【ネタバレ注意!】人気漫画「東京喰種(東京グール)」のあらすじ

週刊ヤングジャンプにて連載中の『東京喰種(東京グール)』についてのあらすじ、作品概要についてのまとめです。東京グールのストーリーのあらすじについてのネタバレを含むあらすじまとめです。東京グール未読の方の閲覧は自己責任でお願いいたします。

『東京喰種(東京グール)』とは?

石田スイによる日本の漫画作品。
2011年9月から週刊ヤングジャンプにて連載中。
第一部:東京喰種(東京グール)、第二部:東京喰種(東京グール):reとなっている。
2014年7月にはアニメ化もされている。
物語の舞台は現代の東京。

東京グールあらすじの前に知っておきたい重要語句

喰種(グール)

タイトル東京グールにも含まれている語句。
人間の姿をしているが、人間を食べる種族のことを指す。
グールは基本的に水とコーヒー以外では、人肉しか食べることが出来ず、通常の食事は吐き出してしまうほどまずく感じられる。
人肉を摂取することで、体内にある「赫包」という袋に「Rc細胞」をため込む。

赫子(かぐね)

グール特有の武器。
グールの体内にため込まれた「Rc細胞」が体外に放出されたもの。
形や能力には個人差があるが、赫子または赫子を材料にした「クインケ」でしかダメージを与えることはできない。

CCG(喰種捜査官)

グールの犯した犯罪を専門に捜査する捜査官。
赫子から作られた「クインケ」という武器を持ちグールと戦闘も行う。
それぞれ「クインケ」にも特徴があり捜査官によって扱う「クインケ」は異なる。

東京グールのあらすじ

人間から喰種へ

平凡な大学生、金木研(カネキ)は平凡な大学生活を送っていた。
しかしある夜、グールの捕食現場に遭遇してしまう。
グールから逃げるカネキはその途中、鉄骨落下事故に巻き込まれてしまう。

東京グールあらすじ2

事故後の手術によってカネキはグールの内臓を移植されてしまう。
それ以降カネキは半グールとしての生活を送ることになる。

東京グールあらすじ3

半グールになってしまったカネキは、グールが経営する喫茶店「あんていく」で匿われることになる。「あんていく」はその地区のグールコミュニティの中心となる場所で、カネキはあんていくでの生活の中で様々なグールと出会う。はじめは人間を食らうグールを化け物とみなしていたカネキですが、出会いを通してグールたちの意外な側面を知ることになります。人間とかかわろうとしたり、人間を食べられなかったり、人間同様悩みを抱えているグールの存在を知り、徐々にグールに対する見方が変わってきます。

東京グールあらすじ4

そんな中、仲間のグールが捜査官に殺されてしまったことを知るカネキ。
グールでありながら人間を殺さないよう生きてきた仲間が、捜査官によって容赦なく突然残酷に殺されてしまったのです。
捜査官と戦うために立ち上がるあんていくの仲間とともに、カネキも動き出します。

東京グールあらすじ5

喰種捜査官との戦いのなかで、グールと人間それぞれの立場からの考え方の違いに気づくカネキ。
仲間を殺された人間の怒りや悲しみは、グールにとっても同様のものなのです。

自分だけが両者をつなぐことのできる存在であることに気づいたカネキは、世界を変えるために捜査官と戦うことを決意します。

新たな喰種、月山

東京グールあらすじ6

20区の厄介者、美食家と呼ばれるグール月山がカネキに近づいてきます。
月山は人間をいかにおいしく食べるかということにこだわりを持った少し変わったグールです。
そんな月山は、半グールであるカネキはどんな味がするのかと興味を持ち接近してきたのです。

東京グールあらすじ7

カネキを食べようとあの手この手で誘い出す月山。
とうとうカネキは月山に連れ去られ食べられてしまいそうに!

そこにあんていくの仲間が助けにきますが、月山は強敵。
助けにきたトーカやニシキはやられてしまいます。

東京グールあらすじ8

苦戦するあんていくメンバーを前にカネキが考えた策は、仲間のトーカに自分の肉を食べさせること。
カネキの肉を食べて力を回復したトーカは見事、月山に勝利します。

そして物語は大きく動き出す

東京グールあらすじ9

組織化された喰種集団「アオギリの樹」の存在が明らかになります。
「アオギリの樹」はCCGをつぶそうとしたり、かなり好戦的な集団です。

そんな「アオギリの樹」が探しているグールがリゼ。

東京グールあらすじ10

リゼというグールは、カネキと共に鉄骨落下事故にまきこまれたグールで、カネキはリゼの内臓を移植されていたのです。

「アオギリの樹」の指令は「リゼ本人または、リゼの匂いがする奴」の捕獲。
つまりリゼの臓器を持つカネキが狙われてしまうのです。

東京グールあらすじ11

そして「アオギリの樹」のアジトに連れ去られてしまうカネキ。

カネキ、覚醒

東京グールあらすじ12

「アオギリの樹」に捕獲され拷問を受けるカネキ。
死んだほうがましだと思える状況の中で、自分の無力さを思い知ります。

どうしても守りたいものを守るためには、絶対的な力や何かを切り捨てる覚悟も必要だと気づきます。

東京グールあらすじ13

グールである自分自身を受け入れ覚醒するカネキ。
黒かった髪は白髪になり、温厚な性格だったのが別人かと思うほど鬼畜になります。
戦闘能力も格段に跳ね上がり圧倒的な強さを見せる。

東京グールあらすじ14

カネキは連れ去られたカネキを助けようと潜入していたあんていくメンバーの救出に向かいます。
圧倒的な強さで仲間を救いますが、その人格の豹変具合に仲間は困惑してしまいます。

覚醒したカネキは動き出す

東京グールあらすじ15

覚醒したカネキは、大切な仲間を守れるようにと数人の仲間と動き出します。
自分をグールにした医者・嘉納を探し出そうと情報を集め、ついに嘉納の屋敷にたどり着きます。

カネキたちと同時期にCCGも、人間をグールにしている医者がいることに勘付き、その正体を突き止めるため嘉納の屋敷へ。

東京グールあらすじ16

嘉納の屋敷の地下には瀕死で拘束されているリゼの姿が…
やっと核心にたどりつけたと思うカネキですが、リゼはあんていくの仲間の四方さんに連れ去られてしまいます。さらに、その指示をだしたのはあんていくマスター芳村だとも知ります。

仲間だと思っていた四方、芳村の行動に困惑するカネキ。

そして物語は加速する

東京グールあらすじ17

時を同じくして嘉納の屋敷に乗り込んできたCCGと戦闘になります。
しかし混乱するカネキは自我をなくした暴走状態に。
ただの化け物と化したカネキを現実に戻したのは捜査官亜門の一言。

実は亜門とは以前一度戦ったことがあり、その際亜門はカネキがほかのグールとは何か違うということに気づいていた。

あんていくの危機

東京グールあらすじ18

ついにCCGがあんていくがグールが経営する喫茶店でグールコミュニティの中心になっていることを突き止めます。
CCGはあんていくへの総攻撃を計画・実行します。

東京グールあらすじ19

戦力を総動員してあんていくを襲撃するCCG。
芳村は仲間を逃がし、自分と2人のグールだけで立ち向かおうとする。
しかし戦力差があり苦戦をしいられるあんていくメンバー。

そこにカネキが助けにくる。
単身敵に突っ込んでいきたった一人で戦い続ける。

東京グールあらすじ20

そして因縁の対決、カネキVS亜門。
全力でぶつかり合いながらも相手にどうか死ぬなと、そう願いながら戦闘を繰り広げる。

苦戦に苦戦を重ね、ぎりぎりの戦いが繰り広げられる。
結果は、カネキの勝利に。

カネキVS人間最強

東京グールあらすじ21

ついに戦いはカネキVS人間最強の捜査官有馬へ。
カネキの渾身の一撃すら簡単にかわしてしまう有馬に抵抗するすべもなくただ攻撃を受けるカネキ。

瀕死のカネキ、その結末は・・・

怒涛の展開満載の東京グールのあらすじ、いかがでしたか?

ざっくりとしたあらすじでしたがいかがだったでしょうか?
怒涛の展開と激しいバトル、主人公カネキの葛藤など見どころ満載の作品、東京グールの魅力が伝わったことと思います。
このあらすじはカネキに焦点をあてて、話のメインとなる部分をまとめたものです。
あらすじには収まりきらないサイドストーリーも多くそこにもたくさんの面白さが詰まっています。

未読の方は、ぜひ一度読んでみてください!
何度も何度も再読したくなる素敵な作品です。
東京グール:reは現在も連載中なので、今後の展開に期待です!!

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ