【ヨネスケ】今年3月・離婚していたことを告白…真相を解剖!!

大きなしゃもじを持って、一般のご家庭の晩御飯へと突撃!そんな姿が思い浮かびます。そのヨネスケさんが離婚していたことが判明しました!ヨネスケさんは離婚した元奥様と39年と363日の長きに渡り結婚生活をしていました。そんなヨネスケさんの離婚の真相をご紹介!

離婚を告白!そんなヨネスケさんのプロフィールを紹介します!

ヨネスケ

誕生日:1948年4月15日
星座:お羊座
出身地:千葉
父親について詳しいことは未だにわからないという謎多き家庭で幼少期を過ごされました。

ヨネスケさんの、デビューのきっかけは、高校卒業後の1967年に桂米丸氏に弟子入りだそそうです。
ヨネスケさんは気さくな雰囲気で親しみやすい方ですが、実は、落語芸術協会では理事を務められています!

ヨネスケさんの師匠、桂米丸さんは、ヨネスケさんに落語を教える事はなかったそうです。

ヨネスケさんに落語を教えてくれたのは、兄弟子である、桂歌丸さんです。
良い兄弟子を持ったヨネスケさんは幸せ者ですね!

そんなヨネスケさん、落語で高座にあがるときは、「桂 米助」と呼ばれます。
読み方は同じでも、なんだか格調が高い雰囲気が出てきますね。

落語界では珍しい、カタカナでの呼び名「ヨネスケ」には、理由があります。
というのも、「米助」と書いてあると、ついつい「ベイスケ」と呼ばれてしまい、桂米丸の弟子だという事をわかってもらえないからだという事です。

ヨネスケの豆知識

人気長寿番組の「笑点」は皆さんご存知ですか?
その中でも重要な役回りで、座布団を運ぶ担当の方がおられますよね。
実は、その座布団運びの、しかも、正座布団運びのサポート役をしていました!
笑点の長い歴史の中でも、座布団運びサポートを担ったのはヨネスケさんだけです。

代表作品
1985年 突撃!隣の晩ごはん (日本テレビ)
2007年 桂米助の野球落語・4枚組ボックス(DVD)
2008年 桂米助と三遊亭小遊三語って唄う日本の童謡唱歌 (アルバム)

出典:http://talent.yahoo.co.jp

一般のご家庭の晩御飯を悪く言う事が出来ずに苦労したと、おっしゃるヨネスケさん。
バラエティー番組ではカタカナでヨネスケ、落語家として活動している時は漢字で米助と、使い分けておられます。

ヨネスケ・離婚の真相1

ヨネスケがさんが離婚…その真相を探ってみました。

ヨネスケ・番組で離婚を報告

何と、ヨネスケさんは離婚したことをテレビ番組で発表しました。

自分から離婚発表をしかもテレビでしてしまうヨネスケさん。
その結婚生活は、39年と363日という長い歳月でした。

そんな長い期間一緒に暮らしていた夫婦の離婚の原因とはいったいどんなことなのでしょう?

ヨネスケさんは、「芸の為なら女房も泣かす」なんて強がっていましたが、実際は…

離婚について取材された時に「ノーコメントでお願いします」と肩を落としています。

ついつい強気な事をいってしまうところのあるヨネスケさん。
そんなヨネスケさんも長年苦楽を共にした奥様が離れていかれて、寂しい様子。
その弱気な面も見せていたら、離婚にならなかったかも?きっと、ヨネスケさん自身一番ご存知でしょうね。

離婚していたヨネスケ・世間の声

離婚が発覚したヨネスケさんに対する世間の反応をまとめてみました。

ダメ夫だったのね

出典:http://headlines.yahoo.co.jp

「銭湯に行ってくるって5年間」って、実際に何をしていたんでしょうね、
そこのところを聞きたい。

出典:http://headlines.yahoo.co.jp

どう考えても銭湯にいって5年も帰らない人に良いイメージなど持てるわけないよ…

出典:http://headlines.yahoo.co.jp

この歳で三下半って・・余程ダメ夫だった事かな・・・

出典:http://headlines.yahoo.co.jp

ヨネスケがさんが言葉数少なくも語った離婚。
世間の皆さまのコメントを見ると、やはり離婚原因や夫ぶりが気になりますね

【まとめ】離婚からどう活動するのか…ヨネスケに注目!

野球が大好きなヨネスケさん。
スポーツを落語へ!をテーマに創作落語を積極的に頑張っておられます。

最近では料理も始めたヨネスケさん。
長年、おいしいものを食べ続けて、とうとう自分でも作ってしまいたくなったようです。
落語をやらなかったら板前も考えていたヨネスケさん。いずれ料理本の発行も視野にあるそうです!

落語家でタレントで、テレビにラジオ、そして映画に出演したこともあるマルチなヨネスケさん。
離婚を乗り越え、これからもたくさん活躍してくださることでしょう!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ