今ノリに乗っているイケメン俳優古川 雄輝の主演映画をまとめました

現在放送中の木曜深夜ドラマ『ラブリラン』にヒロインの相手役で出演中と今大人気のイケメン俳優古川 雄輝さん。今回は古川 雄輝さんの出演映画を紹介していきたいと思います。ブレイク前の作品から主演映画まで彼の出演作品をおさらいしておきましょう!

古川 雄輝のプロフィール

古川 雄輝

生年月日: 1987年12月18日

出身地: 東京都

身長 : 180cm

血液型: A型

所属事務所: ホリプロ

特技: バスケットボール・麻雀・ブレイクダンス

古川 雄輝さんは帰国子女!

古川 雄輝さんは医者である父の仕事の都合で7歳からカナダで過ごし、高校からは単身でアメリカのニューヨークで高校生活を3年間過ごし、11年間海外生活をしています。 
ドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん〜」でペラペラの英語を披露していましたが帰国子女だったのですね!納得です。
目標とする俳優さんは国際的に活躍されている渡辺謙さんだそう。古川 雄輝さんも英語が堪能なのでこれからハリウッド進出も夢じゃなさそうですね。

芸能界デビュー

日本帰国後の2010年、現在の所属事務所であるホリプロの新人発掘オーディションで審査員特別賞を獲得し芸能界デビューを果たします。
中国・上海で日本人俳優として初のファンミーティングを開催するなど中国で爆発的な人気を持っています。中国版ツイッターと言われているWeiboのフォロワー数はなんと150万人越えです!日中合同制作ドラマ『不可思議的夏天』にて主演を務めたり、日韓合作映画「風の色」でも主演を抜擢されるなど海外でも認められている俳優さんです。
中国にて開催された「尖叫2015爱奇艺之夜」では「アジア俳優賞」を日本人として初めて受賞しています。

古川 雄輝出演映画『風の色』

まず紹介するのは、今年の1月26日に公開された古川 雄輝さん主演の日韓合作映画である「風の色」です。
監督・脚本は、「猟奇的な彼女」や「ラブストーリー」など数々のヒット作を生み出した韓国人である クァク・ジェヨン監督。

北海道と東京を舞台に同じ容姿をした、いわゆる「ドッペルゲンガー」の男女が時空を超えて恋をするラブストーリー。
「マジック」と「ドッペルゲンガー」というテーマで神秘的な雰囲気溢れる作品となっています。

古川 雄輝さんは、主人公であり、同じ容姿をしている「ドッペルゲンガー」の涼と隆の一人二役を演じ切りました。マジシャンとしてマジックショーを行う姿はとても様になっていってかっこいいですよ!
マジックシーンはとても過酷を極めたようで、低体温症と酸欠で倒れてしまったそう。撮影から二週間は歩くことも難しいなど後遺症もあったようです…
体をはった彼の演技見ないわけにはいきませんね!

あらすじ

東京で暮らす青年・涼は、亡くなった恋人ゆりとの思い出の品々を思いがけず手にしたことをきっかけに、マジシャンになることを決意する。ある日、自分と生き写しの人間がいることに気づいた涼は、生前のゆりの不思議な言葉に導かれるように北海道へ向かう。その旅の途中で、涼はゆりと瓜二つの女性・亜矢と出会う。亜矢もまた、2年前の事故で行方不明になった恋人で涼にそっくりな天才マジシャン・隆との再会を願っていた。

出典:http://eiga.com

古川 雄輝出演映画『永遠の0』

次に紹介するのは、2013年12月に公開され、日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した岡田准一さん主演の「永遠の0」です。
原作は放送作家でもある、百田尚樹さんの大人気小説です。300万部越えの大ヒットを起こし、映画化、ドラマ化、漫画化されました。
こちらの映画も大ヒットを飛ばし、数々の賞を獲得するなど話題を呼びました。

古川 雄輝さんは三浦春馬さん演じる主人公の青年・佐伯健太郎の友人でコンパ仲間として登場します。出演時間としては残念ながら、かなり短めですね…

あらすじ

司法試験に落ち続け、人生の目標を失いかけた青年・佐伯健太郎と、フリーライターの姉・慶子は、実の祖父だと思っていた賢一郎とは血のつながりがなく、本当の祖父は太平洋戦争で特攻により戦死した宮部久蔵という人物であることを知る。久蔵について調べ始めた2人は、祖父が凄腕のパイロットであり、生きることに強く執着した人物であったことを知る。そんな祖父がなぜ特攻に志願したのか。元戦友たちの証言から祖父の実像が明らかになっていき、やがて戦後60年にわたり封印されてきた驚きの事実にたどり着く。

出典:http://eiga.com

古川 雄輝出演映画『脳内ポイズンベリー』

おつぎは、2015年5月に公開された真木よう子さん主演の「失恋ショコラティエ」などで有名な水城せとなさんの人気コミックを実写化したラブコメ映画「脳内ポイズンベリー」です。

主人公の5つの思考を、理性の吉田(西島秀俊さん)、ポジティブ担当の石橋(神木隆之介さん)、ネガティヴ担当の池田(吉田羊さん)、問題児ハトコ(桜田ひよりさん)、書記の岸(浅野和之さん)たち豪華な俳優陣が演じています。
5つの思考たちが脳内会議する様を面白く描いた一味違うラブコメ作品となっています。

古川 雄輝さんは、真木よう子さん演じる主人公・櫻井 いちこの年下彼氏・早乙女 亮一を演じました。

あらすじ

携帯小説の作家として生計を立てている櫻井いちこは、飲み会で出会って以来気になっていた青年・早乙女と偶然にも再会を果たす。彼女の頭の中では、「理性」「ポジティブ」「ネガティブ」「衝動」「記憶」という5つの思考がせめぎあい、声を掛けるか否かで会議を繰り広げはじめる。その結果、早乙女を食事に誘ったいちこは彼の部屋にまで押しかけて肉体関係を結び、やがて2人は付きあうことになるが……。

出典:http://eiga.com

古川 雄輝出演映画『ライチ光クラブ』

次に紹介するのは、2016年2月に公開された漫画が原作の野村周平さん主演映画「ライチ☆光クラブ」です。こちらはR15指定になっています。
若手イケメン俳優たちがこぞって出演していますよ。

古川 雄輝さんが演じたのは、「光クラブ」のメンバーを支配する絶対的なカリスマをもつゼラ役です。
こちら、公開前から話題を呼んだ古川 雄輝さんとゼラを崇拝する美少年・ジャイボを演じた間宮祥太朗さんとの濃厚なラブシーンがあり、かなり刺激的強めな内容になっています。古川 雄輝さんの色気に赤面してしまうこと間違いなしですよ!

あらすじ

工場からの黒い煙と油に塗れた「蛍光町」。その片隅の廃工場に存在する秘密基地「光クラブ」。醜い大人になることを拒み、永遠に美しくあることを選んだ9人の少年たちは、「最強の力」と「永遠の美」を手に入れるが、そのことをきっかけに世界が狂いはじめる。

出典:http://eiga.com

古川 雄輝出演映画『太陽』

最後に紹介するのは2016年4月26日に公開された神木隆之介さんと門脇麦さんW主演映画の「太陽」です。
昼と夜、旧人類と新人類、二つの人類が生まれた世界を描くSF映画でもあり、青春映画でもあり、ラブストーリーでもある…一つのジャンルに縛られないすべてを兼ねそなえた複雑なストーリーのハイブリッド映画になっています。

古川 雄輝さんはこの二つの人類の世界を隔てる門番を演じました。入江悠監督が古川 雄輝さんをキャスティングした理由が「品がある」だったそうですが、知的でクールな役柄が本当にマッチしていると思います。

あらすじ

21世紀初頭、ウイルスによる人口激減から、なんとか生き残った人類は、心身ともに進化しながらも太陽の光に弱くなり夜しか生きられなくなった新人類「ノクス」と、ノクスに管理されながら貧しく生きる旧人類「キュリオ」という2つの階層に分かれて生活していた。ある日、村でノクスの駐在員をキュリオの男が惨殺する事件が起こった。この事件により、ノクスから経済制裁を受け、キュリオはますます貧しくなっていった。

出典:http://eiga.com

古川 雄輝から目が離せない!

いかがでしたでしょうか?今回紹介した作品だけでも様々なジャンルの映画の役どころを演じていられますね。
今年はすでに、先ほど紹介した日韓合作映画「風の色」や、現在公開中の福士蒼汰さん主演映画「曇天に笑う」にも出演されています。また4月27日に公開される大人気漫画が原作ので菅田将暉さん、土屋太鳳さんのW主演映画「となりの怪物くん」では菅田将暉さん演じる主人公・春のお兄さん役で出演していますよ!
ぜひ今回紹介した作品をチェックしつつ劇場にも足を運んでみてはいかがでしょうか?
主演作品もきっとこれから続々と増えていく予感がしますね!今後の古川 雄輝さんの活躍に期待しましょう!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ