に戻る。

ボーモン版

ヴィルヌーヴ版の話の最後に、王子を野獣に変えた妖女が再登場し、意地悪な二人の姉を石に変えるくだりが追加されている。
ヴィルヌーヴ版ではラ・ベルの3人の兄たちが当初は家にいて、セリフもあるが、ボーモン版ではずっと兵役に行っており、出番はない。

出典:http://ja.wikipedia.org

「美女と野獣」の原作は約30ページ弱の短いお話なので、実写映画化する際などには作り手の創作がたくさん盛り込まれます。
それが実写映画を見る楽しさでもありますよね!

実写映画化が話題の「美女と野獣」のディズニー版

みんなが一度は子供の頃に見ているお話しですよね!
今もたくさんの人に愛されています。

『美女と野獣』(びじょとやじゅう、原題: Beauty and the Beast )は、フランスの民話『美女と野獣』(J・L・ド・ボーモン夫人版)を元に1991年に制作されたディズニーの長編アニメーション映画作品である。日本での公開は1992年9月23日。また、2002年にはIMAXシアター向けに同作品を作り直して上映、2010年にはディズニーデジタル3-D版が上映された。

出典:https://ja.wikipedia.org

アニメ映画史上初のアカデミー賞作品賞ノミネート作品(第64回)である(第82回アカデミー賞で「カールじいさんの空飛ぶ家」がノミネートされるまでは、この作品が唯一であった)。また、作曲賞と歌曲賞を受賞した。

出典:https://ja.wikipedia.org

「美女と野獣」ディズニー版に登場するキャラクター

主人公 ベル

物語のヒロイン。容姿も心ばせも美しい娘。読書が大好きで、町の人からは風変わりで謎めいた娘だと思われている。父モーリスがビーストの城で捕らえられ、父の身代わりとして自分が城で暮らすことを決める。そして、短気で我侭で乱暴だが根は優しいビーストと次第に心を通わせ、結ばれる。「ベル」とはフランス語で「美しい」という意味。

出典:https://ja.wikipedia.org

村の外れの森に立つ古城の主。人を見かけで判断し冷たく振舞う傲慢な性格ゆえに、老婆を装って宿を求めた魔女の手で罰として呪いをかけられ、醜い野獣の姿となってしまった。魔女からもらった魔法のバラが全て散るまでに「真実の愛」を学ばなければ人間の姿に戻ることができない。絶望の内に日を送っていたが、ある日偶然捕えたモーリスの身代わりとなったベルと城で過ごす内に人間らしい感情と優しさを取り戻してゆき、最後はベルの愛によって呪いから解き放たれ彼女と結ばれる。イノシシ、クマ、オオカミなどの動物をあわせたデザインになっている。

出典:https://ja.wikipedia.org

ポット夫人と子供のチップ

ポット夫人(Mrs. Potts)
城のメイドで、呪いでポットの姿になっている。優しく温かい性格で、ベルに母親のように接し、王子も頭の上がらない唯一の人物。料理上手である。人間の姿はふっくらした体型の白髪のおばあちゃん。

出典:http://ja.wikipedia.org

チップ(Chip Potts)
ポット夫人の子供。呪いでティーカップの姿になっている。ベルを好いておりいつも傍にいたがる。同じ姿の兄弟が何人もいるが、チップは縁が欠けている。人間の姿では6歳ほどの子供で髪は金髪。

出典:http://ja.wikipedia.org

コグスワース(左)とルミエール(右)

コグスワース(Cogsworth)
城の執事で、生真面目で口うるさい性格のため、呪いで時計の姿になっている。感情に応じて時計の針がくるくる回る。涙もろい一面も持つ。ポット夫人とは夫婦のような仲で、チップも可愛がっている。人間の姿では鬘を着用している。

出典:http://ja.wikipedia.org

ルミエール(Lumière)城のウェイター頭で、呪いで燭台付きの蝋燭の姿になっている。ゲストのもてなしが得意。スマートで陽気、ダンスと歌が得意。城の中に敷かれた規則を気にしない大らかな性格から几帳面で律儀な性格のコグスワースとは度々ぶつかっている。あせると蝋燭がとける。

出典:http://ja.wikipedia.org

ディズニー版では実写映画には無い個性的で、可愛らしいキャラクターがたくさん登場します。

「美女と野獣」実写映画の元祖?!ジャン・コクトー版

1946年公開 実写映画「美女と野獣」 ジャン・コクトー監督作品

実写映画ではジャン・コクトーの「美女と野獣」が元祖と言われています。
まだ白黒映画の時代に、豪華なセットと素晴らしい俳優たちによって独特な世界観を表現しています。

ジャン・コクトー 実写映画「美女と野獣」

野獣の姿は、ジャン・コクトーが1936年に来日した時見た、尾上菊五郎の「鏡獅子」からヒントを得たと言います。
「美女と野獣」はこんなに前から実写映画化されているなんて、昔から人気の高い作品であったことがわかりますね。

2014年劇場公開、新解釈の実写映画「美女と野獣」

2014年公開の実写映画「美女と野獣」

『美女と野獣』(びじょとやじゅう、仏: La Belle et la Bête)は、2014年のフランス・ドイツ合作のファンタジー映画。

出典:https://ja.wikipedia.org

映画『美女と野獣』予告編

本作では原作小説の『美女と野獣』において触れられなかった「なぜ王子は野獣に身を落としたのか」という野獣の過去に焦点が当てられている[2][3]。

監督のクリストフ・ガンズは本作の製作理由に「おとぎ話の普遍性」を挙げた[3]。その上で「ヴィルヌーヴ夫人の原作を元に、人間と自然の関係を描いた」と述べ[4]、宮崎駿作品に影響を受けたことを明らかにした[5]。また、本作の巨人の描写は『大魔神怒る』にオマージュを捧げている[5]他、バラに覆われた城は『MEMORIES』の「彼女の想いで」をイメージしている[6]。

ジャン・コクトーの『美女と野獣』について、ガンズは「尊敬している」とした上で「コクトーのリメイクではなく、おとぎ話の新しい形を映画化したかった」と語った[4]。

出典:https://ja.wikipedia.org

2014年実写映画化された「美女と野獣」野獣役のヴァンサン・カッセル

2014年実写映画化された「美女と野獣」 ベル役のレア・セドゥ

日本では11月1日に全国154スクリーンで公開され、1日・2日の2日間で興行収入1億6707万7800円、観客動員13万6028人を記録し、映画動員ランキング第3位となった[7]。12月7日までの1カ月間で興行収入10億235万8200円、観客動員76万9122人を記録し、日本語吹き替え版の上映が急遽決定した[8]。

2015年1月には興行収入11億円を記録した[9]。

出典:https://ja.wikipedia.org

2017年4月劇場公開予定!ディズニーが実写映画化する「美女と野獣」

2017年に実写映画化されると話題の「美女と野獣」

ヒロインのベルを演じるのは、ハリーポッターシリーズでハーマイオニー・グレンジャー役を演じたエマ・ワトソンさんです。

黄色のドレスがとっても美しいですね。

実写映画「美女と野獣」のベル役 ブルーのワンピースに身を包むエマ・ワトソン

こちらは、ベルが登場する最初のシーンで着ていたブルーのエプロン付きの洋服。
ベルが「朝の風景」を歌いながら、本屋さんまで行くシーンです。
アニメの「美女と野獣」そのままですね!

最近のTotal Filmとのインタビューで、「私、歌うの。それって意外なことよね。これまで映画で歌う必要がなかった。私が何か違うことをすることに興味を持って貰えると思う」と語ったエマ。『美女と野獣』実写版で歌うことについて「これまでとは違うチャレンジになる。歌うことを考えただけで怖い」と、ミュージカル映画に挑戦することに期待と不安を抱いていることを明かしたが、同作でエマの新たの魅力が全開になるに違いない。

出典:http://www.crank-in.net

エマ・ワトソンさんの歌声が聞けるのですね!
いつもとは違うエマ・ワトソンさんを見せてくれることでしょう。
その歌声に注目です!!

実写映画「美女と野獣」のベル役 赤いマントを羽織るエマ・ワトソン

こちらは、野獣の城に初めてやってくるベルの画像だとか。
大人っぽくてとっても美しいですね。

ベルのイメージをそのまま表現しているエマ・ワトソンさん。
ハリーポッターの時は可愛らしい感じでしたが、素敵な女性に成長されたんですね!

2017年公開の実写映画「美女と野獣」のキャスト 

映画『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー役で人気を博し、国連の親善大使なども務める女優エマ・ワトソンが、新作『美女と野獣』実写版キャストとのセルフィーでお茶目な姿を披露した。

出典:http://www.crank-in.net

ディズニーが製作を進める『美女と野獣』実写版でヒロインのベル役で出演するエマ。同作にル・フウ役で出演するジョシュ・ギャッドが撮影したセルフィーに、野獣役のダン・スティーヴンス、ガストン役のルーク・エヴァンス、ベルの父親モーリス役のケヴィン・クラインと共にポーズを取り、マイクに見立てた物を持って歌っているようなお茶目な表情を浮かべている。

 他のキャストも、にっこり笑顔を浮かべているジョシュとルークに対して、ダンとケヴィンがヘン顔を作るなど、個性豊かなアンサンブルとなっている。

出典:http://www.crank-in.net

とってもお茶目なキャスト陣。
どんな映画になるか楽しみですね!

ディズニー実写映画「美女と野獣」の日本劇場公開は、2017年4月22日の予定です。
公開が待ち遠しいですね!!

実写映画化することで永遠に輝き続ける「美女と野獣」の物語!

「美女と野獣」は1740年に物語の基礎が出来上がっていたので、実に275年もの間ずっと愛されてきた作品ということになります。
275年もの間忘れられずに愛されてきたのは、実写映画化されたり、アニメーションになったりと二次的な創作が行われてきたからではないでしょうか。
2017年に公開する実写映画「美女と野獣」に留まらず、これからも多くの実写映画がつくられていくこと間違いなしですね!
2017年の実写映画「美女と野獣」の前に今までの実写映画を見ておくのも良いかもしれません。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ