「50回目のファースト・キス」の長澤まさみと山田孝之10年前も共演

「50回目のファースト・キス」の長澤まさみと山田孝之の共演で感動作で話題を呼んでいます。二人は10年前の映画「そのときは彼によろしく」でも共演していました。今回は長澤まさみと山田孝之の10年前の共演作品や共通点をまとめました。

長澤まさみと山田孝之共演の「50回目のファースト・キス」はどんな作品!

二人が共演したこの映画「50回目のファースト・キス」は2004年アダム・サンドラーとドリュー・バリモア主演で公開された映画のリメイク版です。
監督は映画『銀魂』、『斉木楠雄のΨ難』などコメディ作品等でお馴染みの福田雄一監督が、初めてラブストーリーのメガホンを取ったことでも話題になっています。

共演した「50回目のファースト・キス」のストーリーは?

 ハワイでツアーコーディネーターをする弓削大輔(山田孝之)は生粋のプレイボーイ。そんな大輔はある日、藤島瑠衣(長澤まさみ)という女性と出会い恋に落ちる。だが瑠衣は、過去の交通事故の後遺症で記憶障害があり、新しい記憶は1日で消えてしまうのであった。事情を知った大輔は、あの手この手で瑠衣に毎日想いを伝える。大輔の努力と、ある思いつきを転機にとうとう2人は結ばれることになる。幸せな日々を送る2人であったが、ある日大輔の本当の夢を知ってしまった瑠衣は身を引くことを決意するが……。

出典:http://realsound.jp

長澤まさみさんと山田孝之さんが共演した映画「50回目のファースト・キス」では、主人公の瑠衣(長澤まさみ)の記憶が1日で消えてしまう、記憶障害の役を熱演しています。

記憶がなくなってしまうのも辛いですが。忘れられてしまう大輔(山田孝之)も悲しいですよね。

自分の想いを必死で伝えても、明日にはその記憶はないなんて切ないですね。

映画撮影中山田孝之が長澤まさみをモノマネで泣かせた!

5月23日放送の日本テレビ系の番組の中で長澤まさみさんは、「山田にひどいモノマネで泣かされた」と暴露しました。

「50回目のファーストキス」の撮影現場で長澤まさみさん、山田孝之さん、佐藤二朗、太賀が雑談していた時、長澤さんのモノマネをする流れになり、最初は「ちょっとー!」ぐらいだったのがあまりにひどすぎて泣いちゃったんですとはなした。
その時山田孝之さんは「「僕じゃない」と反論。自身はあくまで「本当に忠実にコピーしてやった」と主張していました。

再現動画はこちら

長澤まさみと山田孝之が10年前に共演した映画!

長澤まさみさんと山田孝之さんが10年前共演した映画は2007年6月2日に公開「そのときは彼によろしく」です。

【主な出演者】
・長澤まさみ:森川鈴音/滝川花梨
・山田孝之:遠山智史
・塚本高史:五十嵐佑司
・国仲涼子:柴田美咲
・北川景子:葛城桃香
・和久井映見:遠山律子
・小日向文世:遠山悟朗

こちらも豪華な出演者ですね。

「そのときは彼によろしく」のストーリーは?

幼い時からの夢を叶え、アクアプランツ(水草)の店をオープンさせた青年・遠山智史。ある日、その店にトップモデルの森川鈴音が姿を現わす。違和感を抱きつつ彼女を雇い始めた智史は、しばらくしてようやく彼女が幼き日の親友・滝川花梨だと気づく。遅まきながら再会を喜び合う智史と花梨。そして2人は、13年前に秘密基地をつくって一緒に遊んだもう1人の親友・五十嵐佑司の行方を捜し始めるが…。

出典:http://tsutaya.tsite.jp

「そのときは彼によろしく」の滝川花梨 も病気

二人が共演した映画「50回目のファースト・キス」では長澤まさみさんが演じる瑠衣が記憶障害という病気を抱え、山田孝之演じる大輔が懸命になる役ですが、「そのときは彼によろしく」の滝川花梨も先天性中枢性肺胞低換気症候群という病気を患い強い薬を飲んでいます。

先天性中枢性肺胞低換気症候群とは、脳幹部の自律神経中枢の先天的な形成異常で機能不全による重篤な呼吸障害であり、睡眠時に呼吸不全を起こすのが特徴です。
一度眠るいつ目が覚めるかわからない鈴音は寝ることを我慢して生きている役です。

長澤まさみと山田孝之の「セカチュー」!

長澤まさみと山田孝之は共演ではありませんが映画版とドラマ版別々の「世界の中心で、愛を叫ぶ」に出演していました。

「世界の中心で愛を叫ぶ」は「セカチュー」とまで呼ばれ、映画もドラマもどちらも注目を集めました。

長澤まさみさんが出演した映画「セカチュー」


映画版の「世界の中心で、愛を叫ぶ」の出演者

・松本朔太郎:大沢たかお / 森山未來(高校生時代)
律子を探しに自身の故郷で母校の高校がある高松に行く。高校時代に付き合っていた亜紀が心に引っかかっている。

・藤村律子:柴咲コウ / 菅野莉央(少女時代)
朔太郎の恋人。左脚を引きずりながら歩いている。台風が来る中高松に訪れる。子供の頃に亜紀と会っている。

・広瀬亜紀:長澤まさみ
16歳。聡明でスポーツ万能で親しみやすい性格なためクラスで人気がある。朔太郎と親しくなるがその後白血病にかかる。

・松本綾子(朔太郎の母):木内みどり
事前に連絡もなしに突然一時帰宅した朔太郎に驚く。
・朔太郎の姉(高校時代):尾野真千子
仲は悪くないが、朔太郎とはお互いに言葉でからかう。
・亜紀の父:杉本哲太
高校の夏休み中にキャンプに出かけた亜紀が倒れたため、戻ってきた彼女を心配

山田孝之のドラマ「セカチュー」

ドラマ「世界の中心で、愛を叫ぶ」の出演者

・松本朔太郎:山田孝之 
どこにでもいる平凡な高校2年生

・廣瀬亜紀:綾瀬はるか
学級委員長で陸上部、朔太郎の恋人でクラスメイト。

・谷田部敏美:松下由樹
クラス担任国語教師で陸上部顧問。

【二人の友達】
・大木龍之介:田中幸太朗
・中川顕良:柄本佑
・上田智世:本仮屋ユイカ
・安浦正:田中圭

・松本潤一郎:高橋克実
朔太郎の父
・松本富子: 大島さと子
朔太郎の母

・廣瀬綾子: 手塚理美
亜紀の母
・廣瀬真:三浦友和
亜紀の父

こちらも豪華な出演者です。
2004年7月から9月まで放送されました。

長澤まさみと山田孝之共演の作品について

長澤まさみさんと山田孝之さんの共演したり、共演ではなくとも同じ作品の映画版とドラマに出演したり、何かと縁が多い二人ですね。

共演した作品ともに言えることは何かの病気を患っていて、病気とともに二人がぶつかり合ったり歩み寄ったりしてゆく作品です。

特に今上映中の「50回目のファースト・キス」と10年前に共演した「そのときは彼によろしく」は長澤まさみさんが演じる女性が病気を抱えていることが共通しています。
更に女性は病気に負けずに戦う女性です。
そこに女性を好きになる男性を山田孝之さんが支える設定になっています。

10年間の間に長澤まさみさんと山田孝之さんは、色々なドラマや映画を演じ色々な人達と共演することにより、より大きい俳優に成長しています。
その違いを見てみるのも見ごたえがあるでしょう。

長澤まさみのプロフィール!


・本名:長澤 まさみ
・生年月日: 1987年6月3日(31歳)
・出身地: 静岡県磐田市
・身長:168 cm
・血液型:A型
・職業:女優
・ジャンル:テレビドラマ、映画、CM
・活動期間:2000年 ~

山田孝之のプロフィール!


・生年月日: 1983年10月20日(34歳)
・出身地: 鹿児島県
・身長:169cm
・血液型:A型
・職業:俳優・歌手
・ジャンル:映画・テレビドラマ
・活動期間:1998年 ~

まとめ

長澤まさみさんと山田孝之さんの共演作品の映画「50回目のファースト・キス」と10年前の「そのときは彼によろしく」、更に同名の映画版とドラマ版の「世界の中心で、愛を叫ぶ」をまとめてきました。

今二人共沢山の役を演じながら30代を迎えています。
10年ぶりの共演とは思えない息の合ったところを見せているのは、納得できる気がしますね。
これからの二人からも目が離せない二人です。
まだまだ共演作をみたいですね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ