かの有名なスティーブ・ジョブズが残した名言・スピーチが凄い!

アップルの創立者でもあるスティーブ・ジョブズ。ジョブズがこの世に残していった名言・スピーチがスゴイんです!また、ジョブズが若者に伝えたスピーチの内容に誰もが心動かされてしまいます。ジョブズが、残してきた名言・スピーチをご紹介します。

はじめに

スティーブ・ジョブズのプロフィール

名前 スティーブン・ポール・ジョブズ
誕生日 1955年2月24日
出身地  アメリカ合衆国 カリフォルニア州サンフランシスコ
職業 アップル社 元会長(創業者、元CEO)ピクサー 元社長(元CEO)
身長 183 cm (6 ft 0 in)

スティーブ・ジョブズは、2011年10月5日、56歳の若さでこの世を去りました。
スティーブ・ジョブズが残してきたモノは、現在私たちの生活になくてはならないものとなっています。
そんな、スティーブ・ジョブズがこれまで、プレゼンや多くのスピーチをし、世に名言などを沢山残しています。スティーブ・ジョブズがこれまで残してきたモノ、スピーチをご紹介していきたいと思います。

スティーブ・ジョブズの経歴

【スティーブ・ジョブズの生い立ち】

スティーブは、結婚前に出来た子供で、イスラム教徒の信者であった父がそれを許さなかったようで、スティーブを養子に出すことになりました。
養子に出されたスティーブは、ジョブズ夫婦の養子となり、スティーブ・ジョブズとなりました。
母であるジョアンは、ジョブズ夫妻が大学卒でないことを知り 養子縁組を躊躇していたが、ジョブズ夫妻がジョブズを大学に進学させることを約束したために養子縁組が成立したという。
そして、大学へ進学し勉強をしましたが、中退し、自分自身が興味があるものにどんどんのめり込んで行きました。

【スティーブ・ジョブズの経歴】

1976年、スティーブ・ウォズニアックと共に初期のホームコンピュータ「Apple I」、その後「Apple II」を開発しました。
Apple IIは大成功を収め、自宅からスタートしたアップル社は、シリコンバレーを代表する企業となりました。

1984年に発売した「Macintosh」が搭載したグラフィカルユーザインターフェースは、当時のあらゆるパソコンと比較して最も優れているものでした。しかし、本人の立ち居振舞いが社内を混乱させたとして役職を解任され、1985年にアップルを退社することになります。

アップル退職後、ルーカスフィルムのコンピュータ・アニメーション部門を買収して、ピクサー・アニメーション・スタジオを設立。また、自ら創立したNeXT Computerで、NeXTワークステーションとオペレーティングシステム (OS)NEXTSTEPを開発しました。

1996年、業績不振に陥っていたアップル社にNeXTを売却すると同時に復帰、1997年には、iCEOとなリマした。同年には、不倶戴天のライバルとさえされていたマイクロソフトとの提携と、同社からの支援を得ることに成功し、また社内ではリストラを進めてアップル社の業績を回復させたのです。

2000年、正式にCEOに就任。

2001年から2003年にかけてMacintoshのOSをNeXTの技術を基盤としたMac OS Xへと切り替え、その後はipod・iphone・ipadといった今では私達の必需品となっている一連の製品を拡大させていきました。

2011年10月5日、アップルはジョブズが死去したと発表しています。享年56歳でした。

スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学卒業式伝説のスピーチ

スタンフォード大学スピーチ【日本語字幕】

「点と点をつなぐ」についてのスピーチ

1つ目「点と点をつなぐ」スピーチ。
スティーブ・ジョブズは、全てしていたことは今に繋がっていると伝えています。
大学を辞め、興味がない科目から、忍び込んだ大学の興味がある科目に目を向ける事ができた。この事がなかったら、美しいフォントに出会う事ができず、macを作ることはできなかったでしょう。

「愛」と「敗北」についてのスピーチ

2つ目は、「愛」と「敗北」スピーチ。
スティーブ・ジョブズは、自身で立ち上げた会社をクビ(敗北)になり、ピクサーという会社を立ち上げました。
クビになった当初は、絶望しかなかったスティーブ・ジョブズですが、この事がきっかけで、妻と出会い結婚し、ピクサーという会社を立ち上げ、再びアップルに戻り事ができました。
なぜ、スティーブ・ジョブズは再び返り咲いたのか。
この仕事が好きだった(愛していた)から、満足し、この仕事は素晴らしいと誇りを持っていたからなのです。

「死」についてのスピーチ

3つ目は「死」についてのスピーチ。
スティーブ・ジョブズは、「死」までの時間は限られていると述べています。
スティーブ・ジョブズは、すい臓がんで闘病生活を送っていました。そんなスティーブ・ジョブズには、「死」というモノが普通の人よりも短かに感じていたのでしょう。
時間が限られている中で、無駄な時間は過さず、どう生きるか、心や直感を大事にして欲しいと訴えていました。

スティーブ・ジョブズのスピーチ名言【日本語訳】

スティーブ・ジョブズ名言集

”もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは 本当に自分のやりたいことだろうか?”

”未来を見て、点を結ぶことはできない。過去を振り返って点を結ぶだけだ。だから、いつかどうにかして点は結ばれると 信じなければならない。”

”結果の平等はともかく、機会というものは誰にでも平等であると固く信じている。”

”私は、本当に好きな物事しか続けられないと確信している。何が好きなのかを探しなさい。あなたの仕事にも、恋人にも。”

”自分もいつかは死ぬ。それを思い出すことは、失うものなど何もないということを気づかせてくれる最善の方法です。”

”量より質が重要だ。2本の二塁打より、1本のホームランのほうがずっといい。”

”デザインとは、単なる視覚や感覚のことではない。デザインとは、どうやって動くかだ。”

テクニックが凄い!ジョブズのスピーチ〜プレゼン方法〜

iphoneの発表スピーチ【youtube】

上手いスピーチをするには、コツが必要です!
スティーブ・ジョブズが、iphoneの発表時にどんな構成で話していたかご紹介します。

興味をそそるスピーチ

スティーブ・ジョブズは、はじめに「2年半この日を待った」と言っています。
この2年半、何をしてきたのだろう?と興味をそそられる出だしですね!
そして、本題から入るのではなく、今までの歩んできた道のりを淡々と話しています。
とても期待感が持てる話し方で、引き込まれますね!

数字を使って分かりやすく伝えるスピーチ

スティーブ・ジョブズは、「革命的な3つの製品」を紹介すると話していますが、実際はそれらは1つの製品(iPhone)なのです。
このプレゼンでスティーブ・ジョブズは、「数字のドレスアップ」と言われる手法を使っています。「数字」に“装飾”を加えて、数字以上の別の意味を持たせるのです。

例えば、iPodのプレゼンでは、5ギガバイトの容量で185グラムという超小型・超軽量のミュージックプレイヤー。
この数字をそのまま伝えても一般人にはピンときません。そこでスティーブ・ジョブズはこれを「1,000曲をポケットに」と表現しました。
この表現方法によって、ポケットに入るサイズで、沢山の曲を聞くことが出来ると理解することができます。

いい意味で裏切るスピーチ

数字のスピーチのところで、スティーブ・ジョブズは「革命的な3つの製品」を紹介すると話しています。
聴衆は、これから3つの製品が順番に発表されるのだろうと想像します。
しかし、そこでスティーブ・ジョブズは「3つの製品ではなく、ひとつの製品なんだ!それがiPhoneだ!」と告げます。
この話術は、期待していたモノ以上の驚きと喜びを聴衆に与えました。
今では、当たり前になってしまいましたが、まさか3つが1つになるとは、そこにいた誰もが想像できなかったでしょう。

最後に

いかがでしたか。
スティーブ・ジョブズは、私たちの生活には欠かせないモノをたくさん生み出してきました。スピーチ力や、プレゼン術には、本当に引き込まれるものがありましたね。
スティーブ・ジョブズのプレゼンやスピーチをお手本にしたい方は、amazonでも販売されているmp3データ付音声cdの本には、スティーブ・ジョブズのプレゼン方法やスピーチ術が分かりやすく書かれていますので、そちらを参考にされるといいかもしれませんね。
こうして、スティーブ・ジョブズの功績が、来世にも伝えられていくといいですね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ