映画『ラプラスの魔女』櫻井翔×広瀬すず×福士蒼汰トリプル主演!

東野圭吾、著書のミステリーサスペンス長編小説『ラプラスの魔女』が櫻井翔×広瀬すず×福士蒼汰トリプル主演で実写映画化!2018年5月4日に公開予定の、映画『ラプラスの魔女』をご紹介します!東野圭吾ファンの方は必見の映画ですよ!

小説『ラプラスの魔女』

小説『ラプラスの魔女』


著者:東野圭吾
発行日:2015年5月15日
発行元:KADOKAWA
ジャンル:サスペンス、ミステリ

『ラプラスの魔女』は東野圭吾さんが作家デビューして三十週記念に書き下ろされた小説。

東野圭吾さんは発売記念のインタビューで「今まで書いた私の小説を潰してして見たいと思った。そうしたらこんな小説が出来ました。」と語っていました。

発刊一ヶ月で二十八万部を超えるベストセラーとなっています。

映画『ラプラスの魔女』

映画『ラプラスの魔女』


監督:三池崇史
脚本:八津弘幸
原作:東野圭吾『ラプラスの魔女』
製作:市川南
制作会社:東宝映画
     OLM

製作会社:映画「ラプラスの魔女」製作委員会
配給:東宝
公開日:2018年5月4日

映画『ラプラスの魔女』主なキャスト

青江 修介(演者: 櫻井翔)
羽原 円華(演者:広瀬すず)
甘粕 謙人(演者:福士蒼汰)

甘粕 才生(演者:豊川悦司)
羽原 全太朗(演者:リリー・フランキー)
中岡 祐二(演者:玉木宏)
奥西 哲子(演者:志田未来)
水城 千佐都(演者:佐藤江梨子)
桐宮 玲(演者:TAO)
武尾 徹(演者:高嶋政伸)
羽原 美奈 (演者:檀れい)

映画『ラプラスの魔女』はトリプル主演!

映画『ラプラスの魔女』は櫻井翔さん、広瀬すずさん、福士蒼汰さんのトリプル主演の映画で早くも話題となっています。

映画『ラプラスの魔女』青江修介/櫻井翔

映画『ラプラスの魔女』で櫻井翔さんが演じる青江修介(あおえしゅうすけ)は、泰鵬大学で地球学の研究をしている教授。

苫手温泉で起きた事故に関する見分を、地元の新聞社からお願いされており、さらに赤熊温泉で起こった事故の見分を警察からお願いされている。

映画『ラプラスの魔女』羽原円華/広瀬すず

映画『ラプラスの魔女』で広瀬すずさん演じる、羽原円華(うはらまどか)の役回りは、十歳の時に母親のふるさとである北海道に帰省した時に竜巻の被害に遭ってしまう。その事故が原因で母親の広瀬美奈は、帰らぬ人となってしまった。

映画『ラプラスの魔女』甘粕 謙人/福士蒼汰

映画『ラプラスの魔女』で福士蒼汰さん演じる甘粕謙人(あまかすけんと)は、羽原円華より二歳年上。実の姉が自殺を図り、その巻き添えとくらってしまい重傷を負ってしまう。植物状態に陥ってしまったが、脳神経再生のオペを羽原先生の手によって行われた。

ラプラスの魔女<あらすじ>

映画「ラプラスの魔女」予告

赤熊温泉に旅行に来ていた、映像プロデューサーをしている水城義郎(みずきよしろう)と妻の水城千佐都(みずきちさと)。一人で外出した水城義郎は、硫化水素による事故で中毒死してしまう。

刑事の中岡祐二は、事故が起こる三ヶ月ほど前に、水城義郎の実母、水城ミヨシから水城義郎のことで相談を受けており、気になった中岡祐二は水城ミヨシに連絡を入れてみると、息子の事故死のあと首吊り自殺したと告げられる。

水城ミヨシは入所していた老人ホームを訪れた中岡祐二は、遺品の整理にきていた水城義郎の妻、水城千佐都と出会う。刑事の勘が働いたのか中岡祐二は水城千佐都が事件に関与していると感じた。

映画「ラプラスの魔女」特報

中岡祐二は地球学の研究をしている第一人者で赤熊温泉で起きた事故の見分をした青江修介教授の元を訪れる。

事故の詳細を青江修介教授に話し、硫化水素で事故に見せかけての殺人は可能かどうかを聞いたが、青江修介教授は屋外では絶対に不可能だと告げられる。

中岡祐二は青江修介教授の見解には納得できず、やはり水城千佐都が事件に関与していると睨み、刑事の勘を頼りに地道に捜査をつづけるのであった。

まとめ。

2018年5月4日に劇場公開予定の、映画『ラプラスの魔女』のご紹介でした。

東野圭吾さん三十週記念に書き下ろしのメモリアル作品である『ラプラスの魔女』が映画化され、櫻井翔×広瀬すず×福士蒼汰のトリプル主演で早くも話題になり前評判も高い映画となっています。

謎が謎を呼ぶミステリーサスペンスに手に汗握ることは必至と言えます。原作小説を読んでから見に行くか?読まないで行くか?それはあなた次第です!

櫻井翔×広瀬すず×福士蒼汰のトリプル主演の演技にも要注目ですよ!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ