髪型のレイヤーとローレイヤーとは?レイヤーには種類があった!

髪型のレイヤーとは、どういう意味なのでしょう。レイヤーとは、レイヤーカットのことを言います。髪型のレイヤーと一言で言っても、段差のつけ方によって、ハイレイヤー、ローレイヤー、セイムレイヤーなど、いくつかの種類があります。髪型のレイヤーについて調べてみました。

髪型でレイヤーとは?

みなさん、レイヤーとは何のことか知っていますか?

レイヤーとは、髪型を美容室で整えてもらう時に使われるカット技法のことだそうです。

レイヤーの髪型には、どのような髪型があるのでしょう。

そして、レイヤーとは、どのようなカット技法のことを言うのでしょう。

レイヤーとは、英語で「層」「階層」という意味の言葉です。

ヘアデザインにおいては、髪の長さを部分的にカットして段差をつけることを表します。レイヤーの特徴は真横に髪を引き出した後、毛束の上部を短く、下部を長くカットすることです。

出典:http://beauty.hotpepper.jp

レイヤーカットのレイヤーとは、英語の意味がそのままカット技法の名前になったものだったのですね。

美容室へ行くと、よくこの様にして髪をカットしてくれますよね。

これがレイヤーカットというものだったわけですか。

髪を真下に下ろしてみると、段差の幅が広くなります。毛束に段差が付くことによって髪の厚みが減り、毛先も軽くなるのです。レイヤーの中には、段差のつけ方によっていくつかの種類があります。

出典:http://beauty.hotpepper.jp

髪型でレイヤーとは、1種類だけのことだけを言うのではなく、いくつか種類があるようですよ。

髪型のレイヤーの種類

レイヤーには、3つの種類があるそうです。

髪の上部からカットして大き目の段差をつけるのが、ハイレイヤーという手法です。逆に、毛先部分に段差を設けるタイプはローレイヤーと呼ばれます。カットラインが上下とも同一な場合はセイムレイヤーとなり、フェイスラインや頭部の形に添うフォルムが特徴です。

出典:http://beauty.hotpepper.jp

ハイレイヤーとは、髪の上の方から大き目の段差をつける技法のことで、ローレイヤーとは、毛先の部分に段差をつけることで、セイムレイヤーとは、カットラインの上下が同じで、フェイスラインや頭の形に添うのが特徴だそうです。

そうやって、それぞれのレイヤーを駆使して、私達の髪型はカットされているのですね。

レイヤーカットの髪型のメリット

レイヤーとは、どういう髪型の時に役に立つのでしょう。

レイヤーを取り入れると、髪を梳かずに軽めのヘアスタイルを作れます。毛先に動きが出るため、自然で軽やかな流れを作れるのもメリットです。さらに「髪を梳き過ぎて毛先がまとまらない」といったトラブルも避けられます。

出典:http://beauty.hotpepper.jp

レイヤーとは、髪を梳かずに軽めの髪型にしたい時や、髪型に流れを作りたい時に役に立つようです。

また、レイヤーとは、男女を問わず、毛の量を調節したり、髪型に動きや軽さを加えたい時に重宝するようです。

レイヤーの技法は男女問わず活用できるものです。適度な毛量調節をしつつ、ヘアスタイルに動きや軽さを加えたい場合には重宝する技法でもあります。熟練したスタイリストに希望を伝え、イメージ通りのスタイルを実現しましょう。

出典:http://beauty.hotpepper.jp

レイヤーとは、なんて素敵なカット方法なのでしょうね。

オシャレな髪型を楽しもうと思ったら、レイヤーは欠かせませんね。

髪型でローレイヤーとは?

次に、ローレイヤーとは、どのような髪型なのでしょう。

ローレイヤーは、レイヤーカットの技法のひとつです。レイヤーには「層」の意味があるように、髪を下ろしたときに何層もの毛先の段差ができるように切る方法をレイヤーカットといいます。

出典:http://beauty.hotpepper.jp

ローレイヤーとは、これもレイヤーカットの技法の1つで、毛先に小さめの段差が出来るように切る方法のことを言うそうです。

このローレイヤーでカットされた髪型を見てみましょう。

ローレイヤーとはレイヤーカットの種類の1つ

ローレイヤーとは、レイヤーカットの種類の1つで、こちらのモデルさんがしている髪型がローレイヤーになります。

レイヤーカットにはいくつか種類があり、毛先の段差を小さめにつけたレイヤーのことをローレイヤーと呼びます。髪を下ろしたときに髪の切り口の上部分が長く、下部分が短くなるようにカットして、髪の長さに長短さをつけて髪に幅が広い段が入るようにするのがローレイヤーを含むレイヤーカットの方法です。

出典:http://beauty.hotpepper.jp

ローレイヤーとは、ハイレイヤーのように、髪の上部からカットして大き目の段差をつけるのではなく、毛先の段差を小さめにつけた髪型のことを言うそうです。

ローレイヤーカットの髪型のメリット

ローレイヤーとは、どのような髪型に用いられるのでしょうか。

ローレイヤーとは、意外とどの髪型にも用いることができるようですよ。

ローレイヤーはショート、ボブ、ロングなど幅広いヘアスタイルに用いることができます。髪の低い位置に小さめの段差をつけてカットするので、毛先に軽さを持たせて動きを出しつつも落ち着いた雰囲気のヘアスタイルに仕上がります。

出典:http://beauty.hotpepper.jp

ローレイヤーとは、幅広い髪型に用いることができるのですね。

毛先に軽さや動きがあっても、落ち着いた雰囲気の髪型にできるなんて、ローレイヤーとは、優れものですね。

なるほど、だから髪の広がりを抑えたい髪型の時に、ローレイヤーとは役に立つのですか。

髪の広がりが抑えられれば、髪型も決まりやすくなりますよね。

髪が広がりやすい場合には、ローレイヤーをいれると髪の広がりが抑えることができます。また、普段髪を巻かない人も、ローレイヤーをいれたカットで髪の毛が扱いやすくなります。

出典:http://beauty.hotpepper.jp

しかも、ローレイヤーとは、髪が扱いやすくなるというメリットもあるのですね。

ローレイヤーカットの髪型で重た過ぎないヘアスタイルにしたい場合

段の幅が小さいローレイヤーとは、毛先に動きを出すことはできるのですが、見た目は少し重くなってしまいうので、そういう時は、パーマをかけたりカラーをしたりすると良いようです。

ローレイヤーは段の幅を小さくしたレイヤーカットの技法のため、毛先に動きを出すことができるものの、見た目は少し重ための落ち着いた印象になります。重たすぎないヘアスタイルにしたい場合は、ローレイヤーにパーマをかけたりカラーをしたりするのもおすすめです。

出典:http://beauty.hotpepper.jp

いかがでしたか?

レイヤーと一言で言っても、種類はあるし、段差のつけ方も違うのですね。

それぞれの髪の長さや好きな髪型に合ったレイヤーで個性を出しつつ、素敵におしゃれを満喫してみて下さい!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ