可愛すぎる女優!!新垣結衣が出演しているおすすめ映画作品は?

ラブストーリーをはじめとする数々の映画に出演している新垣結衣さん。新垣結衣さんの知名度をあげた作品「恋空」や、一青窈さんの名曲を映画化にした「ハナミズキ」など、数々の人気作品に出演しています。そこで、新垣結衣さんが出演しているおすすめな映画作品をまとめています。

新垣結衣

プロフィール

生年月日:1988年6月11日
出身地:沖縄県
血液型:A型
身長:168センチ
職業:女優

2001年ファッション誌『ニコラ』のオーディションを受け見事合格し、モデルとしてまずデビューを果たします。

出典:http://stardustsk.com

実は新垣結衣さんのお姉さんがモデル志望だったのですが、身長と年齢がダメで変わりに受けたそうです。
それでグランプリをとってしまうからスゴいですね!!

新垣結衣出演のおすすめ映画『恋するマドリ』

2007年公開『恋するマドリ』

新垣結衣さんが映画で初の主演をつとめた作品です。

初めて一人暮らしをする若い女性が、引越しをきっかけにした偶然の出会いから、年上の女性への憧れと隣人の男性への恋に悩む姿を描いたラブストーリー

出典:http://ja.wikipedia.org

主人公・ユイ(青木結)役

姉とのケンカが原因で一人暮らしをすることになった美大生のユイ(新垣結衣)だったが、期待と不安がいっぱいの初めての一人暮らしは好調なスタートとはいかなかった。そんなユイに、元の部屋の新しい住人アツコ(菊地凛子)や、バイト先で知り合った物静かなタカシ(松田龍平)らとの出会いが訪れる。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

2007年8月に公開されたこの映画で初主演をつとめ、それから3カ月後には大ヒット作となった恋空の主人公を演じています。

この年はCMなどテレビでも活躍をみせ、ブレイクの年となりました。

新垣結衣出演のおすすめ映画『恋空』

2007年公開『恋空』

主人公:田原美嘉(美嘉)役

主人公は、どこにでもいる普通の高校1年生・美嘉。ふとしたことからヒロと付き合うようになるが、その後数々の不幸が二人を襲う。幾多の困難に苦しみながらも、一途に人を愛し、前向きに生きようとする美嘉の姿は、幅広い世代に支持され社会現象にまでなった。主演は人気女優の新垣結衣。相手役に三浦春馬、小出恵介などイケメン俳優が顔を揃えるほか、麻生祐未、浅野ゆう子らが脇を固める。

出典:http://www.tbs.co.jp

ケータイ小説が話題となり書籍化、映画化、ドラマ化と決まった大人気作品です。
小説は130万部も売れ、映画も大ヒットとなりました。

涙なしでは見られないラブストーリーです!

映画『恋空』をメインにまとめた記事もありますのでご覧ください!

新垣結衣出演!映画『恋空』に関するまとめ記事はこちら

新垣結衣出演のおすすめ映画『ハナミズキ』

2010年公開『ハナミズキ』

一青窈の名曲「ハナミズキ」をモチーフに、10年をかけた本気の愛を描く、切なくも愛おしい純愛映画。時の流れの中で北海道、東京、ニューヨーク、カナダを舞台に、お互いを想うあまり不器用なまでにすれ違っていく2人…。

出典:http://www.tbs.co.jp

キャッチコピーは「君と好きな人が、百年続きますように」、「『恋空』と『涙そうそう』のスタッフが贈るこの夏No.1泣けるラブストーリー」

出典:http://ja.wikipedia.org

平沢紗枝役

夢のために東京の大学受験を目指す紗枝と漁師の家業を継ぐ為に励んでいる康平は奇妙な縁から出会いお互い想い合うようになる。しかし東京に上京した紗枝と釧路に残った康平は遠距離恋愛を始めるも、それぞれのすれ違いから別れを選ぶことになってしまう。そしてそれぞれの道を進む2人は再び出会うこととなった。

出典:http://ja.wikipedia.org

漁師の木内康平役:生田斗真さん

恋空に続き、再びラブストーリーを演じた新垣結衣さん。
見た人からは「共感できた」などの感想が多数あがりました。

新垣結衣出演のおすすめ映画『BALLAD 名もなき恋のうた』

2009年公開『BALLAD 名もなき恋のうた』

時は1574年の戦国時代、春日という小国で“鬼の井尻”と恐れられ無敵を誇る侍・井尻又兵衛(草なぎ剛)は、春日の国の姫君・廉姫(新垣結衣)を命懸けで守り続けていた。ある日の戦中、無敵の又兵衛に一瞬のスキが生まれてしまい、足軽の鉄砲が又兵衛に狙いを定めたその瞬間、川上真一(武井証)という少年が突然現われる。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

アニメ映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』を原作とした作品で、主演の草彅剛が演じる武士と新垣結衣が演じる姫のラブストーリーを実写化した

出典:http://ja.wikipedia.org

ヒロイン・廉姫役

春日の国の姫で又兵衛とは幼馴染である。強気な性格で思った事ははっきりと発言するが、又兵衛への思いだけは口に出せないでいる。

出典:http://ja.wikipedia.org

この作品を見た人の感想では、

アニメの中のポイントをおさえていながらも、所々に、オリジナルの場面を加え、上手く作られていて 良い映画になっている。そんな中でも、れん姫役を演じたガッキーが、勝気さ、けなげさなど、上手く演じ、一番のはまり役であり、際立っていたと感じた。

出典:http://eiga.com

原作が、「あのしんちゃんが」「基本的にギャグなのに」っていうギャップの上に成り立っている悲恋だから、そこだけ切り取ってもメリハリに欠け、何のヘンテツもないタイムスリップ時代劇モノになってしまっている

出典:http://eiga.com

と2つの意見にわかれてしまった作品です。
しかし、新垣結衣さんの演技力がすごい!と感じることができる作品となっています。

【最新情報】新垣結衣さん出演の最新映画『くちびるに歌を』

2015年2月28日公開予定『くちびるに歌を』

アンジェラ・アキの名曲「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」をモチーフに生まれた中田永一の小説を、新垣結衣の主演で映画化。元天才ピアニストと噂される音楽教員を演じる新垣は、自身初の教師役に挑んだ。同級生の教師ハルコが産休に入ることから代役を頼まれ、東京から故郷の長崎県・五島列島に戻ってきた柏木ユリは、中学校の合唱部で顧問を務めることに。かつては天才ピアニストだったと噂され、教師とは思えないぶっきらぼうな性格のユリは、コンクール出場を目指す合唱部の生徒たちに、「15年後の自分」へ宛てた手紙を書くという課題を出す。その課題に応じた生徒たちがつづる手紙には、15歳の少年少女が抱える悩みや葛藤がつづられていた。

出典:http://eiga.com

柏木ユリ役

高校卒業後に上京、音楽学校のピアノ科を卒業した後も東京で暮らしていたが、故郷の中学校の臨時職員に採用され、帰郷して音楽の講師に着任する。美貌とは対照的に口調はぶっきらぼうで、教え方もあまり熱心ではない。ボロボロの軽トラックで通勤している。

出典:http://ja.wikipedia.org

大ベストセラーとなった小説が遂に映画化されることになりました!
新垣結衣さんは訳ありなピアニスト役を演じています。

そして、この映画の合唱ではアンジェラ・アキさんの名曲であり、小説のモチーフとなった「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」がうたわれています!

最新映画『くちびるに歌を』予告編

次々に名作に出演している新垣結衣さん。
新垣結衣さんのラブストーリーはどれも泣けてしまうほどの作品ばかりです!!

これからの新垣結衣さんの活躍にも注目です!

もっと新垣結衣を知りたい方へ!

もっと新垣結衣を知りたい方へオススメの記事です!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ