芸能人と仮想通貨。ビットコイン等を持っている芸能人をご紹介!

今やCM等で大きく話題の仮想通貨。ビットコイン、Ethereumなどをはじめとする仮想通貨ですが、芸能人との関係はどうなっているのでしょうか。仮想通貨に言及する芸能人の発言を中心に、芸能人と仮想通貨の関係をまとめてみました。

仮想通貨とは?

最近テレビやCM、街中の看板広告でも「仮想通貨」や「ビットコイン」という単語をよく見るようになりました。

仮想通貨とは、既存の法定通貨(日本円)とは異なり、仮想空間上の通貨のことで、身近なものだとSUICAなどもこれに該当します。

「ビットコイン」は、仮想通貨でもありますが、より細かい表現としては、「暗号通貨」というものが適切でしょう。すなわち、近年台頭した「ブロックチェーン技術」を用いて、非中央集権的に、民主的に運営される通貨のことです。

最近話題になっているのは仮想通貨よりは暗号通貨の方で、Bitcoin(ビットコイン)、Ethereum(イーサリアム)、NEM(ネム)、Ripple(リップル)などが挙げられます。このうちNEMは、CoinChekcの流出事件で記憶に新しいでしょう。

仮想通貨の目的

それでは、なぜ仮想通貨は今流行っており、既存の法定通貨と何が異なるのでしょうか。

結論からいうと、仮想通貨は「投資」対象の金融商品として用いられています。
BitcoinやRippleなどは、ここ数年でその価格がなんと数百倍、数千倍にも膨らみました。5-6年前と比べると、数百万倍です。
初期からこれらの通貨を持っていた人たちは、今や億り人と呼ばれ、億万長者となりました。

この非現実的な価格上昇が注目され、ここ1年で仮想通貨が脚光を浴びることになったのです。

仮想通貨の価格がここまで上がったのは、ただの偶然ではありません。

それは、仮想通貨が「ブロックチェーン技術」と呼ばれる画期的な技術に裏打ちされた、次世代の価値を秘めていると判断されたためです。

ブロックチェーン技術について詳しく書くと長くなるため、下記サイトを参考にされてください。このサイトを通じて仮想通貨に詳しくなれば、あなたにも億万長者になれるチャンスがあるかも・・・?

とにかく、仮想通貨はただの投機材料ではなく、次世代の主軸を担う技術として期待されている一面があり、この法定通貨との違いが仮想通貨の価値として、人々に期待されているのです。

仮想通貨と芸能人

以上、淳さんはイメージ通りでしたが、松本人志さんがお持ちなのは意外でした。

あのGACKTさんが事業を始めるほどに熱狂しているというのも、衝撃的でした。

仮想通貨と芸能人 まとめ

いかがだったでしょうか。

今話題の仮想通貨、暗号通貨、ビットコインとは何なのか?について簡単に解説した後、
仮想通貨(ビットコイン)を所有している芸能人の一部の方々を紹介しました。

あの人が?という方から、納得の行く方まで、様々な顔ぶれでした。
これを機会に、あなたも仮想通貨について学んでみてはいかがでしょうか。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ