【称賛!】AKBと一緒に歴史を作った前田敦子さんの輝かしい歩み!

AKBでオープニングからのメンバーで現在はAKBを卒業し、女優に歌手に活躍している前田敦子さん。歴代AKBメンバーの中でもセンターを最多数勤めた輝かしい功績があります。今回は、そんな前田敦子さんのAKBでの歩みについて詳しく見ていきましょう。

元AKB48前田敦子さんプロフィール

前田敦子さんのプロフィールをご紹介いたします。

彼女は、どのようにしてAKB48のメンバーの一員になったのでしょうか?

前田敦子さんの生い立ち

前田敦子さんは1991年7月10日に千葉県に生まれました。

愛称はあっちゃんで、市川市立第七中学校を卒業しています。

元AKB48の仲谷明香さんとは、中学校時代の同級生です。

前田敦子さん AKBオープニングオーディションに参加

2005年10月に行われた『AKBオープニングオーディション』に参加し、0.3%という狭き門を見事通過し、最終選考に残った24名のオープニング候補生の一人に選ばれました。

オーディションでは、あこがれの柴咲コウさんの「Glitter」を歌っています。

また彼女のオーディション中でのダンスの練習の集中力の高さは、周囲の人をアッと言わせ注目させるほどのものでした。

AKBメンバーとして7年ほど活動した後、2012年8月27日の公演をもってAKBメンバーを卒業し、女優活動を中心に活躍するようになります。

前田敦子さん 女優としての活躍

前田敦子さんは、2007年4月の映画『あしたの私のつくり方』で女優デビューしてから、数々のドラマや映画に出演されています。

同年10月に関西テレビ系列で放送された『スワンの馬鹿! 〜こづかい3万円の恋〜』ではテレビドラマ初出演を果たし、2008年1月 から日本テレビ系列で放送された『栞と紙魚子の怪奇事件簿』でドラマ初主演(南沢奈央とのダブル主演)も果たしました。

その後も2010年3月からNHK大河ドラマ『龍馬伝』では、坂本春猪役でAKB48メンバーとしては初めて大河ドラマに出演するなど、女優として破竹の快進撃を続けています。

前田敦子さん 熱愛報道

優等生としてのイメージが強い前田敦子さんですが、恋愛も優等生で、AKB時代には恋愛禁止令を守り、浮いた話も特にありませんでした。

ただ、卒業後の2012年9月には、俳優の佐藤健さんや元AKB48メンバーの大島優子さんらと参加した合コンで、泥酔し突然泣きだしたりなどして取り乱すなど、まだまだ大人の女性の振る舞いとは言えない、幼さを世間にさらけ出してしまいました。

しかし、卒業後の2013年には、晴れて歌舞伎俳優の尾上松也さんとの交際が発覚するなどしました。

2015年には尾上松也さんと破局説が流れ、2017年以降現在は、アパレル関係の会社役員の方とお付き合いし、たびたびお泊まりデートなどをキャッチされています。

現在の前田敦子さんは、忙しい中でもしっかりと恋愛もし、プライベートは充実しているようです。

前田敦子さんのAKB48での経歴

前田敦子さんの輝かしいAKB48での経歴や功関をオーディションに合格した頃からさかのぼって、良いことも悪いことも含めてご紹介したいと思います。

前田敦子さん AKBオーディション合格

先ほども申しましたように、前田敦子さんはすごい倍率の中を勝ち抜き、AKBオープニングメンバーに選ばれます。

そして、2005年12月の「AKB劇場グランドオープン」の20名のメンバーの一人として歴史的初舞台を踏みました。

前田敦子さんとAKB48の快進撃

AKB48は瞬く間に人気を博し国民的アイドルグルームに成長しました。

前田敦子も2007年AKB48として『第58回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たしました。

AKB48センターでの前田敦子さんの活躍!

AKB48時代の前田敦子さんのことを、常にセンターで歌い踊っているイメージを持たれている方も多いと思います。

実際のところを見ていきたいと思います。

前田敦子 センターでの活躍

前田敦子さんは2ndインディーズシングル『スカートひらり』から、実に26thシングル『真夏のSound good!』まで単独センターはAKB歴代メンバーの中でも断トツ最多の12回、Wセンターは10回となっています。

最初は高橋みなみさんなどとのWセンターが多かったのですが、、2007年以降ほぼ全楽曲でずっとセンターを務めており、「絶対的エース」、「不動のセンター」などと呼ばれました。

前田敦子さん 選抜総選挙での活躍

AKB48は年に4回シングルを発売していて、その内一回を選抜総選挙にてファン投票により選抜メンバー上位21名(第4回以降上位16名)を決定しています。

これは、以前のスタッフや秋元康さんの意見などで決めるのではなく、ファンの意向も反映される画期的な方法です。

選抜総選挙は2009年から毎年始まっていますが、前田敦子さんは、第1回目『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』と第3回目で1位を見事獲得しています。

前田敦子さんはAKB48時代に叩かれていた!?

AKB時代の前田敦子さんは、ファンやファン以外の方から、かなり痛烈なバッシングをネットなどを通じて受けていました。

それは、知名度が高い「不動のセンター」が背負わなければならない宿命なのかもしれませんが、サンドバッグ並の叩かれ方で、前田敦子さんが胃腸が強かったとしても、彼女の心情を思うと、眼もあてられず心配です。

実際、この時期の前田敦子さんは、精神的にかなりナイーブになっており、事務所からは前田敦子さんに、「ネット閲覧禁止令」が指令されたほどでした。

前田敦子さん 握手会によるバッシング

前田敦子さんのバッシングのきっかけと言われているのが、2010年9月に行われた握手会を体調不良により欠席したことです。

これにより、「ファンをないがしろにしている」、「仮病を使って休んだ」などといろいろな言われ方をしました。

また当時ブログの更新が滞りがちになってしまったことも、ファンの怒りに油を注ぎました。

前田敦子さん 主演ドラマの低迷によるバッシング

前田敦子さんが主演を務めた「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011」の視聴率が低迷し、当時もかなりのバッシングを受けました。

8月7日に放送された前田敦子さんが来ていた黄色いTシャツの衣装についても、かなり叩かれました。

T-シャツの脊中に書かれた「LITTLE BOY」が、第二次世界大戦で広島県にアメリカ軍によって投下された原子爆弾のコードネームを表していることから、「配慮が足りない」、「この時期にわざとか」などの苦情が相つぎ、公式に広島県からもフジテレビに対し、配慮のお願いがなされました。

前田敦子さんは運が悪ったのか。。確かに時期的にこの言葉は問題があり、配慮が足りていないと捉えられてもしょうがないと言いざるを得ません。

結果、このようなバッシングにより、前田敦子さんには、多くの熱狂的なファンが存在するものの、一般受けはあまりよろしくなく、視聴率の低迷にも響いたと捉えられてしまったようです。

さらに、同時期に、同一タイトルシングルにも関わらず、ジャケットの写真のみが違うCDを複数販売したり、CD購入者に対して各種投票権や握手会参加権が得られるなどの、AKB商法と呼ばれるAKB関連商品の販売方法に疑問や批判を持つ人からのAKBに対するバッシングが前田敦子さんへのバッシングへと変化していったという見方もあります。

2018年現在のAKB48センターは誰?

AKB48にとって通算51枚目のシングルとなる『ジャーバージャ』が3月14日に発売されました。

そのセンターを務めるのが、AKB14期生で、STU48のキャプテンも兼任する岡田奈々さん20歳です。

AKBきってのスキャンダラス知らずの優等生で、昨年の『AKB選抜総選挙』でも自身最高の9位を獲得し、確実にステップアップしてきた岡田奈々さんが初のセンターを務めることになりました。

ハイテンポなビートに乗って、これからどんどんとフレッシュな魅力を振りまいてほしいですね。

前田敦子さん AKB まとめ

AKB48のオープニングメンバーとしてオーディションに合格してから、ずっと第一線で活躍してきた前田敦子さん。

しかし、ずっとセンターで歌い続ける彼女のプレッシャーは、測り知れません。

卒業後AKB48のメンバーではなくなり、プレッシャーから解放された彼女は、私たちにどのような新たな局面を見せてくれるのかとても楽しみですし、年齢的にも、今後の熱愛報道や結婚の行方などについても、とても気になりますね。

輝かしい功績の裏には、バッシングなど辛いことも多々ありましたが、彼女は間違いなくAKB48の貢献者であり、AKB48の顔です。

卒業してからも、これからも輝いている笑顔を私たちに見せてもらいたいですね!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ